IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングで悪い事件が続いたのでその内容と自分の考えを書いていく

 

少し前になりますがソーシャルレンディング事業者にまたもや行政処分が下されました。

 

今回行政処分が下されたのはまさかのラッキーバンク。

 

社長の田中さんは多くのメディアにも出ており、個人的には信用できると思っていた事業者でしたので、この報道が出た時は「え!?、ホント??」と耳を疑ってしまいました。

 

しかも、この後にはみんクレが債権をサービサーに売却するというアナウンスまで発表。

 

このところソーシャルレンディング界隈で悪いことが続いています。

 

今回はこのあたりの自分の考えを書いていきたいと思います。

 

みんクレがサービサーに債権を売却!! 投資額の3%前後しか返済されず。

 

投資金の償還がされず、最終的には裁判までいったみんクレ騒動ですが、最後は親会社の貸付債権をサービサーに売却するという最悪の結末になってしまいました。

 

約31億円の債権を9,660万円で売却ですから割合にすると約3%。

 

ちなみに最終的に自分のところに戻ってきた金額は23,234円です。

 

 

みんなのクレジットのマイページから未償還金額を計算したところ、748,245円でしたので、最終的な損失は72.5万円となり、大きな損失が確定。

 

ソーシャルレンディングでは初の損失となります。

 

また、今回のサービサーへの売却ですが個人的には途中からこうなるように決まっていたのかなという気がしていました。

 

はじめは誠心誠意対応していたので、「もしかしたら大丈夫かもしれない」と思っていたのですが、裁判に入ったあたりから嫌な雰囲気を感じ、電話対応を中止したあたりから「これは手仕舞いにはいっているな」という。

 

ソーシャルレンディングを利用した悪質な犯行な気がしてなりません。

 

犯行という言葉を使いましたが、これはもう民事事件ではなく刑事事件といってもいいでしょう。

 

ソーシャルレンディングで集めた資金を親会社に供給し、その債権を最終的に格安でサービサーに売却するという詐欺事件です。

 

これはソーシャルレンディングではなく、ソーシャルレンディングのスキームを利用した犯罪だと思います。

 

自分的には全く納得していませんし、今後のソーシャルレンディングへの信用にも大きく影響を与える出来事ですから今後も継続してこの件については追っていくつもりです。

 

また、自分も投資をしていましたがみんなのクレジットは当ブログでも大々的に宣伝しており、投資をされた方には損失を被らせてしまいました。

 

この場を借りてお詫び申し上げます。

 

今後は事業者はもちろんのこと、案件についても十分注意して紹介していくつもりでございます。

 

ラッキーバンクの行政処分はまだまだ謎がおおい。

 

ラッキーバンクについては正直、謎が多いです。

 

検査結果に基づく勧告は下記の通り。

 

(1)貸付先の審査につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
  当社は、ウェブサイト上で公表している取引約款等において、貸付事業に係る貸付先の選定に関し、「借入人から借入れの申し込みがなされた場合には、あらかじめ当社が定める内規に従い審査を行い、当社が適当と判断する申込みについて、ファンドの募集手続に付す。」旨を、また、広告サイトにおいて、「当社は、借入申込者の信用力を厳密に評価します。提出書類(決算書・事業計画書・収支計画書など)に基づき融資の可否を判断します。」旨を表示しているが、当社の貸付審査の状況を検証したところ、X社より提出された財務諸表において、売却契約の締結に至っていない物件を売上に計上するなどして、純利益や純資産が水増しされているにもかかわらず、これを看過していたほか、X社が手掛ける複数の不動産事業について事業期間が延長となる事態が発生し、この間、X社は売却資金を得られず、平成29年3月以降に償還期日を迎えるファンドに係る借入金の返済が困難な状況となっていることを認識したにもかかわらず、その後もX社を貸付対象先とするファンドの募集を継続している。
以上のとおり、当社のウェブサイト上等の表示は、一般の出資者が読んだ場合、当社において、貸付先の信用力を評価するための具体的かつ客観的な内部基準に従った審査が行われるなど、慎重な手続によって貸付先の審査が行われているとの認識を与えやすいと考えられるところ、当社においては、上記のとおり、慎重な手続によって貸付先の審査が行われているとは認められない状況にあり、出資者の投資判断に重大な影響を及ぼすと認められる貸付先の審査について、あたかも、慎重な手続きによって行われているかのような誤解を生ぜしめるべき表示を行ったと認められる。
(2)担保物件の評価につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

  当社は、X社が保有する不動産に担保を設定して、X社への貸付けを行っているファンド318本のうち252本について、「不動産価格調査報告書」を当社ウェブサイト上の募集要領に掲載しているが、当該報告書は、正式な不動産鑑定評価を行った上で作成されたものではなく、対外的に公表できない不動産価格をウェブサイト上に掲載し、ファンド出資持分の募集を行っている。
以上のとおり、当社は、出資者の投資判断に重大な影響を及ぼすと認められる担保評価について、誤解を生ぜしめるべき表示を行ったと認められる。

 

貸付のほとんどは親類が経営する会社Xで、このX社の返済が困難なのを知った上で貸付していたというものです。

 

また、不動産評価についても適正な報告書が作成されていませんでした。

 

最終的な行政処分は業務改善命令となり、業務停止にはなりませんでしたがまだまだ油断できない状況。

 

ラッキーバンクではこの件について説明会をすでに実施しており、この辺の対応は素晴らしいと思いますがどうやら濁す部分が多く、X社がどこなのかという点も含め、投資家に十分な説明をしなかったようです。

 

ただその中では、工事の遅れや売却の延期などが影響、そして不動産評価の書類も簡易的なものは作成してたことなどが説明されたようで、ラッキーバンク的にはオッケーだと思っていたものがNGだと判定された部分もあったとのこと。

 

説明会を早くに実施して、公の前に素早く姿を出す姿勢はみんクレと違って評価できますが、運営のこと、分配のこともこれからどうなるかは予測ができません。

 

個人的な印象としては3月の分配金も支払われていますし、不動産担保が全案件についていますから、みんクレのようなことにはならないかなという印象です。

 

こちらも引き続きアンテナを貼っていきたいと思います。

 

 

まとめ

 

市場が急激に伸びているソーシャルレンディングですが、問題も多くでてきているような気がします。

 

ソーシャルレンディングって本当はファンドのリスクを気にしなくてはいけないのに事業者のリスクを気にしなくてはいけないというのは、個人的には残念でなりません。

 

ただ、今回の事件も事業者に問題があっただけで、ソーシャルレンディング自体の問題ではないと思っています。

 

自分としては将来性のある投資だと思っていますので、引き続き積極的に投資をしていくつもりです。

 

今後は実績がある事業者に分散投資していくのが最もリスクを減らして投資していく最善の方法なのかなと考えています。

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
初心者におススメのソーシャルレンディング会社は??【PR】

現在は様々なソーシャルレンディングサービスがでてきていることもあり、初心者はどの事業者を選んでいいか迷っている人も多いと思います。

そんな方はSBIソーシャルレンディングを選択してみてはいかがでしょうか?

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在40万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

 

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

POSTED COMMENT

  1. たっちん より:

    メカニックさんは、訴えることはしないのでしょうか?近々、私は警察に相談に行こうと思います。資料は何か持って行けばいいですか?東京リサーチのヤフーニュースに載っていました。

  2. たっちん より:

    追記ですが、損失分は来年確定申告出来るんですかね?

    • IPOメカニック より:

      たっちんさんコメントありがとうございます。
      もちろん非常に悔しいです。自分的には警察に行って相談したい気持ちもありますが、内容を説明したりするのに莫大な時間がかかるような気がしてなりません。
      それでしたらその時間を前向きに利用した方がいいかなという気持ちです。でも、やっぱり悔しいですね。
      ちなみに確定申告の件ですが、今年度分(来年)で他の雑所得と相殺できます。
      自分は仮想通貨、タイムバンクでの利益と相殺する予定です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。