IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
tsumiki証券

【評判】tsumiki証券ならクレカでオシャレなコツコツ投資が可能!! 丸井グループが仕掛ける次世代の証券会社!!

丸井グループが9月に新しく証券会社をスタートさせます。

その名も…

tsumiki証券

“つみき”とはなんとも可愛らしいネーミング。

若者、特に女性が好印象を抱きそうな雰囲気が漂っていますね。

このtsumiki証券ですが、なんとクレジットカードで投信信託が購入できるという日本初のサービスを提供中です。

今回はこのtsumiki証券の評判やメリットを徹底解説していきたいと思います。

tsumiki証券とは??

tsumiki証券は東証1部に上場する丸井グループが新たにスタートさせるつみたて投信専門の証券会社です。

丸井グループは若者から支持を受けているあの”OIOI”。

なんとその丸井が新たに証券会社を立ち上げたんです。

口座開設は2018年の8月31日から始まりました。

丸井グループではエポスカートというクレジットカードを発行していて、そちらと絡めたサービスを提供しています。

ちなみにエポスカード会員は657万人、そのうちの半分以上が20代、30代で7割ほどが女性ユーザーだそうです。

日本では海外に比べて現預金の割合が非常に高く、金融資産の伸びが低いという背景がありまが、そんな現状を打開するため、「貯蓄から投資を促す」ことを手助けしたいという志のもと、tsumi証券を発足したとのこと。

どちらかといと、投資初心者向けの証券会社だと思います。

 

丸井グループが発行しているエポスカードとは??

エポスカードについて詳しく知らない人もいると思いますので、所持者の自分が少しご紹介。

エポスカードは年会費無料のクレジットカードです。

年会費が無料ですので、もちろんランニングコストは一切かかりませんよ。

エポスカードは利用金額の200円ごとに1エポスポイントが貯まっていきます。

1エポスポイント = 1円の価値がありますので、還元率は0.5%

しかし、丸井でのショッピングや提携店での買い物はポイントが倍増して還元率が1%にアップします。

10,000円購入したら100ポイントたまる計算ですね。

また、カードを発行するとエポトクプラザという優待サイトが利用でき、こちらではお得な料金で利用できる映画館、レンタカー、遊園地、飲食店が紹介されています。

日本にあるクレジットカードの中でもトップクラスの知名度を誇る人気カードです。

また、年間50万円〜100万円を利用するとエポスゴールドカードのインビテーションが届きますよ。

tsumiki証券の口座開設費

tsumiki証券は口座開設費、維持費共に無料です。

ただし、口座を開設するには上記で紹介したエポスカードが必須になります。

口座開設の方法と注意点は下記記事にまとめていますので、こちらを参考にしてみてください。

tsumiki証券に口座開設が完了!! 注意すべき3つのポイント!!tsumiki証券に口座開設をしてみて注意すべきポイントがわかりました。今回は画像付きで徹底解説していきます。...

 

tsumiki証券ではどんな投資信託が購入できるの??

現在発表されているtsumiki証券における投資信託のラインナップは下記の通りです。

商品名 運用会社 信託報酬(税込み)
コモンズ30 コモンズ投信 1.058%
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド セゾン投信 0.680%
セゾン資産形成の達人ファンド セゾン投信 1.350%
ひふみプラス レオス・キャピタルワークス 1,058%

4種類しかありませんが投資対象もそれぞれちがっていますので、ラインナップのバランスは取れていますね。

そもそもtsumiki証券を利用する人は投資初心者が多いと思うので、ラインナップが多いと逆にどの商品を選択したらいいか迷うと思いますから、少なくしたのはナイスな決断だと思います。

ただ、個人的には信託報酬率が高めのファンドが多いかなという印象。

バランスファンドのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドよりも信託報酬率が安いファンドってたくさんありますからね。

少し前に流行った投資信託かなとう印象をうけます。

しかし、現在大人気のアクティブファンドであるひふみプラスを選択できるのは素晴らしいです。

ひふみプラスはあまりの人気でテレビやメディアにもたびたび紹介されます。

ちなみに基準価額の推移がこちら。

※レオスキャピタルワークスの公式サイトより

1口10,000円からスタートしまして、現在は30,000円オーバー。

3倍以上に膨れ上がっています。

今後も同様の運用ができるかどうかはわかりませんが、文句なく実績はピカイチです。

 

tsumiki証券のメリット

エポスカードが投信の買付が可能!! ポイントも付与される!!

一番のメリットは先ほどからちょろっと言っていますが、エポスカードで投信の買付ができる部分です。

クレジットカードで購入することができれば、口座へ入金する必要がなく、投資を経験したことがない若者でもサクッと買付が可能。

しかも、エポスカードで投資信託を購入することでエポスポイントも付与されます。

エポスカードは通常のショッピングでは200円で1ポイント貯まる還元率0.5%のクレジットカードです。

tsumiki証券での買付けではどうなるかというと、「年間つみたて金額」と「つみたて年数」に連動して年1回ポイントが貰えます。

  • 1年目・・・0.1%
  • 2年目・・・0.2%
  • 3年目・・・0.3%
  • 4年目・・・0.4%
  • 5年目以降・・・0.5%

資産残高ではなく、あくまで年間つみたて金額ですので注意しましょう。

もし年間10万円をつみたてした場合、初年度だとエポスポイントが100P貰えますね。

5年目以降に10万円つみたてした場合は500Pになります。

こんな感じでエポスポイントが付与されることで信託報酬を実質引き下げることが可能なので、他の証券会社から購入するよりもお得に運用することが可能ですよ。

ゴールドカードとプラチナカードの利用でさらに還元率アップ

先ほども少しいいましたが、エポスカードにエポスゴールドカードとさらに上位グレードのエポスプラチナカードが存在します。

これらを保有している年間利用額に応じてボーナスポイントが貰えるんです。

簡単にいえば、エポスカード側からのご褒美ですね。

エポスゴールドカードの場合は年間50万円以上利用すると、2,500円ポイント、100万円以上利用すると10,000ポイントが付与されます。

エポスプラチナカードの場合は100万円以上で20,000ポイント、200万円以上で30,000ポイント、そして300万円以上で40,000ポイントです。

もちろんtsumiki証券での買付も年間利用額として認められますよ。

tsumiki証券では毎月5万円まで買付ができますので、年間60万円の積立ができます。

これだけでもエポスゴールドカード年間50万円はクリア可能。

ちなみに100万円で10,000ポイント付与された場合は還元率が1.1%〜1.5%に跳ね上がりますよ♪

nendoデザインでオシャレに投資っ!!

また、tsumiki証券はビジネスデザインをnendoが監修しています。

nendoは2002年に佐藤オオキさんを中心に設立されたデザインオフィスです。

実は自分がめちゃくちゃ大好きなデザイナーさん。

少し作品を紹介します。

<

上記のエース社で発売されているキャリーケースは有名ですね♪

こんなオシャレな作品を多く作っているnendoがtsumiki証券のサイトやプロダクトを通じて表現しています。

口座開設者には自分のマイページにアクセスできるQRコードがついたお守りがもらえるんですが、これもnendoが発案したものかもしれません。

積立NISAを利用すれば投資効率がアップ!!

tsumiki証券では積立NISAに対応しています。

積立NISAを利用すれば最長20年、投資利益が非課税になるという非常にメリットの多い制度です。

具体例をあげると、もしtsumiki証券で投資信託を購入して10万円の利益が得られたとしましょう。

通常だと約20%の2万円を税金として納めなければいけませんが、積立NISAで購入していた場合は税金が免除されます。

そのまま10万円が貰えちゃうんです。

投資する際は積立NISAがおススメですよ。

ちなみに他の証券会社ですでに積立NISAの口座を開設している場合は新たに開設できませんので注意してくださいね。

投資商品に迷わない

投資商品のところでも説明しましたが、tsumiki証券では4本の投資信託しか用意されていません。

これにより初心者の方はどれを選ぶかがすぐに決めることができます。

投資信託って実は数千本以上はあると言われているので、初心者の方がこの中から選ぶのはほぼ不可能です。

tsumiki証券ならすぐに自分にあった投資信託を選ぶことができますよ♪

 

tsumiki証券の評判はどうなのか??

tsumiki証券の評判をまとめてみました。

ポイントが付与される、投資信託が絞られていてわかりやすいという部分は評判が良かったです。

ただ楽天証券でも楽天カードで投資信託を購入できるようになったのでこちらと比較するとあまり魅力を感じないという人もいました。

 

楽天証券でもクレジットカードで投資信託が購入可能に!?

上記でも触れたように楽天証券でもついに楽天カードで投資信託が購入可能になりました。

もしかしたらtsumiki証券に対抗してきたのかもしれません。

しかも、こちらは投資信託の購入額の1%を楽天スーパーポイントで還元してくれます。

tsumiki証券の基本ポイントと比較すると2倍です。

楽天証券で取り扱っている全ての投資信託から選べるのも大きなメリット。

個人的に投資中級者~上級者はこちらがおススメです。

詳しい内容は下記にまとめていますので、よろしかったら一読してみてください。

【裏技】ほぼノーリスクで楽天スーパーポイントをゲットできる禁断の方法を紹介しよう 楽天証券がついにパンドラの箱を開けてしまったかもしれません。 楽天ポイントで投資信託の購入や積立を可能にするなど、金融界に...

ネット上では正直、楽天証券の方が評判は高かったです。

 

tsumiki証券のまとめ

今回はtsumiki証券について説明してきました。

一番の特徴は投資初心者に優しい所です。

クレジットカードでの購入でエポスポイントが貰えて、さらに積立NISAにも対応していますから、これから投資を始めようとしている人には最適な証券会社だと思いますよ。

ちなみにtsumiki証券の口座開設にはエポスカードが必須です。

エポスカードを持っていないと口座開設できませんので、tsumiki証券で投資を始めたい人はまずエポスカードの作成から始めてくださいね。

逆にエポスカードをすでにお持ちの方は個人情報の入力なしでサクッと口座開設ができますよ。

エポスカードの公式サイトはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。