【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

キャッシュレス

【新旧比較】Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の評判や口コミは!? 審査やデメリットまとめ!!

ぶるぶる
ぶるぶる
Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)ってどう??
メカニック
メカニック
Amazonユーザーにとっては魅力的なカードだよ。

どうも、メカです。

今回はAmazonでお得に買い物ができるAmazon Mastercard(アマゾンマスターカード)についての特徴からメリット・デメリットを紹介したいと思います。

評判や口コミが気になる方は是非参考にしてください。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)を10秒で解説!!

まず、時間がない人のためにAmazon Mastercard(アマゾンマスターカード)を10秒で解説します。

要点まとめ
  • Amazonでの還元率が最大2%
  • コンビニでは最大1.5%還元
  • 年会費は無料
  • ETCカードの年会費も無料
  • 海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ショッピング補償は年間200万円まで
  • タッチ決済可能
  • ゴールドカードなし

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)は年会費無料で発行できるクレジットカードです。

アマゾンでの利用で最大2%、コンビニでの利用で最大1.5%、それ以外の利用で最大1%が還元されます。

カードデザインは2種類あり、プライム会員とそれ以外でカードの券面がかわります。

海外旅行傷害保険やショッピング補償が付帯しており、タッチ決済にも対応済み。

Amazonで多くの買い物をする方には必須のクレジットカードです。

ちなみに、JCB CARD Wならプライム会員以外でもAmazonの還元率が最大2%になります。

頻繁に利用しない39歳以下の人はこちらを作成した方がいいように思います。

今ならキャンペーンも実施しえちるので30%キャッシュバックされますよ。

 

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)とは??

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)はショッピングサイトの大手Amazonが2022年11月に発行を開始したクレジットカードです。

以前は「Amazon Mastercard クラシック」、「Amazon Mastercard ゴールド」と2つのカードを発行していましたが、これを新たにリニューアルさせ、誕生しました。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)には2つの種類が存在します。

  • Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)
  • Amazon Prime Mastercard(アマゾンプライムマスターカード)

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)はプライム会員以外、Amazon Prime Mastercard(アマゾンプライムマスターカード)はプライム会員に発行されます。

後ほど詳しく紹介しますが、この2つのカードにおける違いは還元率のみです。

 

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の年会費

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の年会費は無料です。

以前のカードでは年会費がかかりましたが、これが無くなりました。

ETCカード、家族カード(最大3枚まで)の発行も無料です。

 

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の付与ポイントと還元率

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)は利用することで、Amazonポイントが付与されます。

付与されるポイントは利用店舗によって変わります。

  • Amazon → 1.5% or 2.0%
  • コンビニ → 1.5%
  • それ以外 → 1.0%

Amazonでの還元率は最大2%です。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)は1.5%、Amazon Prime Mastercard(アマゾンマスターカード)は2.0%還元されます。

また、コンビニでの利用で1.5%還元(200円につき)されます。

対象となるコンビニはセブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンです。

それ以外の利用では1.0%です。

 

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)のメリット

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)のメリットを紹介していきます。

メリット1:年間費が無料

ランニングコストがかかりません。

年会費だけでなく、ETCカードも、家族カードも無料です。

特にETCカードの発行は有料のクレジットカードも多いので、この点は大きなメリットです。

メリット2:最大還元率2%!! コンビニでもお得!!

Amazonでの買い物は最大2%分のポイントが付与されます。

これは国内ではトップクラスの還元率です。

また、コンビニでも1.5%還元されます。

Amazonでよく買い物する人はポイントがザクザク貯まっていきます。

メリット3:補償も充実

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)では下記二つの補償が付帯されています。

  • 海外旅行傷害保険 → 最高2,000万円
  • ショッピング補償 → 年間200万まで

どちらも自動付帯ではなく、利用付帯となっているので、その点は注意しましょう。

メリット4:タッチ決済に対応

Mastercardのコンタクトレス決済に対応済みです。

会計時にクレジットカードをタッチするだけで支払いが完了します。

また、Apple Pay、Google Payにも対応していますので、スマホに取り込めばカードを持ち歩く必要はありません。

 

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)のデメリット

続いてデメリットや注意点をまとめました。

デメリット1:還元率が国内最高ではない

Amazonでの買い物は2%、コンビニでの買い物は1.5%、それ以外の買い物は1%と還元率は比較的優秀です。

ただ、JCB CARD Wをポイントアップ登録してAmazonで利用すると、最大2%還元されます。

1,000円につき4Pですので、利用額によってはポイントがつかないこともありますが、Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)と同様の還元率です。

プライム会員以外でも2%ですので、プライムに入会していない人にとってはこちらの方がお得になります。

さらに、Amazonでの買い物以外では1%より高いクレジットカードは国内に存在します。

リクルートカードは最大還元率1.2%ですので、還元率にこだわるならばこちらがオススメです。

JCB CARD Wは39歳以下でないと発行できません。

デメリット2:還元されるのはAmazonポイントのみ

他社のクレジットカードでは様々な共通ポイントや電子マネー、商品券に交換できる場合が多いですが、Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)で還元されるのはAmazonポイントのみです。

よって、Amazonで買い物する以外の使い道がありません。

 

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)と旧カードの違い

年会費やETCカード、家族カードの発行が無料になったのは大きな改善です。

しかし、最も残念なのはゴールドカードです。

今回のリニューアルに伴い、ゴールドカードが廃止されました。

今まで、ゴールドカードではAmazon Prime特典が無料付帯していましたが、これが無くなったのは大きな痛手です。

今後は別途登録が必要になりますので、注意してください。

また、2021年11月26日までにAmazon Mastercardゴールドの年会費を支払っている場合、利用中のAmazonプライム特典はAmazonプライム会員更新日まで継続して利用できます。

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)の審査は??

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)は即時審査され、最短でその日からAmazonでの買い物に利用できます。

正式なAmazon Mastercardが発行されるまでの間、Amazonでの買い物にすぐに利用できる、Amazonテンポラリーカードが即時発行されます。

即時審査サービスを利用できる条件は下記の通りです。

  • 受付時間 9時~19時
  • 満20歳以上の方
  • カードお申し込み時お支払い口座の設定ができる方

審査基準は開示されていません。

 

Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)のまとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ
  • Amazonでの還元率が最大2%
  • コンビニでは最大1.5%還元
  • 年会費は無料
  • ETCカードの年会費も無料
  • 海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ショッピング補償は年間200万円まで
  • タッチ決済可能
  • ゴールドカードなし

Amazonのヘビーユーザーにとっては魅力的なカードだと思います。

年会費無料で最大2%の還元は大きなメリットでしょう。

一方でAmazonで買い物しない人にとってはほぼメリットがありません。

還元されるのはAmazonポイントのみということで、Amazon以外での使い道は今の所ないからです。

また、JCB CARD Wならプライム会員以外でもAmazonの還元率が最大2%になります。

個人的にはこちらの方がAmazon以外でも多くの特典が受けられ、付与されるOkiDokiポイントは使い道も多用です。

今はキャンペーンも実施しているので、39歳以下の人はこちらを作成した方がいいように思います。

Amazonプライムギフトコード3ヶ月分、さらに30%キャッシュバックされるので、是非チェックしてください。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【超得】PayPayカードの作成利用で最大7,000円分がもらえる!!

PayPayカードが神キャンペーンを実施しています。

今なら新規カードの入会と利用で…

7,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされます。

入会で2,000P、3回利用で5,000Pです。

しかも、現在はPayPayをPayPayカードで支払うと還元率が1%上乗せされます。

PayPayユーザーには必須のカードですのでまだお持ちでない方は急いで申込しましょう!!

年会費は永年無料ですよ。

お得なキャンペーンですのでお見逃し無くっ!!

詳しいカードスペックを知りたい人は下記をどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック