【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

IPO投資

【IPO抽選結果】Casyとマーキュリーリアルテックイノベーターの参加資金を公開!! 当選ポイントボーダーはまさかの”不明”!?

ぶるぶる
ぶるぶる
CaSyとマーキュリーリアルテックイノベーターの結果はどうだった??
メカニック
メカニック
じゃあ紹介していくね。

どうも、メカニックです。

2月終盤の結果が出てきていますが、3月の新規承認が取り消しされたりと、なんだかバタバタしていますね。

地合いは少しだけ上向いてきていますが、全く先行きが見えない状況ですので、IPOの申し込みは慎重にいきたいところです。

さて、2月では注目度の高いCaSy、そしてマーキュリーリアルテックイノベーターの結果がでました。

SBI証券が主幹事ということもあり、最低どちらかは当選して、お祭りのチケットをゲットしたいところ。

果たしてどうなったのか!?

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

CaSy、マーキュリーリアルテックイノベーターのIPO公開価格

まずは2社における公開価格から紹介します。

CaSy 1,350円
マーキュリーリアルテックイノベーター 1,270円

ふぅ〜、なんとか上限で決まりました。

決まってくれた、というのが正直なところですかね。

これで安心感は大幅にアップしたと思います。

ただ、ライトワークス、エッジテクノロジーが共にプラスリターンになり、最悪の状況は脱っしているように感じますが、まだまだ油断はできません。

あとは神頼みしかないですね。

 

CaSyとマーキュリーリアルテックイノベーターのIPO抽選結果

CaSy 補欠当選
マーキュリーリアルテックイノベーター 落選

なんと、CaSyで補欠当選です!!

落選すると思っていたので、ちょっとだけテンションが上がりました 笑

でも、繰上当選は難しいでしょうから、落選はほぼ確定でしょうね。

どちらかといえばマーキュリーリアルテックイノベーターの方がワンチャンあると思っていただけに、補欠当選の喜びよりも、こちらが落選したショックの方が断然大きいです。

直近IPOの結果を見て、少しは参加者が減るかと思っていましたが、なんだかんだみんな参加したってことなんでしょう。

ちなみにIPOチャレンジポイントは不使用で、資金余力は約400万円ほどでした。

追記:繰り上げ当選ならず

補欠申し込みしましたが、繰り上げはなりませんでした。

 

エフ・コード、セキュア、アジアクエストの当選者とIPOチャレンジポイントのボーダーラインは??

今回は当選者と合わせて、エフ・コードにおけるIPOチャレンジポイントのボーダーラインもチェックしてみました。

当選者は多く発見できました!!

ただ、ポイントを利用した人はほとんど発見できず、残念ながらボーダーラインを特定することは難しそうです。

マーキュリーリアルテックイノベーターでは247Pで100株当選という方が、CaSyについてはコメントで303Pで100株当選という方がいらっしゃいました。

ボーダーはあまり高くなかったことは間違いなさそうです。

 

CaSyとマーキュリーリアルテックイノベーターの初値予想アンケート途中結果

続いて、当ブログで毎回実施している初値予想アンケートの途中結果を紹介します。

当選した人は是非チェックしてみてくださいませ。

投票 or View Result をクリックしてくだされば結果を確認できますが、できれば投票にご協力いただけますと幸いです。

まずは、CaSyです。

 

現在の1位は、公募価格の1.5倍〜2.0倍です。

ただ、残念ながら2位は公募割れが続いています。

直近の地合いが反映されたアンケート結果になってますかね。

続いてマーキュリーリアルテックイノベーターです。

こちらの1位は公募価格の1.0倍〜1.5倍

CaSyよりも強気予想が多いです。

公募割れにも票が入っていますが、3票しか入っていません。

個人的には2社とも大丈夫だとは思いますが、地合い次第といったところでしょうね。

 

【初心者必読】IPOの当選確率をアップさせる方法とは??

3月もまだまだIPOが控えています。

最近、IPO投資を始めた方は上級者に追いつくために、下記の7つを意識して申し込みをしてください♪

  1. 主幹事を第一優先に申し込む
  2. とにかくたくさんの証券会社から申込をする
  3. 各社のポイント制度を利用する
  4. 各社の優遇抽選を利用する
  5. 委託幹事からも忘れずに申し込む
  6. 諦めずに申し込む!!
  7. 未上場株を取得する

今回は「主幹事からの申し込み」、そして「ポイント制度」の二つが効果的でした。

特にSBI証券は抽選割合が高いため、主幹事の場合は、他の証券会社と比較して、当選がしやすいです。

ただ、年々IPOの当選は難しくなっていますし、ここ最近は”初値”と”公募”の価格が離れ過ぎていると問題になってきています。

今後はIPO株で儲けることができなくなるかもしれません。

そうなると今後は非上場株への投資がより重要になるはずです。

非上場企業への投資とはIPOを目指す未上場のベンチャー企業に出資すること。

ベンチャーキャピタルの投資法を個人で行うと考えればわかりやすいかもしれません。

出資した企業が上場すれば、大きなリターンを期待できます。

直近では10万円からエンジェル投資ができるファンディーノを中心とした株式投資型クラウドファンディングが人気です。

ファンディーノは魅力的な企業の募集が多く、しかもエンジェル税制が適用されるケースがあります。

こちらに該当する企業に出資すれば節税も可能なんです。

自分の投資実績は下記にまとめていますのでこちらも参考にしてくださいませ。

さらに、プレIPOラウンドのユニコーン企業に投資できるHiJoJoユニコーンファンドというサービスもでてきました。

ユニコーン企業とは時価総額1,000億円以上の企業のことです。

プレIPOラウンドですから、ECFと比較するとイグジットする可能性は非常に高いです。

自分はトリラーネットというユニコーン企業に投資するファンドに申し込みしたんですが、この企業が投資後6ヶ月で上場を発表しました!!

まだスタートしたばかりではありますが、今後争奪戦になるほど人気化すると予想しています。

自分はこちらのサービスでも積極的に投資していくつもりですよ。

 

まとめ

では、いつも通り2021年の戦績を更新して終わりたいと思います!!

7戦 1勝 6敗 合計利益-0.8万円

2月はこれで全てのIPO結果が出た事になります。

セイファートが当選したものの、公募割れと非常に残念な結果に終わりました。。

せめてマーキュリーリアルテックイノベーターは当選したかったです。

そして、ここから3月に突入するわけですが、やはり目玉は住信SBIネット銀行でしょう。

これに参加するかどうかが大きな分かれ目になりそうです。

参加すれば当選できる可能性が高いですが、公募割れになったら意味がないので、BBスタンスは慎重に判断したいと思います!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【タイアップ実施中】IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、当選しなければ利益がでません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

年々新しいサービスがでてきていますが、個人的なおすすめはバンカーズです!!

現在、バンカーズでは当ブログとタイアップキャンペーンを実施中!!

下記の条件をクリアするとAmazonギフト券2,000円相当がもらえます。

  • キャンペーン参加登録ページにて参加登録フォーム入力
  • 会員本登録かつメールマガジン登録が完了

2022/5/15までのキャンペーンですので、興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事で詳しく紹介していますので、一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック