COZUCHIとタイアップキャンペーン!!

【先着1,000名】

COZUCHIへの投資家登録で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【激震】LINE証券のIPO割当枚数が期待以下!? それでも申し込むべき2つの理由

大きな話題になったLINE証券のIPO取扱い。

コネクトが大盤振る舞いだったこともあり、LINE証券にもIPO投資家の大きな注目が集まっていました。

すでに数社の取扱がありましたが、とうとう割当枚数が公表されました!!

ネット上でもちょこちょこ話題になってますが、今回は改めて自分の私見を踏まえて、LINE証券のIPOにおける割当枚数について紹介していきたいと思います。

この記事の動画Verは下記になりますので、「ながら聞き」したい方はこちらをご覧ください。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

LINE証券って何??

まずは簡単にLINE証券についてざっと説明していきます。

LINE証券はLINE Financialと野村ホールディングスの合弁会社であるLINE証券が運営しています。

LINE上のミニアプリとして利用でき、1株から現物株やETFなどを売買できます。

時間外でも取引できるのが大きな特徴でして、サラリーマンが仕事が終わって、家に帰ってからも気軽に取引が可能です。

また、特に大人気なのが、割引価格で購入できるタイムセールです。

こちらは最大7%割引で株式を購入できるため、高い確率で利益を出せるキャンペーンになっています。

自分も定期的に参加して、そこそこの利益をゲットできました。

また、IPOは2回申し込みが必要な後期型システムを採用。

この所の様子を見ると、野村證券が主幹事を担当する銘柄が委託販売される流れになっています。

さらに詳しく知りたい人は実績も含めて、下記記事で紹介していますので、こちらをチェックしてください。

 

LINE証券におけるIPOの割当枚数は??

では早速、LINE証券におけるIPOの割当枚数を紹介します。

7月にLINE証券で取り扱ったIPOはコラントッテ、ラキール、アシロの3社。

個人にどれくらい配分したかというと…

コラントッテが16枚、ラキールが10枚、そしてアシロが一番多くて、36枚という結果でした。

委託販売という事を考えればまぁ妥当な水準といえますかね。

委託販売はauカブコム証券、コネクトが有名ではありますが、だいたい同じような数字です。

ただ、IPO投資家としてはもう少し期待していたというのが本音でしょう。

抽選割合は100%ではありますが、この枚数では当選確率は非常に低いと思います。

参加人数が分からないので詳しい数字はわかりませんが、1%以上ということは確実にないでしょう。

 

LINE証券の割当枚数を野村証券と比較

もう少し、突っ込んで見てみます。

野村證券とLINE証券の割当枚数を比較したいと思います。

野村證券の3社における割当枚数はこんな感じでした。

コラントッテで抽選に1,582枚、ラキールで985枚、アシロで、3,557枚が回っていました。

LINE証券の割当枚数をこの数字で割れば、野村證券とのおおよその比率がわかってきます。

  • コラントッテ → 16/1,582 = 1%
  • ラキール → 10/985 = 1%
  • アシロ → 36/3,557 = 1%

綺麗な数字が並びましたね!!

これで判明しました。

LINE証券では野村證券が抽選にまわす割当枚数の1%ほどが委託販売されるようです!!

この数字は大和証券とコネクトの関係とほぼ一緒になります。

 

今後もLINE証券でIPOに参加する価値はあるのか??

こうなってくると「LINE証券でIPOに参加する意味ないじゃん」と考える人もいるでしょう。

その気持ち、十分にわかります。

ただ、自分はケースバイケースじゃないかと感じました。

その理由は大きく分けて2つあります。

理由1:大型IPOの時は普通にチャンス

一つ目の理由は大型IPOの時は普通にチャンスだからです。

今回見てきた中で規模が最も大きかったのはアシロで、LINE証券に回った枚数は36枚でした。

でも、もしアシロの10倍ほどの大型IPOだったらどうでしょうか??

野村證券が主幹事だったら、その1%分が回ってくることになるので、LINE証券で委託販売される枚数は360枚ほどになります。

これって、小型IPOで言えば主幹事並みの枚数です。

こういう時は申し込みする価値は十分にあると思います。

理由2:タイムセールに参加できる場合がある

もう一つは、先ほど少し紹介したタイムセールが関わってきます。

実はタイムセールはあまりの人気から、条件に達した人しか参加できません。

その条件は色々と変わるのですが、なんと、IPOに申し込みして落選した人が対象になる場合があるんです。

実際、2021年10月のタイムセールに参加できるのは9月IPOの抽選に落選した人でした。

このタイムセールに参加できれば、数千円のリターンも十分に狙えます。

今後も同じような条件になるかはわかりませんが、タイムセールを期待して、IPOに参加するのも悪くないと思います。

 

まとめ

LINE証券ではあまり当選報告がなかったので、「割当が少ないんじゃないか」と色々と言われていましたが、実際は他の委託販売先とほとんど変わりませんでした

では、なぜ「コネクトではIPOの取扱が始まった時に、当選報告が異常に多かったのか」という疑問が生まれてくるかと思いますが、実はこの時、コネクトではマーケティングにそこまで力をいれていなかったんです。

つまり、口座開設者がそもそも少なかったんです。

一方、LINE証券はスタート直後からマーケティングに力を入れていたこともあり、IPOを取扱した時点では口座開設者が非常に多くいました。

IPOの参加者が少なければ、当然、当選確率は上がりますよね??

個人的にはこのあたりが理由なんではないかと感じています。

異論は認めますので、是非他の理由を思いついた方は共有していただけますと幸いです。

ちなみに自分は、今後も資金に余裕がある時はLINE証券からIPOに申し込みをしますよ♪

ABOUT ME
メカニック
30代の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

LINE証券を今すぐチェック
LINE証券を今すぐチェック