COZUCHIとタイアップキャンペーン!!

【先着1,000名】

COZUCHIへの投資家登録で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

日本郵政(6178)のIPO初値予想と幹事団

 

このページでは日本郵政(6178)初値予想と幹事団について記載していきます。

ついに、噂されていた日本郵政が新規承認された

吸収金額は約6,682億円と超大型のIPOとなる

市場は未定だがほぼ間違いなく東証1部に決まるだろう

時価総額は想定価格ベースでも6兆750億円となるため、その大きさがよくわかるのではないだろうか

上場日は11月4日と新規承認から2ヶ月後と異例の長さになる

申し込み期間も長く設定されていることも注目だ

 

主幹事は野村証券を筆頭に11社

平幹事まで合わせると60社以上になるためほぼ総力戦といえる布陣だ

抽選組は主幹事証券、さらにはネット証券であるSBI証券マネックス証券を筆頭に松井証券安藤証券も狙い目になるため、当選を目指すならば確実に準備をしておきたい

さらには三菱UFJモルガンスタンレー証券、岡三証券が主幹事となっているため委託幹事であるauカブコム証券岡三オンライン証券もしっかり用意しておこう

吸収金額が多いため初値が読みにくいIPOになるが、ここ数年では一番注目度が高いIPOとなるためかなり盛り上がりそうだ

 

【追記】

auカブコム証券で日本郵政、かんぽ生命、ゆうちょ銀行3社の取り扱いが確定しました!!

100%抽選で配分先を決めるので当選の期待度は高いと思われます

現在、当ブログと限定タイアップキャンペーンを実施していますので下記リンクからの口座開設で現金1,000円が貰えますのでこの機会に是非口座開設してくださいませ(2016/11月末まで)

auカブコム証券の口座開設はこちらから

auカブコム証券 タイアップ 2

 

 

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

IPO 日本郵政(6178)詳細


日本郵政 ロゴ

銘柄 日本郵政株式会社
事業内容 郵便・国内物流事業、国際物流事業
金融窓口事業、銀行業、生命保険業
を営む子会社の経営管理及びそれに付帯関連する事業
市場 東証1部 or 2部
上場日 11/4
コード 6178
公募 0株
売り出し
OA
495,000,000株
0株
吸収金額 約6,682,5億(想定価格ベース)
時価総額 約6兆750億(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 10/8~10/23
価格決定日 10/26
想定価格 1,350円
主幹事 野村證券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
ゴールドマンサックス証券
JPモルガン証券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
岡三証券
東海東京証券
幹事証券 いちよし証券
SMBCフレンド証券
藍澤証券
岩井コスモ証券
東洋証券
丸三証券
水戸証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
エイチ・エス証券
エース証券
極東証券
髙木証券
立花証券
ちばぎん証券
内藤証券
日本アジア証券
むさし証券
光世証券
リテラ・クレア証券
クレディ・スイス証券
ドイツ証券
バークレイズ証券
メリルリンチ日本証券
UBS証券
シティグループ証券
あかつき証券
安藤証券
今村証券
ウツミ屋証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
長野證券
中原証券
新潟証券
西日本TT証券
西村証券
日産センチュリー証券
ニュース証券
八十二証券
ばんせい証券
フィリップ証券
ふくおか証券
三木証券
三田証券
山和証券
豊証券
リーディング証券
委託幹事 auカブコム証券
GMOクリック証券(?)
岡三オンライン証券(?)
楽天証券(?)

 

 

 

IPO 日本郵政(6178)仮条件

 

1,100円 〜 1,400円

※仮条件決定後に更新

 

 

 

IPO 日本郵政(6178)公開価格

 

1,400円

※公開価格決定後に更新

 

 

 

IPO 日本郵政(6178)割当枚数

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
989,177枚
89,026枚
2
三菱UFJMS証券
989,177枚
98,917枚
1
ゴールドマン・サックス証券
229,810枚
-枚
JPモルガン証券
229,810枚
-枚
大和証券
386,100枚
57,915枚
3
みずほ証券
386,100枚
38,610枚
4
SMBC日興証券
386,100枚
38,610枚
4
岡三証券
56,628枚
5,662枚
8
東海東京証券
56,628枚
5,662枚
8
幹事 いちよし証券
33,660枚
3,366枚
10
SMBCフレンド証券
33,660枚
3,366枚
10
藍澤証券
17,424枚
1,742枚
10
岩井コスモ証券
17,424枚
1,742枚
10
東洋証券
17,424枚
1,742枚
10
丸三証券
17,424枚
12,197枚
6
水戸証券
17,424枚
-枚
マネックス証券
15,444枚
15,444枚
5
SBI証券
15,444枚
6,950枚
7
松井証券
7,524枚
5,267枚
9
エイチ・エス証券
4,752枚
475枚
11
エース証券
4,752枚
475枚
11
極東証券
4,752枚
-枚
高木証券
4,752枚
-枚
立花証券
4,752枚
475枚
11
ちばぎん証券
4,752枚
-枚
内藤証券
4,752枚
-枚
日本アジア証券
4,752枚
-枚
むさし証券
4,752枚
475枚
11
光世証券
1,584枚
-枚
リテラ・クレア証券
1,584枚
-枚
クレディ・スイス証券
1,584枚
-枚
ドイツ証券
1,584枚
-枚
バークレイズ証券
1,584枚
-枚
メリルリンチ日本証券
1,584枚
-枚
UBS証券
1,584枚
-枚
シティグループ証券
792枚
-枚
あかつき証券
198枚
-枚
安藤証券
198枚
198枚
12
今村証券
198枚
-枚
ウツミ屋証券
198枚
-枚
岡三にいがた証券
198枚
-枚
岡地証券
198枚
-枚
木村証券
198枚
-枚
共和証券
198枚
-枚
上光証券
198枚
-枚
長野証券
198枚
-枚
中原証券
198枚
-枚
新潟証券
198枚
-枚
西日本TT証券
198枚
-枚
西村証券
198枚
-枚
日産センチュリー証券
198枚
-枚
ニュース証券
198枚
-枚
八十二証券
198枚
-枚
ばんせい証券
198枚
-枚
フィリップ証券
198枚
-枚
ふくおか証券
198枚
-枚
三木証券
198枚
-枚
三田証券
198枚
-枚
山和証券
198枚
-枚
豊証券
198枚
-枚
リーディング証券
198枚
-枚
委託幹事 auカブコム証券
-枚
-枚
岡三オンライン証券
-枚
-枚
GMOクリック証券
-枚
-枚
楽天証券
-枚
-枚

抽選配分枚数はあくまで予想です

今回は個人投資家に広く配分している証券会社が多いのでいつも以上に抽選にまわした枚数が多いかもしれません

 

 

IPO 日本郵政(6178)抽選結果

 

  証券会社 抽選結果
主幹事 野村證券
当選
三菱UFJMS証券
当初当選
大和証券
補欠→落選
みずほ証券
当選
SMBC日興証券
補欠→落選
岡三証券
当選
東海東京証券
当選
幹事 いちよし証券
落選
SMBCフレンド証券
当選
岩井コスモ証券
落選
東洋証券
当選
丸三証券
当選
マネックス証券
補欠→落選
SBI証券
補欠→落選
松井証券
落選
エイチ・エス証券
当選
立花証券
補欠→落選
むさし証券
落選
安藤証券
落選
委託幹事 auカブコム証券
当選
岡三オンライン証券
落選
楽天証券
落選

 

 

 

IPO 日本郵政(6178)初値予想

 

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,300円 〜 1,600円

直感的初値予想の記事はこちら

 

【上場直前の独断と偏見初値予想】

1,450円

独断と偏見初値予想の記事はこちら

 

投票のお力添えをお願いいたします


 

 

IPO 日本郵政(6178)個人的評価

 

【総合評価】10/25

 

【スタンス】中立

 

【市場】
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

【吸収金額】
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

【業種】
5点=ネット系+特殊 4点=ネット系 3点=特殊 2点=旬な業種 1点=その他

【公募売出比】
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

【業績】
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

 

その他、日本郵政の初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

IPO マネックス証券 2
ABOUT ME
メカニック
30代の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック