仮想通貨は自分で守ろう!! 管理人がオススメする安全な保管方法を徹底紹介!!

まさかこんな事態が起こるとは…

なんと国内大手取引所であるコインチェックから約580億円ほどの仮想通貨が流出してしまいました。

NEMという仮想通貨が流出してしまったようで、他の通貨の状態も現在調査中とのことです。

日本ではマウントゴックスが過去に仮想通貨を消失させてしまいましたが、同じようなことが起こってしまいとても残念に思います。

ただ、仮想通貨の場合は証券会社などと違ってほぼ自己責任。

自分の通貨は自分で守るしかありません。

では、どうすれば自分の仮想通貨を守れるのか??

今回は自分が利用している保管方法をちょこっと紹介したいと思います。

過去に個別記事でも紹介していますので、ご存知の方も多いと思いますが最近仮想通貨取引を始めた方などは知らない方もいらっしゃると思いますので、参考にしてくださいますと幸いです。

スポンサーリンク

仮想通貨を保管する方法ってどんなものがあるの??

そもそも仮想通貨を保管する方法は大きく分けて下記の6つがあります。

  • 取引所に預ける
  • Webウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • スマホアプリのウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

この6つですが、自分の感覚では下にいくほどセキュリティが高いです。

取引所にそのまま預けておくというのは仮想通貨の保管方法としては一番怖いことになります。

と、いうのもこの保管方法だけは完全なる他人任せ。

自分の管理下おいていませんので、今回のような事件が起こってしまうと何もできなくなってしまうんです。

実際にコインチェックでは流出が発覚したNEM以外の通貨や資金もロックアップされてしまいました。

一方、webウォレット、ソフトウェアウォレット、スマホアプリのウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットの5つに関しては全て自分の管理下においてありますので、取引所でどんな問題が起こっても問題ありません。

もちろん、その分すべて自己責任となります。

で、肝心なのがこの6つの方法の中でどれが一番オススメなのかですが、自分としてはハードウェアウォレットが一番オススメです。

専用の端末で仮想通貨を保管する方法。

この端末内で保管しておけばオフラインで保管していることになるので、インターネットからハッキングされることはありません。

もちろん自分も多くの通貨はこのハードウェアウォレットを利用して保管している状態です。

どんなハードウェアウォレットがいいの??

ハードウェアウォレットで人気なのはTREZOR(トレザー)とLedger Nano S(レジャーナノS)の二つです。

こちらはそれぞれで保管できる通貨が違います。

TREZOR(トレザー)に関しては下記の通貨が保管可能。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Bitcoin Gold
  • Dash
  • Ethereum
  • Litecoin
  • Zcash

Ledger Nano S(レジャーナノS)は下記の通貨が保管可能です。

  • Bitcoin
  • Bitcoin Cash
  • Bitcoin Gold
  • Dash
  • Dogecoin
  • Ethereum
  • Litecoin
  • Stratis
  • Zcash
  • Ripple
  • Ark
  • Ubiq
  • Expanse
  • PIVX
  • Stealthcoin
  • Vertcoin
  • Viacoin
  • Neo
  • Stellar
  • Digibyte
  • HCash
  • Qtum

また、それぞれMEWを利用すればイーサリアム系のトークンも保管できます。

取扱通貨で比較するとLedger Nano S(レジャーナノS)の方が断然多いです。

ちなみに自分がどちらを使っているかですが、現在はLedger Nano S(レジャーナノS)を利用中。

こちらを選んだ理由としてリップルが保管できるから。

また、「操作もしやすいかな」と思ったのもあります。

どちらがいいかはその人次第ということになりますので、もしハードウェアウォレットを購入しようと考えている方はどちらがいいか自分でしっかりと考えて購入しましょう。

ちなみに正規代理店以外でハードウェアウォレットを購入しないようにしてください。

フリマアプリやオークションサイトなどで購入するのは非常に危険です。

公式サイト、もしくは国内正規販売代理店から購入することをオススメします。

自分はLedger Nano S(レジャーナノS)を本場フランスから取り寄せました。

取り寄せ方法については下記記事で紹介しています。

Ledger Nano S(レジャーナノS)をフランスから取り寄せたので具体的な購入方法をまとめてみました
仮想通貨を購入して、そのまま購入した取引所に預けている人も多いと思います。 ただ、仮想通貨の場合は自分の通貨が法律で守...

