【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

金融機関・サービス

【攻略法】PayPay資産運用は儲かると評判!? PayPayポイント運用の違いを比較してみた!!

PayPayの勢いが止まりません。

様々なミニアプリが展開されていますが、とうとう本格的な資産運用が可能になりました。

その名もPayPay資産運用。

すでにPayPayポイント運用というサービスを展開していますが、こちらとはまた異なる仕様となっています。

今回はPayPay資産運用の特徴から攻略法、PayPayポイント運用との違いまで徹底解説します。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

PayPayとは??

PayPayはQRコードを利用したキャッシュレス決済です。

実店舗はもちろん、多くのネットショップでも利用でき、支払額に応じてPayPayポイントが貯まります。

様々なお店でお得なキャンペーンを定期的に実施しており、特に人気のPayPayジャンボでは支払額の100%が還元される場合があります。

また、直近ではPayPayカードを作成することであと払いも可能になりました。

クーポンや保険、ファイナンス、テイクアウトなどのミニアプリも提供しています。

詳しくは下記記事にまとめていますので気になる方はこちらを一読してください。

 

PayPay資産運用とは??

PayPay資産運用はPayPayアプリ上で資産運用ができるミニアプリです。

キャッシュレス決済サービス上で有価証券の買付や売却が行える日本初のアプリになります。

PayPayにはすでにPayPayポイント運用という投資サービスがありますが、PayPay資産運用はPayPayマネーを利用した投資サービスです。

 

PayPay資産運用の始め方

PayPay資産運用の始め方をまとめました。

  1. PayPayをインストール
  2. 口座開設
  3. 商品を購入
  4. 売却

PayPay資産運用を利用するにはPayPayをインストールして、PayPay証券の口座開設が必要です。

ミニアプリ上からスムーズに口座開設できます。

eKYCを採用していますので書類のやりとりがなく、ネット上で完結します。

すでにPayPay証券の口座を保有している人は連携するだけですぐに取引可能です。

口座が準備できたら投資商品を購入します。

最低100円から1円単位での取引が可能です。

売却するとPayPay残高(PayPayマネー)にチャージされるので、すぐに買い物などに利用できます。

また、PayPay証券については下記記事で徹底解説していますので、気になる方はこちらを一読してください。

 

PayPay資産運用で取引できる商品

PayPay資産運用では下記の商品を売買できます。

  • スタンダードコース(SPDR S&P 500 ETF)
  • チャレンジコース(DIREXION S&P 500 3X)
  • テクノロジーコース(インベスコ QQQ)
  • 金コース(SPDR  ゴールド シェア)
  • ESGコース(iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト)
  • フラットキープコース(iシェアーズ 米国短期国債)

スタンダードコース

米国を代表とする500の大型企業に分散して運用するコースです。

複数銘柄にリスク分散して運用することができます。

チャレンジコース

スタンダードコースの値動きを3倍に増幅させたコースです。

リスクとリターンが3倍になります。

テクノロジーコース

ベンチャー企業向けの株式市場として有名なナスダックの市場で、代表的な100企業に分散して運用します。

金コース

金の国際価格と連動しているコースです。

ESGコース

今話題のESG(環境、社会、ガバナンス)の観点で優れた複数の銘柄に分散して投資するコースです。

フラットキープコース

銀行業などの安定性の高い社債を組み入れているコースです。

 

PayPay資産運用の攻略法

参考までにPayPay資産運用の攻略法を紹介します。

といっても、裏技的な攻略法は存在しません。

投資をする上での一般的な戦略となります。

攻略法1:小額をコツコツと積み立てる

投資初心者の方は買うタイミングを判断するのは難しいです。

よって、一度に多くのお金を投資するのではなく、複数に分けて一定額を投資することをおすすめします。

これはドルコスト平均法というもので、投資金額を一定にすることで、価格が低いときには購入量が多く、価格が高いときには購入量が少なくなり、平均購入単価を抑えることが可能です。

1ヶ月に1度など、自分で期間を決めて投資してみてください。

攻略法2:短期ではなく長期を意識する

PayPay資産運用は短期で利益を上げられる投資ではありません。

テクノロジーコースとチャレンジコースは比較的ボラリティが激しい金融商品ですが、それでも短期で10%動くのは稀です。

長期投資が基本ですので、日々の実績に一喜一憂せずに長い目で運用しましょう。

攻略法3:テクノロジーコースやチャレンジコースを選択

投資コースの中でハイリスク・ハイリターンの投資商品はテクノロジーコースと、チャレンジコースです。

特にチャレンジコースはスタンダードコースの3倍のレバレッジがかかっていますので、3倍変動します。

もちろん市場が好調な時は大きなリターンを期待できますが、逆にコロナショックなどが起こると暴落します。

 

PayPay資産運用とPayPayポイント運用の違い

  PayPay資産運用 PayPayポイント運用
投資金 PayPayマネー PayPayポイント
投資コース 6つ 3つ
口座開設 PayPay証券 不要
最低投資金額 100円〜 1P〜

PayPay資産運用とPayPayポイント運用の違いをまとめました。

大きく違うのは利用できる投資金です。

PayPay資産運用はPayPayマネー、PayPayポイント運用はPayPayポイントになります。

そして口座開設も必要です。

気軽に投資できるという面ではPayPayポイント運用に軍配が上がります。

ただし、PayPay資産運用では6つのコースから選択できるので、自分にあった投資商品を見つけられる可能性が高いです。

個人的にはPayPayポイント運用から初めて、慣れてきたらPayPay資産運用へ移行するというのがいい流れだと思います。

 

まとめ

では最後にPayPay資産運用についてまとめます。

要点まとめ
  • PayPayマネーで投資可能
  • 最低投資金額は100円から1円単位
  • PayPay証券に口座開設が必要
  • 6つのコースから選択可能

今まではPayPayポイントでしか資産運用ができませんでしたが、これからはPayPayマネーでの投資が可能となりました。

投資コースも充実していますし、最低100円からチャレンジできるので初心者でも始めやすいと思います。

PayPayポイント運用からステップアップしたい人にも最適なサービスでしょう。

また、今後は個別株の投資などさらに違った投資も可能になるかもしれません。

PayPay証券への口座開設が必要ですが、一度開設してしまえば次回からはミニアプリ上から簡単に投資が可能です。

興味のある方は是非始めてみてください!!

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)
【5,000円分全プレ】Fundsで200億円突破キャンペーンを実施中!!

1円から貸付投資ができるFunds(ファンズ)で200億円突破記念キャンペーンを実施しています。

新規口座開設後に対象案件に10万円投資すると…

5,000円分のアマギフが全員にプレゼントされます!!

投資案件は上場企業が中心で、信用力の高い企業しか扱っていません。

さらに優待がもらえるファンドも多く、自分は過去に大阪王将で利用できる割引券などをもらいました。

現在までに元本割れ、遅延は0件で、投資家は全員利益を得ています。

お得に始められる太っ腹なキャンペーンなのでこの機会を逃さないようにしましょう。

7/31までなのでお見逃しなくっ!!

Fundsを今すぐチェック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック