DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの評判やメリット・使い方を徹底解説!! ビットコインFXを体験してみた!!

 

これからどんどんと大手企業が仮想通貨界に進出してくるんでしょうか??

 

ついにネット界の総合商社ともいわれているDMMが仮想通貨事業に参入しました。

 

サービス名は…

 

DMM Bitcoinです。

 

 

読み方はそのままディーエムエム ビットコイン。

 

少し使ってみた感じだと「かなり直感的に操作できるな〜」という印象を受けました。

 

どことなくDMM.com証券の雰囲気を醸し出しており、FX取引で利用している人はDMM Bitcoinも不自由なく使えると思います。

 

今回は使ってみてわかったDMM Bitcoinの評判やメリット・デメリットを徹底解説していきます。

 

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

 

DMM Bitcoinとは??

 

DMM BitcoinはFXで大きな実績とノウハウを持つDMMグループが2018/01/11に新たにオープンさせた仮想通貨取引所です。

 

東京ビットコイン取引所という社名で運営していましたが、そちらの社名を変更してリスタートさせた形になります。

 

土日を含めた24時間対応や、使いやすくて豊富なツールなど、大手企業であるDMMグループだからこそできるサポートが充実しています。

 

 

DMM Bitcoinの評判は??

 

DMM Bitcoinの評判を調べたところ下記のような口コミを発見しました!!

 

 

 

 

 

 

スプレッドについては賛否両論ありますが、クイック入金に対応しているところ、取引のしやすさは高評価を得ているようです。

 

特にスマホアプリの完成度は絶賛されていました。

 

 

DMM Bitcoinで取り扱っている仮想通貨は??

 

DMM Bitcoinで取扱がある仮想通貨を紹介します。

 

 

現物取引

 

現物購入できる仮想通貨は下記の通りです。

 

  • BTC/JPY
  • ETH/JPY
  • ETH/JPY

 

 

ビットコインとイーサリアムは日本円で購入できます。

 

イーサリアムはビットコインでも購入できますね。

 

ビットコインは0.001btcから、イーサリアムは0.01ETHから購入可能です。

 

レバレッジ取引

 

レバレッジ取引ができる仮想通貨は下記の通りです。

 

  • BTC/JPY
  • ETH/JPY
  • XEM/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/JPY
  • ETC/JPY
  • BCH/JPY
  • BTC/BTC
  • ETH/BTC
  • XEM/BTC
  • XRP/BTC
  • LTC/BTC
  • ETC/ETH
  • BCH/BTC

 

 

現物取引とは反対にレバレッジ取引ができる通貨ペアは非常に豊富です。

 

リップルやXEM、さらにはライトコインまでレバレッジ取引ができるのは嬉しいですよね。

 

日本円、BTCでここまで取り揃えているのはDMM Bitcoinだけだと思います。

 

しかも、買いだけでなく空売りまでできてしまうんです!!

 

アルトコインの空売りをしたい人には最高の取引所だと思います。

 

 

DMM Bitcoinの手数料は??

 

 

DMM Bitcoinの手数料はレバレッジ手数料を除き下記の手数料が全て無料です。

 

  • 取引手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 出金手数料
  • ロスカット手数料
  • クイック入金

 

個人的に取引手数料と出金手数料が無料なのは嬉しいです。

 

仮想通貨取引所の中には大手でも出金手数料として数百円かかることもあるので、なんかモヤモヤしていたんですよね。

 

入金と出金が無料なので、取引するまでのハードルはかなり低いと思います。

 

 

DMM Bitcoinのメリット

 

ここからはDMM Bitcoinのメリットを紹介していきます。

 

取引しやすいインターフェース

 

一番のメリットは取引のしやすさです。

 

DMM.com証券で取引したことがある人ならばわかると思いますが、DMMグループの取引画面って直感的に操作できるように作られています。

 

こんな感じでまさにユーザーファースト!!

 

 

少し取引してみましたが、説明不要ですぐにトレードができました。

 

どこを押せば売り買いできるかすぐにわかりますよね??

 

また、自分が使いやすいようにカスタマイズもできますよ。

 

チャートをみながら取引できるのでガチのトレーダーでも使いやすいと思います。

 

アルトコインのレバレッジ取引ができる

 

取扱通貨の部分でも記載しましたが、レバレッジ取引できるアルトコインが非常に豊富です。

 

もちろん国内ではトップクラス。

 

仮想通貨は急騰した後に急落するなど非常にボラリティが激しいので、”売りポジション“を持てるというのはトレーダーにはありがたいですね。

 

入出金が無料

 

こちらも先ほど説明しましたが、様々な手数料が無料です。

 

 

株取引に慣れている人だと入出金手数料が無料というのは当たり前だと思いますが、仮想通貨の取引所では入出金ともにユーザー負担がまだまだ当たり前。

 

手数料の高い金融機関を利用していると、入金と出金だけで合計手数料が1,000円近くかかる場合もあるんです。

 

DMM Bitcoinならば手数料は無料ですから、余分なコストは一切かかりません。

 

 

DMM Bitcoinの残念な点

 

手数料が一切かかりませんのでデメリットはありませんが、残念な点はいくつかあります。

 

自分が気になったポイントは大きく2つありました。

 

現物購入できる通貨が少ない

 

まず一つ目ですがは、現物購入できる通貨が少ない気がします。

 

まだ始まったばかりですのでしょうがない部分はありますが、できればリップルやNEMなどのメジャー通貨はもちろんのこと、マイナー通貨も取り扱って欲しかったです。

 

コインチェックでは10種類以上の通貨が購入できますので、それと比較すると物足りない気がしてしまいます。

 

今後のアップデートに期待ですかね。

 

スプレッドが大きい時がある

 

スプレッド幅が少し大きいのも気になりました。。

 

下記の画面はある時点での各通貨におけるスプレッドになりますが、XRP/JPYやNEM/JPYなどで10円以上のスプレッドが確認できるかと思います。

 

 

BCH/JPYでは20,000円。。。

 

もちろんこれよりもスプレッド幅が縮小している時もありますが、まだまだ”狭い”とはいえないレベル。

 

できればもう少しだけ狭くしてほしかったです。

 

取扱通貨同様にこちらも今後に期待ですかね。

 

 

DMM Bitcoinの口座開設方法

 

ここからはDMM Bitcoinの口座開設方法から取引までをキャプチャー画像を用いながら説明していきたいと思います。

 

まずは口座開設からです。

 

下記のリンクをクリックしてDMM Bitcoinの公式サイトへ移行してください。

 

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

 

この画面が出てきたら”まずはメール登録”をクリック。

 

 

メールアドレスを入力して仮登録をしていきましょう。

 

 

入力して”送信する”ボタンを押すと、確認メールを送ったという画面になりますので、登録したメルアドを確認します。

 

 

下記のようなメールが届いていると思うので、この中にあるリンクをクリック。

 

 

パスワード登録を促されますので、任意のパスワードを入力してください。

 

できるだけ他人から推測されないようなパスワードが望ましいです。

 

入力できたら”送信する”をクリック。

 

 

これで仮口座登録が完了。

 

続いて本登録に進みます。

 

マイページにログインしたら下記の部分をクリックして本登録していきましょう。

 

 

“個人” か “法人”を選択して、各種書類をチェック。

 

 

規約にどんどんチェックを入れていきます。

 

 

ここから個人情報の入力。

 

 

投資経験も入力します。

 

確認して問題がなければ”申し込む“をクリック。

 

 

最後に”本人確認書類の提出”と”携帯電話認証”です。

 

自分は本人確認で運転免許証を提出しました。

 

 

続いて携帯電話認証。

 

こちらは登録した携帯電話にSMSで6桁の認証コードが届くのでそちらを入力します。

 

 

下記画面が出てきたら全て完了となります。

 

審査が通るのを待ちましょう。

 

 

その後、審査に通るとこのようなはがきが3,4日後に送られてきます。(口座開設者が殺到している場合は1週間以上かかるかもしれません。)

 

 

認証コードが書かれていますので、こちらをマイページから入力していけば終了です。

 

入力は下記の部分をクリックして、

 

 

こちらに入力して”認証する”を押します。

 

 

これで全てが完了!!

 

口座開設手続きが無事終了。

 

お疲れ様でした。

 

 

DMM Bitcoinの入金方法

 

アカウントが作成できたら続いて入金をしていきましょう。

 

入金はマイページにあるメニューから行います。

 

“銀行振込”と”クイック入金”の二つから選べますので好きな方を選択してください。

 

今回はクイック入金で10万円を入金していきます。

 

 

好きな金融機関を選択して、入金額を入力したら”入金手続きを開始する“をクリック。

 

 

金融機関と入金額を確認して問題がなければ金融機関にログインして、入金処理をしましょう。

 

 

日本円に反映されていたら成功です。

 

 

ちなみにこれだとウォレット口座に入金がされています。

 

トレードする場合はトレード口座への振替が必要になりますので注意してください。

 

口座振替はメニューにある”口座振替”から行います。

 

 

振替口座、通貨の選択、振替金額を入力して”確認する”を押してください。

 

 

これで振替が完了。

 

 

 

DMM Bitcoinの取引方法

 

“入金” → “振替”まで完了したらいよいよ取引に入ります。

 

取引を開始する場合はメニューにある”トレード口座”を選択。

 

 

下記の画面がでてくると思います。(配置が少し違う場合は自分の取引しやすいように移動させましょう。)

 

左上が注文画面になりますので、こちらから注文を出していきますよ。

 

 

取引通貨を選択し、数量を選択。

 

最後に”売(Bid)”、”買(Ask)”のどちらかをクリックすれば注文が整理します。

 

今回自分はレバレッジ取引で0.01btcの買い注文をだしました。

 

 

下記のように表示されていれば無事購入ができています。

 

 

利益がでてきて売却したくなった場合は”買建玉一括決済“をクリックしてください。(売りから入っていたら”売建玉一括決済”を押してください)

 

 

確認画面がでてきたら、”一括決済実行”をクリック。

 

 

これで売却完了。

 

基本的な売買はこんな感じで非常に簡単です。

 

トレード口座には他にも多くの機能がありますので、トレード画面を色々といじくって理解していってくださいませ。

 

DMM Bitcoinのまとめ

 

今回はDMM Bitcoinの評判からメリット、使い方までを徹底解説してきました。

 

取引までは非常に簡単なので初心者はもちろん、株取引やFX取引をしていた方でもスムーズに始められると思います。

 

個人的にはこれから”仮想通貨取引を始めようとしている投資経験者向け“のサービスかなと感じました。

 

あとはアルトコインのレバレッジ取引をしたい人にもオススメです。

 

ただ、すでに仮想通貨取引を行なっている人はあえて口座開設する必要はないかもしれません。

 

bitFlyerbitbankGMOコインの口座があれば事足りますからね。

 

まぁ口座を持っていてもランニングコストなど一切かかりませんので、念のため持っておいてもいいとは思います。

 

ちなみに今なら口座開設完了で、1,000円がプレゼントされるキャンペーンを実施中。(2018/03/31まで)

 

 

興味がある方は是非この期間に口座開設してくださいませ。

 

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。