IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
私事・オピニオン

アーリーアダプターを恐れるな!! 積極的に参加する理由と3つのメリット

 

このところ金融業界には大きな動きが起こっています。

 

少し前からFinancialとTechnologyを掛け合わせた造語であるFintechという言葉をよく耳にするようになり、新しいサービスがどんどん出て来ていますよね。

 

 

ソーシャルレンディング、ロボアドバイザー、仮想通貨、タイムバンク、などなど上げて言ったらキリがありません。

 

ブログを読んでいただいている方はわかると思いますが、自分は上記のようなサービスが出て来たらすぐに体験する、いわゆるアーリーアダプターという部類に入ります。

 

単に「新しいものを体験したい!!」という好奇心が強い部分もあるんですが、実はそれ以外にもメリットがあると思って早期から参入する事を心がけています。

 

今回はこの辺について少しお話させていただきます。

 

 

そもそもアーリーアダプターとは??

 

アーリーアダプターという言葉を聞いたことがないという人もいると思うので簡単に説明から。

 

 

アーリーアダプターを簡単にいうと”市場に出た新しいサービスを早期段階から利用するユーザー“のことです。

 

サービスというとピンとこないかもしれませんが、好きなアーティストをデビュー前や結成当時から応援していたというのもある意味アーリーアダプターといえます。

 

かなりざっくりいうと、他の人より早くから知っていたり体験しているユーザーのことですね♪

 

 

知識が増えて考え方が柔軟になる

 

メリットの一つ目として上げたいのが知識量が増えるところ。

 

 

新しいサービスってやはり今までにないシステムや仕組みを利用していたりするので、自分で勉強する必要があります。

 

そうすると新しい情報が自分の中に蓄えられて、自分自身がアップデートされるんですよね。

 

これは学校の勉強とほとんど一緒。

 

で、これがまた面白いんですが新しく知識を取り入れていくと考え方がすごく柔軟になるんです。

 

もしさらに新しいサービスが出て来たとしてもすぐに受け入れられるようになりますし、理解力も早くなる。

 

どんどん脳が活性化されていくような感じでしょうか。

 

 

高リターンを狙える場合もある

 

もちろん高リターンを狙える場合も多いです。

 

 

新しいサービスは知名度がなく、さらに参入に二の足を踏んでいるユーザーが多いためライバルが少なくなる傾向にあります。

 

スタート時から完成度が高いサービスなんかはそういう時が狙い目。

 

さらに基本的にサービス初期ってスタート地点ですからそこから拡大していく可能性の方が極めて高いんですよね。

 

そうなると知識と経験があるアーリーアダプターは後発組に比べ圧倒的なアドバンテージがあります。

 

最近だとメタップスがリリースしたタイムバンクなんかはまさにその典型。

 

 

タイムバンクを知らない方は下記記事を一読してください

 

[評判や口コミ]タイムバンクは儲かる?? 仕組みや手数料など50万円の利益を出した自分が日本一詳しく説明します。 著名人の時間の売買ができるということで人気急上昇中のアプリが… Timebank(タイムバンク)です。 ...

 

こちらは投機的部分もあり、サービス開始時からアクセスした自分はローリスクでそこそこの利益をゲットできました。

 

最近は割と有名になってきましたがアーリーアダプターの方はまだ有利な部分が多いかなと思います。

 

 

濃いコミュニティが形成される

 

あと、個人的にびっくりしたのが濃いコミュニティが自然と形成されることです。

 

 

もちろん既存のサービスでもコミュニティは形成されるんですが結びつきが異常に強い!!

 

Twitterで発信したりするとリプライが飛んできたりして、すぐ仲良くなってしまいます。

 

初期から始めているユーザーって少ないので必然的にそうなるのかな。

 

SNS経由で実際にお会いした方も多くいらっしゃいます。

 

またそこから新しい情報なんかも頂けたりするんですよね。

 

自分は交友関係もある意味資産だと思っているので、これも大きなメリットのひとつかなと思っています。

 

まとめ

 

今回は自分がアーリーアダプターになる理由、メリットを紹介してきました。

 

今後も新しいサービスが出て来たらどんどん利用していくつもりです。

 

と、いうのも何も試さずに批判するということをしたくないですし、そもそも試さなくなった時点で自分の探究心が薄れて言っていることにもなりますから、成長が止まっているように感じてしまうからです。

 

既存のサービスしか受け入れられないようになった時点でそれはもう後退の始まりかなと。

 

投資でいえばソーシャルレンディングやロボアドバイザー、仮想通貨をなんかを受け入れられなくなったらもうこの先のステージについていくことはできないと思います。

 

今後はこれらがさらに結びついたり(仮想通貨のロボアドバイザー投資など)、今まで以上に理解の難しいサービスが出てくることは間違いないですからね。

 

上記のリターンのところでも触れた通り、アーリアダプターにはリスクも多いですがその分未開拓な地でもあるので思わぬチャンスが広がっていることもあります。

 

最近でいうと仮想通貨なんかはそのいい例。

 

「仮想通貨なんて絶対怪しい」と思っていた人は今回の波に乗れず、「これは面白いサービスがでてきた!!」と早くから参入した人は過去に類を見ないほどの大きな利益を得ているはずです。

 

自分も仮想通貨はまだ全然騒がれていなかった2016年から参入していたので、大きな資産を手に入れることができました。

 

あの時チャレンジした自分を褒めたい 笑

 

おそらく今後もソーシャルレンディングやロボアドバイザー、仮想通貨など新しい投資は未成熟の市場なのでいろんな問題がでてくると思います。

 

でもそれは株式が誕生した時も同じだったはず。

 

いろんな失敗があって株式も認められていったはずですからね。

 

自分としてはこの先も新しいサービスがでたらどんどん体験していって、さらに頭を柔軟にしていくつもりですよ♪

 

なんか今回は久しぶりにオピニオン的な記事になってしまいました 笑

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。