【全プレ】

LINE証券に口座開設で最大3株分の購入代金が貰えます!!

キャッシュレス

【口コミと使い方】Kyash Cardなら裏技で3重取りも!? 使って判明した5つのデメリット!!

ぶるぶる
ぶるぶる
Kyash Cardが新しくなったみたいだね!! お得って聞いたから作成しようと思うんだけどどうかな??
メカニック
メカニック
個人的には絶対に作成した方がいいと思うよ。

キャッシュレスアプリのKyashからとうとう本命カードの登場です!!

その名も「Kyash Card」。

アプリ名を冠したどストレートなネーミングがその存在感を際立たせています。

実はこのカード、クレジットカードと組み合わせることで爆発的な還元率を叩き出すんですが知っていましたか??

今回はKyash Cardを利用している自分が特徴からメリット・デメリット、さらにはKyash Card Liteとの違いまで徹底解説していきますよ。

ちなみに今回紹介するのはKyash Cardで、Kyash Card Liteではありません。

Liteの方を知りたい人は下記記事にまとめてありますのでこちらを一読ください。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

 

マネックス証券

目次

結論:Kyash Cardは絶対に作った方がいい

自分はKyash Cardを作ってよかったです。

良かった理由はこんなところ。

要点まとめ
  • 還元率を2%以上にできる
  • かっこ良くて所有欲を満たしてくれる
  • セキュリティレベルが高い
  • アプリで全て管理できる
  • タッチ決済ができる

なんといってもカードがとにかくカッコいいです!!

還元率も最大1%と文句なし!!

その上、クレジットカードからチャージすればクレジットポイントも付与されるのでポイントの2重取りが可能。

還元率2%は余裕で達成できます

個人的にはアプリから全て管理できて、落とした時でもすぐにロックがかけられるのも嬉しいところ。

タッチ決済、ICチップ搭載でカードスペックも非常に優秀です。

自分は今後のメインカードに決めました!!

日々の支払いを抑えたい人には最適なカードだと思いますよ。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

 

Kyash Cardとは??

Kyash Cardはチャージ型のプリペイドカードです。

ベンチャー企業のKyashが運営しているアプリである「Kyash」から発行ができます。

Kyashでは下記3タイプのプリペイドカードが作成でき、Kyash Cardはその最上位版です。

  • Kyash Virtual
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card

Kyash Virtualはネット上の買い物でしか利用できません。

Kyash CardとKyash Card Liteはネットだけでなく実店舗でも利用可能。

この二つは利用上限額や海外利用の可否などの違いがあります。

もちろん、Kyash Cardの方が使い勝手が良いです。

 

Kyash Cardの還元率

Kyash Cardのポイント還元率は1%です。

Kyash VirtualとKyash Card Liteは0.5%なので2倍も変わってきます。

月間の支払額ではなく、1回ごとの支払額に1%を乗じ、1P未満は切り捨てです。

そして、月間12万円を超える決済ご利用分についてはKyashポイントが付与されません

ポイントは売上が確定した後で付与されるため、おおよそ3日〜7日後に付与されます。

 

Kyash Cardにかかる手数料

Kyash Cardでかかる手数料は下記の通り。

発行費用900円
年会費0円

基本的に必要なのは発行費用の900円のみ

年会費は0円ですのでランニングコストは一切かかりません。

 

Kyash Cardの決済上限額

Kyash Cardの決済上限額は下記のように決められています。

1回の支払上限額30万円
月あたりの上限額100万円

特に気にする必要はないですが、超高額な買い物はできません。

美術品とか車とかは無理ですね 笑

とはいえプリペイドカードですがクレジットカードと比較しても遜色ないレベルです。

 

Kyash Cardを利用するまでの手順

自分がKyash Cardを利用するまでの手順はこんな感じでした。

  1. アプリをダウンロード
  2. アプリからKyash Cardを申込
  3. 郵送されるまで待つ
  4. Kyash Cardが到着
  5. アプリから有効化
  6. クレジットカードと紐づける

この6ステップです。

アプリは無料でダウンロードできます。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

もちろんiOS、Androidのどちらにも対応済み。

ダウンロードが完了したらアプリ上からKyash Cardを申込します。

すると現在の進展具合が確認できるようになるので、こちらが郵送済みになるまで待ちましょう。

アプリが手元に届いたら有効化することで使えるようになります。

ちなみに有効化するにはセキュリティコードを入力するだけ。

その後、お手持ちのクレジットカードと紐づければチャージも簡単にできるようになります。

 

Kyash Cardへチャージする方法

Kyash Cardはプリペイド型のカードなので先にチャージする必要があります。

チャージ方法は下記の4通りです。

  • 登録カードでのチャージ
  • コンビニチャージ
  • セブン銀行ATMチャージ
  • 銀行ATM(ペイジー)チャージ

方法1:登録カードでのチャージ

メインになるのが紐付けしたクレジットカードからのチャージです。

これが1番簡単でかつ、お得にチャージできます。

Kyash Cardで紐付けできるのはVISAとMastercardの2ブランドのみ

JCBやアメックスは登録できません。

方法2:コンビニチャージ

コンビニでチャージできます。

対応しているのは下記のコンビニです。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルK
  • サンクス
  • セイコーマート

アプリからコンビニチャージを選んで金額を入力します。

申請後にコンビニに行って支払いしてください。

方法3:セブン銀行ATMチャージ

セブンイレブンではコンビニチャージができませんが、セブン銀行ATMでチャージができます。

セブン銀行ATMで表示されるQRコードを読み取って、入金すればチャージが完了。

慣れれば簡単にできるようになります。

方法4:銀行ATM(ペイジー)チャージ

ペイジーを利用して銀行ATMからもチャージできます。

アプリから銀行ATM(ペイジー)チャージを選択して金額を入力。

その後、銀行ATMにいってお金を入金すれば完了です。

 

Kyash Cardのメリット8選

ぶるぶる
ぶるぶる
Kyash Cardのメリットを教えてーー!!
メカニック
メカニック
たくさんあるからしっかりと頭に叩き込んでね♪

Kyash Cardのメリットは大きく分けて8つあります。

メリット
  1. ポイントの3重取りができる
  2. 海外利用可能
  3. Apple PayとGoogle Payに対応
  4. タッチ決済できる
  5. セキュリティレベルが高い
  6. 利用通知がリアルタイム
  7. 上限額を自分で設定可能
  8. 3色から選べる

メリット1:クレカチャージならポイントの3重取りも可能!!

クレジットカードからKyash Cardにチャージするとクレジットカードのポイントも貯まります。

さらにTポイントや楽天ポイント、Pontaポイントの加盟店でポイントカードを提示すればそのポイントまでゲット。

つまり下記3つのポイントをゲットすることができるんです。

  • Kyashのポイント
  • クレジットカードポイント
  • 共通ポイント

高還元率のカードからチャージすれば還元率2.5%以上も狙えますよ♪

メリット2:海外でも利用可能

Kyash Card LiteとKyash Virtualが使えるのは国内のみですが、Kyash Cardは海外でも使えます

VISA加盟店なら国内、海外どこでも利用可能です。

メリット3:Apple PayとGoogle Payにも対応

Kyash CardはApple PayとGoogle Payの両方に対応済み

iPhone、Andoroidスマホどちらからでも簡単に支払うことができます。

どちらもQUICPay決済になるので支払う際は「QUICPayで」と言って支払いましょう。

メリット4:VISAのタッチ決済が可能

最近、クレジットカードでもタッチ決済が流行っています。

Kyash Cardでもタッチ決済に対応しており、電子マネーのようにかざすだけで支払いすることができます。

対応している店舗と対応していない店舗があり、上記のWiFi(?)のようなマークがあれば支払い可能です。

利用できるかどうかわからなければ店員さんに確認してみましょう。

ちなみに支払う際は「クレジットカードで」といって端末にかざせばオッケーです!!(自分の場合はこれで払えました。)

メリット5:セキュリティレベルが高い

Kyash Cardのカードフェイスを見ればわかると思いますが、カード番号が書かれていません。

カードの裏面に記載されているので他人に知られる可能性が極めて低いです。

さらにもし無くしたとしても、サポートに電話する必要はなく、アプリからすぐにロックをかけることもできます。

プリペイドカードの中でセキュリティレベルは国内トップクラスです。

メリット6:利用通知がリアルタイム

Kyash Cardを利用した時にリアルタイムで利用通知がきます。

これにより何かあった場合でもすぐに不正に気づくことが可能です。

メリット7:利用額の上限を自分で決められる

1回ごとの上限額が12万円、1月あたり100万円という上限額が決められていますがこの範囲内だったら自分で上限額を決められます

例えば一ヶ月に10万円までといった感じ。

使いすぎちゃう人でもしっかりとコントロールできますよ。

メリット8:3色から選べる

カードフェイスは3色から選べます。

  • ネイビー
  • シルバー
  • ピンク

男性はもちろん、ピンクがあるので女性でも抵抗なく利用できますね。

 

Kyash Cardのデメリット5選

ぶるぶる
ぶるぶる
Kyash Cardってメリットがたくさんあるんだね!! デメリットはどうなの!?
メカニック
メカニック
実はプリカなだけにデメリットも色々あるんだ。

自分が感じたKyash Cardのデメリットは下記の5つです。

デメリット
  1. チャージできるのはVISAとMasterのみ
  2. 発行に900円かかる
  3. 海外利用時は3%の手数料
  4. ポイント付与の上限額が決まっている
  5. 還元率が下がる可能性もある

デメリット1:チャージできるクレカはVISAとMastercardのみ

一番注意しなければいけないところはクレジットカードからのチャージです。

Kyash Cardでチャージできる国際ブランドはVISAとMastercardの2つだけ。

残念ながらJCBは非対応です。

もし、JCBしか保有していなければKyash Cardのポテンシャルを発揮させることができません。

他のクレジットカードの作成を検討しましょう。

デメリット2:発行手数料が900円かかる

Kyash Cardは発行手数料900円がかかります。

還元率は最大1%ですから、元をとるには最低でも90,000円利用しなければいけません。

あまりキャッシュレス決済を利用しない人だと、元をとるのにかなりの時間を要します。

自分にあっているかどうかはしっかりと見極めるようにしてください。

デメリット3:海外利用時は3%が加算される

Kyash Cardは海外でも利用できますが、海外で利用したときは利用時におけるVisaの定める為替レートを基準とし、円換算した金額に海外サービス手数料3%を加算して請求されます

つまり、残念ですが3%ほど高く買い物しなければいけません。

ポイント還元がありますがそれ以上の手数料が徴収されます。

海外で利用するのはできる限り控えたほうがいいかもしれません。

デメリット4:ポイント付与の月間上限額が決まっている

Kyash Cardのポイント還元は非常に魅力的ですがポイント付与されるのは月間で12万円まで

つまり月間にもらえるポイントは最高でも1,200Pです。

12万円を超えると魅力が一気になくなるので、翌月になるまでは他の方法で支払う方がお得だと思います。

デメリット5:還元率が大幅にダウンする可能性もある

ポイント付与は支払いごとに1%を乗じた金額で、かつ1P未満は切り捨てです。

この設定だと199円の支払いでは1Pしかポイントが付与されないため、還元率は0.5%ほどになってしまいます。

低額の支払いでは還元率が大幅にダウンする可能性もあるので注意してください。

 

Kyash Card LiteからKyash Cardに移行した際の注意点

自分のようにKyash Card LiteからKyash Cardに移行した人は注意点があります。

実はKyash Card Liteの時とカード番号が変わります

よって、それまでKyash Card Liteのカード番号で登録してある支払いはKyash Cardに移行した時点で無効になってしまうんです。

忘れずにKyash Cardのカード番号に変更しておくようにしてください。

これを忘れると後々大変なことになるかもしれないので、できるだけ早く変更しておくようにしましょう。

また、Kyash Card Liteは利用できなくなるのでこちらも合わせて破棄しておくことをオススメします。

 

Kyash Cardの登録にオススメのクレジットカード

Kyash Cardに登録するクレジットカードは非常に大事です。

理由は高還元率であればあるほどお得に買い物ができるから。

クレジットカードからチャージしなければKyash Cardのポテンシャルを発揮しているとはいえません!!

ということで、Kyash Cardと相性抜群のおすすめクレジットカードを3つ紹介します。

この中から選んでおけばまず間違いありませんよ!!

REXカードなら実質最大1.25%のキャッシュバック

まず紹介したいのは年会費無料の中で最大還元率を誇るREXカードです。

REXカードの特徴はなんといってもその還元率。

なんと最大1.25%もあるんです。

1万円Kyash Cardにチャージしたらそれだけで125円相当のポイントが貯まります。

もちろんKyash Cardを利用したら最大1%還元されるので合計還元率は最大2.25%に!!

ちなみにREXカードのポイントはJデポと言ってカードの利用額から割引されます。

つまり、実質的にはキャッシュバックです。

節約意識の高い人、ポイントを貯めていない人はREXカード一択ですよ。

リクルートカードなら最大1.2%のPontaポイントが貯まる!!

人気のリクルートカードもおすすめ。

その名の通り、リクルートが発行しているクレジットカードで利用額に対してリクルートポイントが貯まります。

リクルートポイントはPontaポイントと等価交換ができるので、Pontaポイントが貯まるという認識でもオッケーです。

このリクルートカードの凄いところは年会費無料にも関わらず還元率が最大1.2%になるところ。

もし10,000円の買い物をしたら120Pが貯まります。

それにKyashでも1%相当のポイントが貯まるので100円相当もゲット。

なんと最大還元率は2.2%になるんです。

Pontaポイントを貯めている人、還元率にこだわる人はリクルートカードを作成しましょう!!

楽天ユーザーは楽天カード

楽天ユーザーは楽天カードしかないですね!!

楽天カードなら還元率1%で楽天ポイントがザクザク貯まります。

Kyash Cardと合わせて最大還元率は2%です。

リクルートカード、REXカードと比較すると還元率は劣りますがポイントの使い勝手は抜群です。

最近は楽天ポイントで投資もできるようになりましたし、上手く運用できれば還元率をさらに高めることもできます。

 

Kyash Cardの評判や口コミ

Kyash Cardの口コミをネット上から収集しました。

こんな評判がありましたよ。

カードフェイスのシンプルさ、さらに高還元な点は高評価でした。

カード表面にうっすらとセキュリティコードが浮き出ている点を気にしている人を発見。

ただ、他のクレジットカードでも浮き出ているものもあるのでここはしょうがないかなと思います。

 

Kyash Cardのまとめ

では最後にもう一度Kyash Cardをおさらいしましょう。

要点まとめ
  • チャージ型のプリペイドカード
  • カードフェイスがかっこよくて色は3色
  • 還元率は最大1%
  • 発行費用は900円
  • クレジットカードチャージで2重取りも可
  • セキュリティレベルは高い
  • 上限額が決まっている
  • 海外利用も可能

還元率も高く、セキュリティレベルも申し分ありません。

個人的にはメインカードとして活用すれば発行費用の900円はすぐに元が取れるはずです。

さらにカードフェイスもシンプルでカッコいいですし所有欲も満たしてくれます。

節約意識が高い人は是非ゲットしてくださいね。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。