パートナーエージェント(6181)のIPO新規承認!! 問題はBB期間か!?

10月第4弾のIPOが新規承認されました

最近CMなど頻繁に放送しているパートナーエージェント(6181)です(^ ^)

その効果もあってか、自分も社名をパッとみただけで”ピン”と来ましたので意外と知名度は高いんではないでしょうかね??

それでは、早速そんなIPOパートナーエージェントについて紹介させていただきます♪

スポンサーリンク

IPOパートナーエージェント(6181)の詳細

パートナーエージェント IPO ロゴ

銘柄 株式会社パートナーエージェント
事業内容結婚情報サービス
市場マザーズ
上場日10/27
コード6181
公募248,000株
売り出し
OA
328,000株
86,400株
吸収金額
7,68億(想定価格ベース)
時価総額
約37,0億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間10/9~10/16
価格決定日10/19
想定価格1,160円
主幹事SMBC日興証券
幹事証券SBI証券
SMBCフレンド証券
みずほ証券
松井証券
マネックス証券
委託幹事安藤証券(?)

吸収金額は約7,7億円でマザーズに上場予定の小型IPOです

業種は「結構情報サービス」ということでIPO的にはなんともいえないところでしょうかね(^^;;

規模的には大きなプラス要因になりそうですが、婚活支援サービスは現在いろんな会社が提供しているので業種はそんなに人気はでないかもしれません

ちなみにテレビCMには”某お笑いタレント”を起用していることもあり、インパクトはなかなかのものですww

今のところは単独上場ですのでスケジュールはいいんですが、問題なのは…

ブックビルディング期間です!!

もろにIPO日本郵政グループと被っているんですよね(^^;;

とりあえずは、パートナーエージェントにも全力でいくつもりなので、このままいくと日本郵政を申し込む証券会社が減ってしまいそうです

新規承認が出てきてくれたことは嬉しんですが、出来れば申し込み期間はズラしてほしかったです( ;  ; )

IPOパートナーエージェント(6181)の幹事団

続いて幹事団の紹介です

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SMBC日興証券
5,071枚
507枚
1
SBI証券
288枚
130枚
2
SMBCフレンド証券
172枚
17枚
5
みずほ証券
115枚
11枚
6
松井証券
57枚
40枚
4
マネックス証券
57枚
57枚
3
委託安藤証券(?)
-枚
-枚
-

主幹事は久しぶりのSMBC日興証券!!

しかも平幹事には抽選組に易しい ”SBI証券” 、 ”マネックス証券” も入っていますのでこれはテンションがあがりますね♪

さらに、マザーズ銘柄ではマーケットエンタープライズぶりでしょうか??

久しぶりに松井証券も幹事入りしているんです!!

マネックス証券松井証券100%抽選配分の証券会社が2社いますのでこれは期待せずにはいられません(^ ^)

吸収金額の割には想定価格が低価格ということもあり、抽選には600枚ほど配分されると思いますから当選が不可能な数字ではないと思います

積極的に狙っていきましょう♪

IPOパートナーエージェント(6181)のまとめ

とりあえずは、小型マザーズIPOということで需給面の有利さから当選すればある程度のリターンは見込めるIPOだと思います

幹事団もいいメンバーだと思うので抽選結果を確認するのが楽しみになりそうです(^ ^)

ただ、一番のネックは申し込み期間が日本郵政と被っているというところだと思います

資金が少ない方は “マザーズIPO” を取るか “国策IPO” をとるかという究極の選択をせまられることになってしまいました

この辺は自分の懐具合と相談しながらうまくBBするしかないですかね(^^;;

その他パートナーエージェントの最新情報はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

それにしても、マネックス証券は今回のパートナーエージェント、GMOメディア、さらには日本郵政グループと初値が期待できそうなIPOに次々と幹事入りしています

大手証券と違い、”100%抽選配分”のため資金量に関係なく当選を目指せますので、まだ口座をお持ちでない方はしっかりと準備してパートナーエージェントに挑戦しましょう(^ ^)

脅威の100%抽選配分!! IPO投資に必須のマネックス証券におけるIPO抽選ルールや幹事実績などを徹底紹介!!
IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) ...

口座開設はこちら→マネックス証券

IPO マネックス証券 2