その他投資

テーマキラー!の評判は?? 10万円投資してみてわかったメリット・デメリットのまとめ

SBI証券がまた面白そうなサービスを開始しました!!

サービス名はテーマキラー!

以前はS株NOW!という名前でしたが2018年の4月に現在の名称に変更となりました。

名前だけではどんなサービスなのか全くわからないという方も多いと思いますが、こちらはSBI証券での単元未満株の名称”S株”を利用して各テーマに投資ができるという新しい投資法になります。

今回はこのテーマキラー!に早速10万円投資してみましたので、メリット、デメリットから現在の運用実績までを当ブログで徹底紹介していきたいと思います。

現在テーマキラー!が気になっていて他の方の評判や口コミが気になっている方は是非参考にしてください。

テーマキラー!における管理人のパフォーマンス実績

「とにかく魅力的な投資なのか、早く知りたい!!」という方が多いと思いますので、まずは自分の運用実績から紹介したいと思います。

現在は人工知能の10万円コースに投資中です。

テーマキラー!における新年1発目の運用実績がこちら。

16,000円台の含み益となっています。

FRONTEOとロゼッタ、そしてブレインパッドがさらに値上がりしていますが、ソフトバンクグループがまだ大きく足を引っ張っています。

でもこの結果なら十分でしょう。

2019年はいいスタートがきれました 笑

2019年4月の運用実績

4月の運用実績がこちらです。

さらに伸びて、19,000円の利益です。(+22.58%)

引き続きブレインパッドが好調で、今まで足を引っ張っていたソフトバンクグループも大幅なプラスになっています。

FRONTEOやサイオス、テクノスジャパンがもう少し頑張ってくれればいいんですけどね。

とはいえ、十分すぎるパフォーマンスです!!

テーマキラー!を公式サイトでチェック

 

テーマキラー!とは??

テーマキラー!は簡単にいえばテーマを選ぶだけで複数の企業に簡単に投資ができるサービスです。

例えば、「今後AI関連の銘柄って上がると思うんだよな〜」と思っているとしましょう。

いざ、AI関連銘柄を購入しようと思ってもどんな会社がAI事業を手がけているのか、また有望な企業はどこなのか?? など調べなければわかりませんよね??

しかも会社によっては100株で数十万円くらいの購入資金が必要だったりするので、いくつもの銘柄を購入するには資金的にも大変です(^^;;

いざ、調べてAI関連の銘柄をいくつか購入しようと思ったら数百万円必要だったなんてこともあるかもしれません。

これではリスクが高すぎます。

こんな悩みを解決した商品がテーマキラー!です。

テーマキラー!はテーマを選ぶだけで、SBI証券が吟味した最適な10社を自動的にリストアップ!!

成長が期待できそうな10社に分散投資ができます(^ ^)

しかも、単元未満株(S株)を利用していますので資金も少なくて済むんです。

  • 10万円コース
  • 30万円コース
  • 50万円コース

この3つのコースから選択するだけ。

リスクを減らしたい方は10万円コース。

リスクをとって、大きなリターンをもとめたい方は50万円コースが向いています。

こんな感じで、テーマキラー!は投資テーマと投資金額を選ぶだけで簡単に投資ができますよ♪

 

テーマキラー!の手数料

テーマキラー!の手数料は0.5%(税抜き)です。

最低手数料は50円(税抜き)。

よって、もし10万円コースを選択して、10万円分の売買をしたら500円(手数料)ということですね。

この手数料に関しては人によって感じ方は違ってくると思いますが、個人的には0.5%の手数料を支払うだけで企業のリストアップしてくれるならば安いのではないかなと思います。

普通に株を売買しても手数料はかかるわけですし。

ちなみに金額だけでいえばこの0.5%という数字は業界最低水準の手数料とのことです(^ ^)

 

テーマキラー!で投資できるテーマ

テーマキラー!で投資できるテーマは下記の通りです。

  • リチウムイオン電池関連
  • 有機EL素材関連
  • インバウンド
  • 選挙関連
  • AIスピーカー
  • 電気自動車関連
  • 人工知能
  • 国際優良株
  • 半導体製造装置
  • eスポーツ
  • 5G
  • 防衛
  • ロボット
  • 宇宙開発
  • 人材
  • スポーツ
  • 設備投資
  • ブロックチェーン
  • アウトドア
  • スマホゲーム
  • フィンテック
  • 子育て支援
  • 情報セキュリティ
  • ビッグデータ
  • MR
  • IoT
  • VR
  • 自動運転車
  • アップル
  • 人材
  • 化学
  • 非鉄
  • 建設
  • 建設機械
  • 紙・パルプ
  • 民泊
  • 電気自動車関連
  • 鉄鋼

