IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
その他投資

トラノコとマメタスの違いを徹底比較!! どちらか迷ったら投資金額で判断しよう!!

おつり投資の2大巨頭といえば…

トラノコ

そしてマメタス

この2社で間違いありません。

おつり投資を始めようとしている人はこの2社にぶつかり、そして「どっちで資産運用はじめてみようかな??」と迷う人が多いと思います。

それぞれにメリット・デメリットがありますからね。

今回は実際に投資している自分がトラノコとマメタスの違いを様々な面から徹底比較していきたいと思います。

もしご存知ない方がいましたらトラノコについては下記記事を。

トラノコの評判や口コミは信じていいのか!? 実際におつり投資を始めてみました!!最近は新しい様々な資産運用方法がでてきています。 いわゆるフィンテックという分野ですね♪ その中でも手軽に始められるというこ...

マメタス(WealthNavi)については下記記事をご覧ください。

マメタスの評判って怪しいの!? WealthNaviが提供するおつりを利用した面白い資産運用サービスがスタート!! 日本でも有名になってきたロボアドバイザー投資ですが、どうやらその代表格であるWealthNaviが今までになかった新しい投資をス...

 

トラノコとマメタスの信用度を比較

まずは母体である運営会社の信用度から比較していきましょう。

マメタスはロボアドバイザーのWealthNaviを運営するウェルスナビ株式会社です。

設立は2015年4月。

未上場企業ではありますが、株主にはSMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、三菱UFJキャピタル、SBIホールディングスなどなど大手企業がずらり。

このような大手が将来性のない会社に投資するということはまずありえませんので、これだけの豪華メンバーがいる時点で信頼性の高い会社といえます。

次にトラノコですが、2016年8月に設立されたベンチャー企業のトラノテック株式会社が運営。

こちらも未上場企業になります。

株主にはセブン銀行、野村総合研究所、ニッセイキャピタルなどなどこちらも名の知れた企業が出資済みです。

両者ともに未上場企業ではありますが、お互い有名VCから資金調達できているということもあり、信用面ではあまり差がないように感じます。

ただ、自分としてはWealthNaviの株主の方がインパクトがあるような気がしますね。

 

トラノコとマメタスの手数料を比較

続いて手数料を比較していきましょう。

トラノコの手数料は300円(税込)の月額手数料、そして預ける純資産の年0.3%分(税抜き)の運用報酬となります。

もし、10万円を1年運用していたとしたら…

  • 300円 × 12ヶ月 =3,600円
  • 10万円 × 0.3% =300円

合計3,900円となります。

一方マメタスの手数料は純資産の1.0% + 税。

10万円投資した場合を計算すると1,080円となります。

マメタスの方が安くなることがわかりますね。

ただ、投資金額が少なければこのような結果になるのですが仮に50万円を投資していた場合は…

  • トラノコ・・・5,100円
  • マメタス・・・5,400円

このようにトラノコの方が安くなるんです。

もちろん投資金額が多くなればなるほどトラノコの方が手数料は安くなりますよ。

ここは重要なポイントなので覚えておいてください。

50万円未満の場合はマメタス、50万円以上の場合はトラノコと考えてもいいかもしれませんね。

 

マメタスとトラノコの最低投資金額を比較

最低投資金額にも差があります。

トラノコは最低投資金額は0円で初期費用はかかりません。

毎月のお釣り分が投資額として積み立てられていきます。

一方、マメタスは1万円の入金が必要です。

ただしたった1万円なのでこちらはあまり気にする必要はないかなと思います。

一応、頭にいれておきましょう。

 

マメタスとトラノコのおつり情報を取得する連携サービスの違い

おつり情報を取得するために利用する連携サービスも違います。

トラノコでは下記の3つから選択が可能です。

  • マネーフォワード
  • Zaim
  • マネーツリー

一方、マメタスは残念ながらマネーツリーのみ。

他の資産管理サービスには対応していません。

もし現在マネーフォワードを使っている方がマメタスを利用したい場合、新たにマネーツリーにも登録をしなければいけなくなるんです。

資産管理サービスって利用するときにクレジットカードや電子マネーの登録で膨大な時間がかかります。

そう考えると3社から選択できるトラノコの方が利用できる人は多いですね。

 

マメタスとトラノコの投資対象の違い

投資対象を見るとトラノコは国内と海外ETFに投資をしています。

また下記の3つの投資ファンドを選択することも可能。

  • 大トラ
  • 中トラ
  • 小トラ

ハイリスク・ハイリターンを目指す人は大トラ、ローリスク・ローリターンで堅く投資をしたい人は小トラといった感じで、ユーザーに合った投資を選択できます。

マメタスは海外ETFのみで、ファンドの選択はできません。

投資対象は2社の間で大きな違いがあります。

こうみるとトラノコの方が選択肢が広く魅力的に感じるかもしれませんがm投資初心者にとっては逆にどれを選んだらいいかわからなくなる可能性もあります。

そうなるとマメタスの方がわかりやすいんですよね。

これは投資する人の経験で変わってくるかもしれません。

 

まとめ:オススメはマメタス!!

今回は信用度、投資対象、最低投資金額、連携サービス、投資対象の5つのポイントを比較してきました。

個人的に重要なポイントは手数料連携サービスの2点かなと思っています。

特に手数料は投資金額によってパフォーマンスに大きく影響してきます。

投資金額が少ない方はマメタスのほうが断然お得です。

トラノコの場合は月額300円が大きな負担になり投資金額が少ないと高パフォーマンスになったとしても手数料負けしてしまいますので注意してくださいね。

一方、連携サービスはトラノコの方が充実しています。

マネーフォワードを利用している方はマメタスは利用できず、トラノコ一択ですよ。

悩んでいる方がいましたら今回比較してきたポイントを再確認して、どちらが向いているのかしっかりと判断してから投資してみてくださいね♪

でも総合的にみたらやっぱりマメタスの方がいいかなと思います。

ちなみにマメタスを始めるにはWealthNaviに口座開設が必要ですが、下記リンクからの口座開設で現金1,500円がプレゼントされます。(2018年10月31日まで)

1,500円のアドバンテージと大きいと思うので、よかったら利用してみてくださいませ♪

WealthNaviの公式サイト

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。