【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

金融機関・サービス

【IPOルール】松井証券は神レベル!? 実績や抽選申し込み方法、やり方まで完全解説!!

ぶるぶる
ぶるぶる
松井証券ってIPOルールわかりにくくない??
メカニック
メカニック
途中で大幅に変更したからね。じゃあ今回は詳しく紹介していこうかな。

っということで、今回は松井証券のIPOルールのまとめを記載していきたいと思います。

後期型から前期型に変更したりと、直近では大きくIPOルールを大幅に変更した会社の一つです。

これから口座開設を検討している方は必見ですよ。

 

マネックス証券

松井証券のIPO詳細をスピードチェック

時間がない人向けに松井証券のIPOについてまとめました。

要点まとめ
  • 口座開設費・維持費は無料
  • 割当枚数の70%以上を平等抽選
  • 前受け金は不要
  • 入金はネットから可能
  • NISA口座でもIPOの買い付けが可能
  • 主幹事実績はなし
  • 取り扱い実績は年間10社ほど
  • 約定代金50万円までは手数料0円

松井証券は割当枚数の70%以上を平等抽選してくれます。

1,000株の割り当てがあったら700株は抽選で当選者を決めてくれるということです。

前期型で前受け金は不要。

お金がなくてもIPOの抽選に参加できます。

主幹事実績はありませんが、平幹事、委託販売などを合わせると年間で10社〜20社ほどの取り扱いが期待できる証券会社です。

松井証券を今すぐチェック

 

松井証券の当選実績

残念ながら自分は松井証券で当選したことがありません。

ただ、運が悪いだけでネット上には多くの当選報告が上がっています。

これはほんの一部です。

初値高騰が期待できるA級IPOに当選している方を多く発見しました。

もちろん、申込したからといってすぐに当選できるというわけではありませんが、申込続けて入れば当選の女神が舞い降りる可能性は十分にありますよ!!

松井証券を今すぐチェック

 

松井証券とは??

松井証券は日本で初めてインターネット取引を開始した証券会社です。

ネット証券の先駆け的な存在。

取引できる金融商品はIPO以外にも非常に多く、今流行りのロボアドバイザーも取り扱いがあります。

投信工房というサービスなんですが利用料が無料ということもあり、非常に高評価。

自分も利用しているんですが、そこそこの含み益となっています。

また、独自のクレジットカード、MATSUI SECURITIES CARD(マツイセキュリティーズカード)も発行していて、こちらを利用することで資金0円で投資信託の積立が可能です。

初心者はもちろん上級者まで幅広い層におすすめできます。

 

松井証券のIPO申込方法

IPOルールの前に申込方法から売却するまでの一連の流れを紹介します。

  1. 銘柄情報を確認
  2. 需要申告への参加
  3. 結果の確認
  4. 購入申込の手続き
  5. 入金する
  6. 購入
  7. 売却

松井証券IPOの取り扱いが確定したら申込期間をチェックしましょう。

上記のように銘柄ごとに記載されていますので、この期間内になる申込ができるようになります。

申込時には前受け金が必要ありません。

資金0円で誰でも申込が可能です。

申込期間が終わると抽選結果が発表されるので、ここで見事当選した人は購入申込期間内に購入することになります。

購入するにはその分の資金が必要になりますので入金してから購入申込に進みましょう。

ちなみに下記の銀行口座をお持ちならネットから一瞬で入金が完了します。

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • ジャンパンネット銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • auじぶん銀行
  • イオン銀行
  • スルガ銀行
  • 京都銀行
  • 関西みらい銀行
  • 福岡銀行

入金をして購入ができたら上場日まで待ちます。

最後に上場日以降に好きなタイミングで売却をして終了。

これが松井証券でIPOの申込から売却までの一連の流れになります。

操作方法については動画でも紹介されていますので、こちらを見て理解するようにしてください。

 

松井証券のIPOルール

では本題である松井証券のIPOルールを説明します。

松井証券では割当枚数の70%以上を抽選にまわします。

具体的な数字をだすと、もし2,000株の割当があったらそのうちの70%以上である1,400株以上を抽選にまわすという仕組み。

また、抽選方式は1人1票制、かつ機械的な平等抽選ですので、当選確率はみんな同じです。

つまり資金残高や取引実績など関係なく、運さえあれば誰でも当選できるチャンスがあるということになります。

ちなみにIPOルールは2019年に変更されました。

変更前と変更後につきましては下記記事で比較していますので、もし興味があったらこちらを一読してください。

 

松井証券のIPO取り扱い実績

松井証券のIPOにおける取り扱い実績をまとめました。

2015年 16社
2016年 11社
2017年 14社
2018年 9社
2019年 21社

例年10社前後といったところでしょうか。

ただ2019年は20社越えと非常に多くのIPOを取り扱いました。

その効果からか当選報告も多かったように感じます。

 

IPOキャンセル時のペナルティは??

IPOが当選したものの地合いの急変で購入をやめたくなるのは「IPOあるある」です。

いわゆる当選分のキャンセルというやつですね。

ただ、安心してください。

松井証券はキャンセルしてもペナルティなどは一切ありません。

なので、プラスリターンになるかどうか微妙なIPOでもとりあえず参加して、当選してから考えるという作戦もできるんです。

気軽に申込ができますよ。

 

まとめ

では最後にもう一度、松井証券のIPOについてまとめます。

要点まとめ
  • 口座開設費・維持費は無料
  • 割当枚数の70%以上を平等抽選
  • 前受け金は不要
  • 入金はネットから可能
  • NISA口座でもIPOの買い付けが可能
  • 主幹事実績はなし
  • 取り扱い実績は年間10社ほど
  • 約定代金50万円までは手数料0円

年間ではコンスタントにIPOの取り扱いがありますし、なんといっても資金不要で抽選に参加できるのは大きなメリットです。

しかも抽選割合が70%以上とかなり良心的。

大型IPOで幹事入りした時は当選確率が大幅にアップします。

先ほども言った通り、最近は当選報告をよく聞くようになりました。

IPOには必須の口座になりつつるあるので、まだ持っていない人は保有しておきましょう

松井証券を今すぐチェック

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック