FUNDINNOの32号案件nommoc(ノモック)は注目度抜群!! 若手企業家が無料タクシーを目指すとあっては応援せずにはいられない!!

まさかFUNDINNO(ファンディーノ)でこんな話題性のある企業が取り扱われるとは思いませんでした。

今回新たに募集が開始されるのは日本初の無料タクシーを目指すnommoc(ノモック)です。

すでにSNSや様々なメディアで取り上げられているのでご存知の方も多いかもしれませんね。。

ヤフーのトップニュースにもなっていましたし。

第一号案件のBank Invoice並みに注目されているような気もします。

今回はこのnommoc(ノモック)の詳細について徹底解説していきます。

ちなみにFUNDINNO(ファンディーノ)について何も知らない方がいましたら下記記事をご覧ください。

詳細から投資方法、自分の投資実績を全てまとめていますよ。

FUNDINNO(ファンディーノ)の評判や口コミが気になる方に100万円以上投資している自分がメリット・デメリットを日本一優しく紹介しようと思う
日本初の株式投資型クラウドファンディングサービスをリリースしたFUNDINNO(ファンディーノ)。 最...

スポンサーリンク

nommoc(ノモック)ってどんな会社??

nommoc(ノモック)は無料の運行・配車サービスを目指す会社です。

利用したい人はスマホで車を呼び出し、目的地まで無料でいけるようになります。

かなりざっくりいうと無料のuberといった感じでしょうかね。

運行にかかるコストはスポンサーからの広告費で賄う仕組みです。

車内ではスポンサー企業の商品、さらには近くのお店などの情報が流れる予定とのこと。

また、AIを駆使してユーザーの行動パターンを分析し、よりユーザー好みの情報を届けてくれるようにするそうです。

もちろん、運賃が無料で移動できるようになるサービスは国内初。

まさに夢のようなプロジェクトです。

実現できるかはわかりませんが、これが実社会で広まったらなんだかとんでもないことになりそうですね。

そして事業もすごく魅力的ですが、社長もこれまたすごいです。

社長の吉田拓巳さんは現在22歳ですが、15歳という最年少で企業した経歴の持ち主。

いままでに様々なプロジェクトを手がけています。

セブンセンスという会社でも代表をつとめ、こちらはエンジェル投資家の家入一真さんが出資をしていました。

人脈もすごいようですし、若い社長ですがなんかやってくれそうな気がしてきます。

nommoc(ノモック)における現在のバリュエーション

nommoc(ノモック)はプレバリュー(資金調達前の時価総額)を2.5億円に設定。

今回のファイナンスが成功して上限の5,000万円の資金調達ができればポストバリュー(資金調達後の時価総額)は3億円になります。

資本金が500万円で、発行済株式総数が500万株というところを見ると、設立時は1株1円ということですかね。(予測ですが)

そうなると今回の調達では1株50円ですので、かなり上げてきた印象です。

会社も設立したばかりですので、完全なシードステージとなります。。

nommoc(ノモック)の募集金額と資金用途について

今回の目標募集額は1,600万円。上限募集額は5,000万円。

クラウドファンディングで集めた資金は下記で利用する予定となっています。

  • 開発人件費
  • 広告宣伝費
  • ドライバー、車両管理費
  • ファンディーノへの手数料
  • 外注費

「nommoc」のスマートフォンアプリ、広告表示システムの開発人件費を優先。

上限に到達した場合に車両関連費用・ドライバー人件費、広告宣伝費、営業・管理人件費、販売管理費及び追加の開発人件費に充当するとのことです。

投資金額のコースと株数

nommoc(ノモック)への投資は下記のコースが用意されています。

  • 125,000円コース(2,500株)
  • 250,000円コース(5,000株)
  • 375,000円コース(7,500株)
  • 500,000円コース(10,000株)

最低で12.5万円、最高で50万円まで。

上記でも言った通り、かなり面白い事業で期待が膨らみますがその分リスクも非常に高いです。

利益度外視で積極的に応援したい人は問題ありませんが、それ以外の方は1社に多額の資金を突っ込むのは危険です。

個人的には投資額を抑えて、他の企業へも分散投資することをオススメしますよ。

nommoc(ノモック)のマイルストーン

nommoc(ノモック)のマイルストーンはこのようになっています。

まずは本拠地がある福岡でβ版を公開。

その後車両台数を増やして、福岡で本格展開。

2020年には東京や大阪でのサービス展開を予定しています。

2020年といえばオリンピックですから、この時に間に合えばかなり注目度が高くなりそうですね。

そして、2023年2月以降のIPOを目指しているとのことです。

ただ、誰も行ったことがないサービスなので様々な困難が待ち構えているのは間違いありません。。

計画がズレ込む可能性は大分高いんじゃないかなと感じています。

IPOしたらどのくらいの利益になるの??

ノモックがもし予定通りIPOをして時価総額が仮に60億円になったとしたら、投資金額が20倍になります。

100億円になったら30倍以上ですね。

シードステージの投資になりますので、高リターンが見込めますよ。

ただし、その分投資金額が0円になる可能性も高いです。

ここはしっかりと理解して投資をしましょう。

詳細は下記に記載してありますので、気になる方はどうぞ。

株式投資型クラウドファンディングで投資した企業がIPOしたらどのくらいの利益が出るのか計算してみました
株式投資型クラウドファンディングの一番のメリットといえばやはり投資先がイグジットした時に得られる大きな利益です。 ...

上記は仮に設定したものです。上場時にダウンサイズや上記よりも時価総額が低い場合はリターンが低くなる、もしくは損失を被る可能性があります。ご注意ください。

管理人の投資スタンス

以上、ファンディーノの32号案件nommoc(ノモック)の紹介をしてきました。

個人的な感想としては「面白い!!」の一言です。

若い人が新しいことに挑戦するというのはこちらまでワクワクさせられます。

設立したばかりの会社でハイリスク・ハイリターンではありますが、今回は投資を決意しました!!

どんな成長を見せてくれるのか一番近くで見守りたいと思います。

なんか株主総会に出席できるだけでも相当楽しめそう。

正直、リターンはどうでもいいような気になっちゃいます 笑

ちなみにノモックは2018年5月12日に申し込みが開始予定ですので自分同様に申し込みするつもりの人はわすれないようにしてくださいね。

ファンディーノの公式サイト

コメント

  1. テイク より:

    メカニックさん、おはようございます。ノモックは面白そうです。設立が2018年て言うことですが、プロの投資家はもう入ってるんですかね?15歳で社長ですか、凄いの一言です。

    • IPOメカニック より:

      テイクさんコメントありがとうございます。
      そこは確認できませんでした。
      情報が出てこないところをみると、プロ投資家は入っていないんじゃないかなと。
      目指すビジョンが壮大すぎて実現できるかわかりませんが、こういうプロジェクトだからこそ応援したくなりますよね♪
      応援したい企業、ひさしぶりにきました!!

  2. もっくん より:

    IPOメカニックさん、こんばんは。
    購入出来ましたでしょうか。
    私は7時にログインしましたが、その時点で100%を超えていて、その後わずか数分でキャンセル待ちになっていましたね。
    本案件の注目度の高さが感じられました。
    非常におもしろい事業だと思いますし、これから応援していきたいと思います。

    • IPOメカニック より:

      もっくんさんコメントありがとうございます。
      12.5万円投資できました(^ ^)
      事業内容はかなり面白いですよね。
      これが全国的に実現すれば高齢者には非常に役立つサービスだと思います。
      若い社長のチャレンジを心から応援したいです♪