フランスから取り寄せるのが無理な方は国内正規代理店であるEarth Ship社で購入するのが一番安全です。

15,800円ほどで販売していますよ。

品不足が起こっていて在庫切れ間近のようです。

使い方は下記記事で詳しく説明しています。

レジャーナノS(Ledger Nano S)の使い方を初心者向けに徹底解説!! 仮想通貨を保管するところまで完全レクチャーします!!
ハードウェアウォレットの中で大人気のLedger Nano S(レジャーナノS)。 ビットコインやイー...

とはいえ、どちらも100%安全というわけではありませんのでここは勘違いしないようにしてください。

仮想通貨に100%安全はありません。

まとめ

今回のコインチェックの問題は非常に残念に思いますが、原則仮想通貨は自分自身で守らなければいけません。

株取引などをやっている方からすると、取引所に預けておくのが安全と思うかもしれませんが、実は一番危険です。

今からでも遅くありませんので、最低でもソフトウェアウォレット、できることならハードウェアウォレットに保管しておきましょう。

1〜2万円をケチって、数百万円、数千万円が無くなってしまったら非常に後悔すると思いますよ。

Earth Shipの公式サイトはこちら

ビットコインが無料で貰える!?【PR】

 

仮想通貨取引所のBITPoint(ビットポイント)が大盤振る舞いのキャンペーンを実施しています。

 

 

なんと今ならば "新規口座開設" + "入金"の2つをクリアするだけで…  

 

3,000円相当のビットコインがもらえます!!  

 

しかも入金額は決まっていないという超太っ腹な条件です!!  

 

これだけお得なキャンペーンは見たことがありませんので、まだ口座を持っていない方は必ず参加しておきましょう♪  

 

ちなみにビットコインの配布数量は2018年6月15日16:00の価格で決定されて、6月21日〜25日の間にBITPointの口座へ反映されますよ。  

 

口座開設の申し込みは2018年5月30日までにしなければいけませんので気になる方は急いでくださいね(^ ^)  

 

BITPointの公式サイトはこちら

 

また、BITPointについて詳しく知りたいという方は下記記事で徹底解説しています。

 

BITPoint(ビットポイント)の評判や口座開設方法を超解説!! MT4が利用できる上にビットコインの送付手数料も無料!!
上場企業が運営しており、MetaTrader(メタトレーダー)が利用できるということで、このところ注目されてきている… ...

 

スポンサーリンク

コメント

  1. やっす より:

    はじめまして
    メカニックさん

    質問ですが、月々1万円位でZaif積立てを考えてます
    その際も定期的にウォレットに送金した方が良いですよね。手数料掛かると思いますがメカニックさんはどうされてますか?

    よろしくお願いします

    • IPOメカニック より:

      やっすさんコメントありがとうございます。
      ハードウェアウォレットに移すのがベストですね。
      自分はブログでも投資金額などを公表していこうと思っていますので、しばらくはzaifに預けておこうかなと考えています。
      真似はしないでください。
      もし、何か問題があったら反面教師だと思っていただければ。

  2. たっちん より:

    週明けは、仮想通貨ショックですか?
    日経平均にも影響来ますかね?

    • IPOメカニック より:

      たっちんさんコメントありがとうございます。
      どうですかね。
      でも日経平均に影響するということは世間でも仮想通貨の存在は大きくなっているという証でもあります。
      仮想通貨関連銘柄は少なからず影響はありそうです。

  3. やっす より:

    メカニックさんは

    お返事ありがとうございます
    分かりました、どちらにせよ自己責任ですね

    • IPOメカニック より:

      やっすさんコメントありがとうございます。
      ですね。
      仮想通貨は自分で守るしかないと思っています。