ネオモバがIPOの取り扱いを開始!!

仮想通貨

【厳選】国内の仮想通貨レンディングのおすすめは?? 各社を徹底比較してみた

「仮想通貨が今後も上昇していく!!」

こう感じている人は積極的な売買はせずにホールドしているという人がほとんどでしょう。

自分も短期的な売買はごく稀にしますが始めに購入した分のビットコインやイーサリアム、リップルなどはずっとホールドしています。

しかしホールドしていても銀行のように利子はつきませんので、ただ保有しているだけでは全く意味がありませんよね。

でも。、そんな時に役立つのがレンディングです。

レンディングとは仮想通貨を貸して利子をうけとること。

言い換えればソーシャルレンディングの仮想通貨バージョンです。

今回は国内で仮想通貨レンディングができる取引所を厳選してみましたよ。

自分のようなホルダーは是非参考にしてみてくださいね。

もし「仮想通貨もってないんだけど。。」という方は下記記事でビットコインが無料で貰える方法を紹介しています。

こちらをどうぞ。

結論:おすすめはコインチェックとCoinOn

結論から先にいいます。

おすすめのレンディングサービスはコインチェックCoinOnです。

保有数量が1BTC未満の場合はコインチェック、1BTC以上ならCoinOnを利用しましょう。

現状、1BTC未満でレンディングができるのはコインチェックだけです。

CoinOnは仮想通貨レンディングに特化したサービスで日利運用が可能。

いつでも出金ができるため気軽に仮想通貨レンディングを体験できます。

貸し出し数量が1BTC以上という制限がありますが、利回りも高いためおすすめですよ。

CoinOn(コインオン)を今すぐチェック!!

coincheckを今すぐチェック

 

コインチェックで1年間レンディングしてみました

しばらく売却するつもりはなかったのでコインチェックで1年間レンディングしてみました。

預けた金額は約0.300btc。

1年間預けた場合の年率5%です。

そして1年が経過して無事に返却。

返却されたのは約0.315btcでしたので、0.015btc増えたことになります。

ちなみにこの記事を書いている時のビットコインレートは115万円です。

よって0.015btc=17,250円

なんと!!

1.7万円の利益。

ビットコインレートは刻一刻と変わるので確実に利益がでるとは限りませんが、仮想通貨の数量は確実に増えます。

自分のように売却する予定がない人は利息を受け取りながら運用する方がいいと思いますよ。

coincheckの公式サイト

 

コインチェックのレンディング「貸仮想通貨サービス」

まず紹介したいのはコインチェックの貸仮想通貨サービスです。

なんで1番始めに紹介したかというと自分がメインで利用しているからです 笑

コインチェックでは今の所下記の仮想通貨を預けることができます。

  • BTC
  • ETH
  • LSK
  • FCT
  • XRP
  • LTC
  • BCH
  • MONA

そして貸し出す期間と利率は下記の通り。

14日間1%
30日間2%
90日間3%
365日間5%

年率は最大5%です。

つまり1BTCを365日預けた場合は1.05BTC受け取れるということになりますね。

もしビットコインが100万円だったとしたら5万円分増加するということです。

ただ、残念ながらコインチェックでは最近、貸仮想通貨を申請しても全然承認が降りないとのこと。

自分が1年前に申請した時は普通にできたんですけどね。

コインチェックのレンディングについては下記記事で詳しくまとめていますのでこちらを参考にしてください。

coincheckを今すぐチェック

 

ビットバンクのレンディング「仮想通貨を貸して増やす」

ビットバンクでもレンディンサービスを行なっています。

サービス名は「仮想通貨を貸して増やす」

ビットバンクでレンディングできるのは今の所ビットコインのみです。

今後、他の通貨にも順次対応するとのこと。

ビットバンクでのレンディングは毎月募集期間と上限数量が決められていて上限に達した場合は募集期間が終了する前に締め切られます。

そして運用期間は1年間です。

利用料率は預けた仮想通貨の数量によって決まります。

3%1BTC以上5BTC未満
4%5BTC以上10BTC未満
5%10BTC以上

残念ながら1BTC未満の預け入れは対応していません。

5%を適用させるためには10BTCとかなりハードルが高いです。

ただしコインチェックとは違い、今もレンディングの募集はされていますのですぐにでも貸し出すことができますよ。

さらに詳しく知りたい人は下記記事を一読してみてくださいませ。

ビットバンクを今すぐチェック

 

