【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

仮想通貨

【利回り12%】DAI(ダイ)が購入できる国内取引所とオススメのレンディングサービスまとめ!!

国内でもついにステーブルコインを購入できるようになりました。

先頭を切ったのはDAI(ダイ)です。

すでに複数の取引所で購入が可能で、かつ高利回りでレンディングできるサービスも多くあります。

今回はDAI(ダイ)を国内で購入できる取引所とオススメのレンディングサービスをまとめました。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

DAI(ダイ)とは??

DAI(ダイ)は米ドルと相場が固定されたステーブルコインです。

1DAI = 1米ドルで調整されています。

Maker(メイカー)というプロジェクトによって発行・管理がされている暗号資産(仮想通貨)です。

ERC-20を利用しているため、イーサリアムベースのサービスやアプリで管理することができます。

ちなみにMaker(メイカー)も国内で上場しており、bitbankGMOコインで取引が可能です。

 

DAI(ダイ)が購入できる国内の取引所

現在、DAI(ダイ)が購入できる国内の取引所をまとめました。

GMOコイン

GMOコインはGMOグループが運営する暗号資産の取引所です。

2022年2月16日にDAI(ダイ)の取扱いを始めました。

取引ルールは下記の通りです。

最小注文数量 1 DAI / 回
最小注文単位 0.00000001 DAI / 回
最大注文数量 5,000 DAI / 回
最大取引数量 50,000 DAI / 日

販売所で取引ができ、取引所では取扱いがありません。

スプレッドはおおよそ0.5~0.6ほどです。

CoinBest(コインベスト)

CoinBestはCoinBest株式会社が2020年12月にサービスを開始した暗号資産取引所です。

現在はDAI(ダイ)のほかにビットコインとイーサリアムを売買できます。

DAI(ダイ)については販売所と取引所の両方で取引が可能です。

DAI(ダイ)における取引所の取引ルール

呼値 0.01JPY
取引単位 0.01DAI
最小注文数量 0.1DAI
最大注文数量 100,000DAI

スプレッドはおおよそ0.2~0.4となっています。

DAI(ダイ)における販売所の取引ルール

呼値 0.01JPY
取引単位 0.01DAI
最小注文数量 1DAI
最大注文数量 4,000DAI

スプレッドはおおよそ0.7ほどとなっており、取引所よりも実質的な手数料は高いです。

 

DAI(ダイ)をレンディングできるサービス

続いてDAI(ダイ)をレンディングできる主要サービスと利回りを紹介します。

GMOコイン 最大3%
BlockFi 最大8%
HashHubレンディング 最大8%
nexo 最大12%

最も低い利回りはGMOコインです。

3ヶ月の貸し出しで最大3%の利回りとなります。

一方最大の利回りを提供しているのは12%のnexoです。

こちらはNEXOトークンで受け取った場合の利回りで、DAIで受け取る場合は10%に低下します。

BlockFiHashHubレンディングはともに8%です。

国内のサービスはGMOコインHashHubレンディングとなりますので、海外のサービスを使うことに抵抗がある人はこの2サービスを利用するようにしましょう。

ちなみに上記はこの記事を書いている2022年3月時点の利回りとなります。

定期的に変更される可能性がありますので、貸し出しを行う前にもう一度確認を行うようにしてください。

 

DAI(ダイ)で暗号資産レンディングするまでの手順

DAI(ダイ)で暗号資産レンディングするまでの手順を簡単にまとめます。

  1. 取引所で購入
  2. レンディングサービスに送付する

僅か2ステップです。

国内の取引所で購入する大きなメリットは日本円でDAIを購入できることです。

海外の取引所でDAI(ダイ)を購入する場合、日本円に対応していないため手順が増えます。

  1. 国内で暗号資産
  2. DAI(ダイ)が購入できる取引所に送付
  3. DAI(ダイ)を購入
  4. レンディングサービスに送付する

暗号資産のトレードをしないといけないので、税金の計算も非常に面倒。

国内の取引所で購入することで、手間を大幅に削減できます。

 

まとめ

では最後にまとめます。

要点まとめ
  • 国内で購入できるのはGMOコインとCoinbest
  • レンディングの利回りは3%~12%

DAI(ダイ)は米ドルと連動しているステーブルコインですので、レンディング向きの暗号資産です。

というのも暗号資産は価格変動が非常に大きいため、ビットコインやイーサリアムを貸し出している場合、毎月得られる金額の差が非常に大きくなります。

一方、ステーブルコインならば価格変動は小幅で、毎月得られる金額が安定します。

また、今までは海外でしか購入できませんでしたが、日本円で購入できるようなったことから始めるハードルが低くなりました。

GMOコインなら購入からレンディングまで対応していますので、興味のある方はこちらから始めることをオススメします。

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック