【PR】当ブログ限定キャンペーン!!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

投資型クラファン

【評判と口コミ】LSEED(エルシード)は儲かるの?? 他社と比較したメリット・デメリットまとめ

上場企業の株式会社ランドネットが新たにLSEED(エルシード)という不動産投資型クラウドファンディングを始めました。

今回はLSEED(エルシード)についてメリットやデメリットを徹底解説していきます。

投資を検討していて評判や口コミが気になっている方は是非参考にしてください。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

LSEED(エルシード)とは??

LSEED(エルシード)は中古投資用不動産を扱う株式会社ランドネットが2023年1月19日からスタートさせた不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

以前はランドネットファンディングというサービス名でしたが、こちらをリブランドさせた形です。

ランドネットは東京23区の中古ワンルームマンションを中心に投資物件の査定・売買・ 仲介を専門に行っている会社。

LSEED(エルシード)ではランドネットが取り扱っているマンションをファンド化しています。

マンション1室となると大きな金額が必要になりますが、クラウドファンディングの仕組みを利用することで小額から投資できます。

 

LSEED(エルシード)のスキーム

LSEED(エルシード)のスキームは上記の通り。

まずは投資家から出資金を募り、そのお金で不動産を取得します。

その後、入居者からの家賃収入、不動産を売却した時の売却益を投資家に分配。

出資額が多ければ多いほど、多くの配当が期待できます。

 

LSEED(エルシード)における投資の流れ

LSEED(エルシード)における投資の流れを簡単に紹介します。

  1. 会員登録
  2. 出資者登録
  3. 投資ファンドを選択
  4. 申し込み
  5. 入金
  6. 運用開始
  7. 配当金をゲット

この7ステップです。

投資家は入金した後は何もすることはありません。

配当日を待つだけですよ。

 

LSEED(エルシード)のメリット

LSEED(エルシード)のメリットをまとめました。

  1. 1万円から投資できる
  2. プロが厳選した案件に投資できる
  3. いつでも換金できる
  4. 優先劣後方式を採用
  5. 上場会社が運営

メリット1:1万円から不動産投資ができる

LSEED(エルシード)では1万円から不動産投資ができます。

国内のサービスでは1万円未満で不動産投資できるサービスはありませんので、国内最低水準のレベルです。

メリット2:プロが厳選した案件に投資できる

投資できる案件はランドネットが賃貸用として保有する物件の中でも、需要が高く資産価値が落ちにくい物件を厳選しています。

不動産投資は不動産選定が大きなウエイトを占め、この選定を誤ってしまうと上手く運用ができません。

プロお墨付きの案件しか用意されていないため、初心者でも失敗しにくい投資が可能です。

メリット3:いつでも換金できる

投資後も出資分を運営会社に譲渡することで換金することができます。

通常、不動産投資型クラウドファンディングでは投資後に換金することができず、運用期間終了まで資金が拘束されてしまいます。

LSEED(エルシード)なら資金が必要になったときに換金できるので、気持ちに余裕をもった投資が可能です。

ただし、ファンド継続に支障が出る場合は譲渡が断れる場合もあります。

メリット4:優先劣後方式を採用

不動産投資型クラウドファンディングでは一般的となっている優先劣後方式も採用しています。

出資時に運営会社も一定比率投資を行い、その範囲内の損失で収まる場合は、投資家の運用に影響はありません。

出資比率は最低10%と、ファンドごとに異なりますが、多ければ多いほど、投資家のリスクは低減されます。

メリット5:上場会社が運営

運営会社の株式会社ランドネットは上場済みです。

上場するには東京証券取引所の厳しい審査を通過しなくてはならず、四半期ごとに業績も開示しなければいけません。

信用度は非常に高いです。

 

LSEED(エルシード)のデメリット

LSEED(エルシード)のデメリットをまとめました。

  1. 利回りが低い
  2. 実績が乏しい

デメリット1:利回りが低い

LSEED(エルシード)の利回りは3%前後を予定しています。

この数字は不動産投資型クラウドファンディングの中では低い部類に入ります。

COZUCHIやレベチー、ヤマワケエステートは10%以上の利回りもあるため、こちらと比較すると見劣りします。

リターンとリスクは比例するので、LSEED(エルシード)は他のサービスよりもリスクは低いのかもしれませんが、他の不動産投資型クラウドファンディングでも元本割れの噂は聞きません。

デメリット2:実績が乏しい

運営会社の株式会社ランドネットはランドネットファンディングという不動産投資型クラウドファンディングを以前運営していました。

しかし、募集案件はわずか3社のみ。

LSEED(エルシード)はこのランドネットファンディングをリブランドしたものですので、実績は乏しいです。

 

LSEED(エルシード)のまとめ

では最後にLSEED(エルシード)についてまとめます。

要点まとめ
  • 1万円から出資可能
  • 優先劣後方式を採用
  • 利回りは3%前後
  • いつでも換金可能
  • 運営会社が上場している

上場企業が運営しており、1万円からプロが選定した案件に投資できるのは大きな魅力です。

ただ、利回りが低いため自分はちょっと気が進みません。

やはり利回りが10%を超えることもあるCOZUCHIやヤマワケエステートと比較すると見劣りします。

この2社も元本割れは起こしていませんし、個人的にはこちらをおすすめしますよ。

COZUCHIの公式サイト

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)
【神キャンペーン】Amazonギフト券2,000円が無料で貰える!!

最低1万円からネット経由で簡単に不動産投資できる COZUCHIで大盤振る舞いのキャンペーンを実施中です。

当ブログから口座開設するだけで2,000円分のAmazonギフト券が貰えます。

さらに初回投資額に応じて48,500円分が上乗せ!!

合計50,500円分です。

6/4から6/30までと期間は1ヶ月間しかありませんので興味のある方は急ぎましょう!!

COZUCHIのキャンペーンを今すぐチェック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です