GMOコインのレンディング「貸仮想通貨」

GMOグループのGMOコインもレンディングを行なっています。

ただ、上記2社と比較するとかなり預け入れのハードルは高いです。

まず預けられる仮想通貨は下記の通り。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル

そして預けられる数量がこちら。

ビットコイン10BTC〜500BTC(10BTC毎)
イーサリアム100ETH〜1,000ETH (100ETH毎)
ビットコインキャッシュ50BCH〜500BCH(50BCH毎)
ライトコイン300LTC〜3,000LTC(300LTC毎)
リップル100,000XRP〜1,000,000XRP(100,000XRP毎)

おそらく預けられるのはほんの一握りのユーザーだけでしょう。

どの通貨も最低単位が大きすぎます。

満期は150日で利回りは5%です。(年利)

また、GMOコインの場合はいつでも申し込みできるわけではありません。

募集を開始する時はメールが送られてきます。

さらにもし預け入れる場合はお問い合わせフォームから申し込みする必要。

他の取引所と比べてアナログ感が半端ないです。

個人的には1番オススメできな取引所ですかね。

詳しくは下記記事で説明していますので気になる方は合わせてご覧ください。

GMOコインを今すぐチェック

 

CoinOnは仮想通貨レンディングに特化したサービス

仮想通貨レンディングに特化ししたサービスも出てきました。

それがCoinOn(コインオン)です。

現在の取扱通貨はビットコインのみ。

最大のメリットは年利ではなく、日利が適用されること。

つまり、いつでも好きな時に仮想通貨を出金できるんです。

他のサービスでは一度預けてしまうと運用期間が終了するまで引き出せなかったり、引き出せたとしても手数料を払わなければいけません。

CoinOnなら1日単位で貸付できるので気軽にレンディングできますよ。

現在の利回りは日利で0.017%、年利で表すと6.4%です。

レンディングに特化したサービスなだけあって他の取引所が行なっているレンディングよりも高利回りで貸付ができます。

CoinOnはいつでも貸付ができ、もちろん会員登録をすれば今すぐでも大丈夫。

ベンチャー企業が運営していますが上場会社が出資していますし、運営自体は問題ないと思います。

1BTCからしかレンディングできませんが、この条件をクリアできるなら今からレンディングするならこのCoinOn(コインオン)が一押しですかね。

CoinOn(コインオン)を今すぐチェック!!

 

仮想通貨レンディングの注意点

仮想通貨レンディングは貸付期間が終了すればビットコインが増えます。

しかしだからといって必ず利益がでるとは限りません。

もし1BTCが100万円の時に利回り5%で貸し出ししたとしましょう。

1年後には1.05BTCで返還されます。

でも返還された時のビットコインレートが1BTC=50万円になっていたとしたら、利息分増えたとしても大きな損失になりますよね。

これだったら1BTC = 100万円の時に売却していたほうが良かったということになってしまいます。

レンディングはレートが変わらなければ利益を出すことはできますが、大きく下落した場合は損失がでる可能性があります。

このことはしっかりと覚えておくようにしてください。

 

1BTCを10年間レンディングしたらどのくらい増えるのか??

いまいち想像できない人もいると思いますので1BTCを10年間レンディングしたらどのくらい増えるのかご紹介します。

今回は利回りを5%としましょう。

するとこんな感じで増加していきますよ。

1年目1.05 btc
2年目1.11025 btc
3年目1.1576 btc
4年目1.21550 btc
5年目1.27628 btc
6年目1.34009 btc
7年目1.40710 btc
8年目1.47745 btc
9年目1.55132 btc
10年目1.62889btc

1BTCが10年後には約1.62BTCになります。

複利運用できるため年数が経過するごとに増加するペースは伸びていきますよ。

また、CoinOnなら日利運用ですのでさらに効果的な運用が可能です。

もちろん、ビットコインの価値が上がれば上がるほど利益は大きくなっていきます。

 

仮想通貨レンディングのまとめ

では、最後に仮想通貨レンディングおすすめをまとめます。

まとめ
  • 1BTC未満ならコインチェック
  • 1BTC以上ならCoinOn

現時点ではこの2社で決まりかなと思います。

1BTC未満で預けられるのは今のところコインチェックのみということで独壇場です。

他の取引所でも、もう少しだけハードルを下げて欲しいところ。

一方、1BTC以上ならCoinOn(コインオン)が頭一つ抜けています。

いつでも引き出しができて日利運用ができるのは大きなメリットです。

仮想通貨をしばらく売る気がないという人はレンディングでこつこつと運用するのもいいかもしれませんよ。

CoinOn(コインオン)を今すぐチェック!!

coincheckを今すぐチェック

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。