こんなにたくさんあります。

もちろん上記はほんの一部で毎月テーマが更新。

新たなテーマがどんどん増えていきます。

これだけあれば自分が気になるテーマが必ずみつかるはずです。

最先端が好きな自分としては人工知能とか有機EL、宇宙開発なんか気になります(^ ^)

 

テーマキラー!のメリット

ここからはテーマキラー!を実際に利用してみて、「ここはいいな〜」と感じたメリットを紹介していきます。

投資の時間を大幅に減らせる

テーマキラー!の紹介の時にも言いましたが、テーマキラー!はテーマを選択するだけであとはSBI証券が投資先を自動でリストアップしてくれるため、こちらは投資先の選定に時間を割く必要がありません。

これにより投資時間を大幅に短縮させることが可能です。

実質テーマを選択するだけなので、投資時間はゼロといっていいかもしれませんね(^ ^)

簡単に分散投資ができる

また、10社に投資することで分散投資ができるというのも大きなメリットです。

もし、1つの銘柄しか購入できなかった場合は、その銘柄に運用を左右させられることになります。

しかし、10社に投資すれば、1つの銘柄が下がったとしても、他の銘柄の株価が上がっていれば損失分をカバーできるんです(^ ^)

いくら成長が期待できる分野に投資をしていたとしても、それに関連した全ての会社の業績が上がっていくわけではありませんからね。

分散投資はすごく大事です。

最低10万円から始められる

また、上記でもいったとおり最低10万円からテーマに投資できるのは非常に魅力的です。

単元株で何社にも投資したら10万円で抑えるのはまず無理ですから、そう考えると投資のハードルをかなり下げることができます♪

ちなみにテーマキラー!は10万円、30万円、50万円の3コースから選択できますが、ピッタリで買い付けるわけではありません。

それぞれの金額は目安なので、10万円だったら9万円分買い付けると言うこともあります。

ここは頭にいれておいてください(^ ^)

NISA口座で買い付けが可能

さらにテーマキラー!はNISA口座での買い付けも可能です。

このNISA口座で購入すれば利益確定や分配金に対して非課税にすることができます。

節税というメリットも享受できるんです!!

長期保有するつもりで、SBI証券でNISA口座を開設している方はNISA口座で買い付けするのもいいかもしれません。

テーマキラー!を公式サイトでチェック

 

テーマキラー!のデメリット

デメリットを考えて見たんですが、正直これといったデメリットはありません。

強いて言えばある一つのテーマに対して投資していますので、そのテーマの市場が狭まったり、将来性がなくなった時は一気にダメージをうけることですかね。

例えば人工知能というテーマへ投資中、突然「これから人工知能の開発を世界的に中止します!!」なんてことがあったらそれはもう持ち株が大幅な損失になることは確定です。

一応、こういう可能性があるということは覚えておきましょう。

また、10:30〜15:30の間は注文ができませんので、ここも覚えておいてください。

いつでもテーマを購入できるわけではありません(^^;;

追記:企業から書類が大量に届く

単元未満株を保有していても、株式関係の書類は普通に届きます。

テーマキラー!では複数社に分散投資しているので、投資している企業の数だけ書類が送られてくるんです。

自分は現在人工知能関連の10社に投資しているので、結構大量の書類が届きました。。

ただ、企業の決算などが載っているので見るだけでも勉強になります。

書類の処分は多少手間かもしれませんがデメリットばかりでもありません。

投資先の業績を知ることは大事ですからね。

 

テーマキラー!の始め方

ここからはテーマキラー!の始め方を説明していきたいと思います。

自分が投資した時のキャプチャー画像を使いながら説明させていただきますね。

また、テーマキラー!はSBI証券の商品の一つなので、SBI証券の口座がなければ始めることができません。

まだ口座をお持ちでない方は始めに口座開設をしておいてください。

SBI証券の公式サイト

投資するテーマを決める

まずは投資テーマを決めて行きましょう。

テーマキラー!はSBI証券にログインし、”取引” → “テーマ投資” という順序で始めることができます。

下記画面がでてきたら”テーマ購入はこちら”というバナーをクリックしてください。

すると、投資できるテーマがずらりとでてきます(^ ^)

この中から好きなテーマを選択してください。

今回自分は”人工知能”を選択しました!!

投資金額を決める

テーマが決まったら投資金額の決定になります。

テーマキラー!では先ほど説明した通り…

  • 10万円
  • 30万円
  • 50万円

この3つの金額から選択が可能です。

今回自分は10万円を選択。

ポートフォリオはこんな感じでした。

  • ソフトバンクグループ
  • FRONTEO
  • NEC
  • NTTデータ
  • サイオステクノロジー
  • ブレインパッド
  • テクノスジャパン
  • データセクション
  • ロゼッタ
  • インテリジェントウェイブ

ソフトバンクとFRONTEOの比率がやや多めですね。

ちなみにこのポートフォリオは気に入らなければ自分でカスタマイズ可能です。

自分は今回はじめて投資することもあり、デフォルトのままにしてみましたよ♪

そして、最後に買い付け区分を選択します。

今回自分は特定口座を選択しました。

もしNISA口座で買い付けしたい場合は”NISA預かり”にチェックをいれてくださいね。

取引パスワードを入力して、”確認画面へ” をクリックすれば終了です。

これでテーマ投資が完了です♪

投資したテーマのパフォーマンスをチェックする

投資後は定期的に投資したテーマのパフォーマンスをチェックしていきましょう。

購入したテーマのパフォーマンスはログイン後の”口座管理” → “テーマ履歴” からチェック可能です。

こちらをクリックすると投資したテーマのパフォーマンスグラフが表示されます。

テーマごとの評価額から損益などをチェック可能です

また、上記のグラフをクリックすると銘柄ごとのパフォーマンスも見ることができますよ。

 

テーマキラー!で利益がでているテーマは??

テーマキラー!からランキングが発表されました。

テーマキラー!が始まってから1年の間に一番騰落率が高かった銘柄は…

ビッグデータでした!!

なんと144.97%という驚異的なパフォーマンスを残していたようです。

続いて民泊やAI、シェアリングエコノミー、キャッシュレス決済などどれも市場が拡大しているテーマばかり。

やはり、こういう旬なテーマにポジションを取っておくのが利益を出す一番の近道なのかもしれません。

 

テーマキラー!で人気のテーマは??

テーマキラー!で2017年10月〜2018年9月の間で人気だった銘柄は下記の通り。

  1. AI
  2. インバウンド
  3. 働き方改革

AI関連は様々なところで取り上げられていたので、その効果があったのかもしれませんね。

騰落率ランキングとテーマがあまり被っていないところが興味深いです。

 

テーマキラー!のまとめ

今回はテーマキラー!の詳細からメリット・デメリットを体験談を交えながら紹介してきました。

自分が感じた一番のメリットは興味があるテーマに低資金から簡単に投資できるという部分だです。

こちらがすることはテーマと金額を選ぶだけ。

あとはSBI証券が適切な会社を吟味してくれます。

またNISAで買い付けできるというのも嬉しいですよね♪

NISAで購入すれば値上がりして売却しても税金は一切かかりません。

今まではテーマに投資するといったら毎年手数料がかかる投資信託を購入するというのがスタンダードでしたが、これからはテーマキラー!のようなサービスが活発になってくると思います。

自分の感覚では線ではなく面で投資する新たな投資法じゃないかなと感じました。

投資初心者でも気軽にリスクを抑えた分散投資ができますので、気になる方は是非始めてみてください。

SBI証券に口座開設してテーマキラー!を始める

1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

今すぐ無料で口座開設

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

POSTED COMMENT

  1. ふみ投信 より:

    売却する時はなんか難しそうですがどうですか?売却手数料的なのも取られますか?

    • IPOメカニック より:

      s株nowの場合はS株の仕組みを利用しているので、売却する時はこちらの料金が適用されます。
      なので約定代金の0.54%(税込)ですね。[最低手数料は54円]
      売却注文するのは難しくないのですが、一つずつ売却しなければいけないので時間はかかるかもしれません。
      投資したテーマがたくさんあると、カオス的な状況になるかも。

      ここは全く自分でも気づかなかったところなのでご指摘いただきありがとうございました。
      そう考えるとFOLIOの方が売却時はとっても簡単ですね。

  2. マンネン より:

    分散している10社から個別に書類が大量に郵送されてくるということはないですか。

    • メカニック より:

      勿論、書類が大量に届きます。
      すいません、フォリオの方では書いていたのですが、こちらでは書き忘れていました。
      デメリットに追記しておきますね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。