【PR】当ブログ限定キャンペーン!!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

キャッシュレス

ANA Payチャージにおすすめの高還元クレカ5選!! Kyashとファミペイに変わる裏技も!?

どうも、メカです。

ポイントの2重取り、3重取りが可能なANA Pay。

還元率を大幅にアップさせることができるキャッシュレス手段と言うことで注目を浴びています。

そこで今回はANA Payにお得にチャージできるクレジットカードやキャッシュレスをまとめました。

是非、自分に合った方法でチャージしてください!!

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

ANA Payとは??

ANA Payは、航空会社であるANAが提供する事前チャージ式のキャッシュレス決済サービスです。

スタート時はiPhoneだけでしたが、Androidでもどちらでも利用できます。利用可能になりました。

  • iD
  • Visaのクレジットカード
  • コード払い

上記3つの決済方法を利用できますが、コード決済は2023年の11月から利用できなくなります。

実物カードはありませんので、実店舗で利用する場合はスマホでのタッチ決済を利用しましょう。

 

ANA Payにチャージできるクレジットカード

ANAにチャージできるクレジットカードは4ブランドです。

  • Visa
  • MasteCard
  • JCB
  • ダイナーズクラブ

アメックスは対応していませんので注意しましょう。

また、iPhoneに登録したクレジットカードやキャッシュレス決済からApple Payを通してもチャージが可能です。

ただしクレカから直接ANA Payにチャージした場合、クレカのポイントは付与されません。

残念ながら2重取りができないんです。

しかしクレジットカードから一度バンドルカードリアル+にチャージして、そこからANA Payにチャージすることで2重取りを実現できます。

下記からおすすめのカードを紹介しますがバンドルカードリアル+に一度チャージする必要があるので注意してください。

バンドルカードを保有していない人はアカウント登録時に下記コードを入力してチャージすると200円分が残高にチャージされます。

ANA Payには必須アプリですので是非ご利用ください。

招待コード:szkvzd

バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード

バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード

Kanmu, Inc.無料posted withアプリーチ

 

ANA Payへのチャージにおすすめのクレジットカード

では、チャージにおすすめのクレジットカードやキャッシュレス決済をまとめました。

おすすめ1:リクルートカード

年会費 永年無料
還元率 最大1.2%
付与ポイント リクルートポイント

1つ目はリクルートカードです。

年会費が無料かつ、月間利用額の1.2%分のリクルートポイントが付与されます。

リクルートポイントはdポイントとPontaポイントに相互交換が可能です。

ANA Payへのチャージもポイントが付与されるので、チャージしてから利用すると最大還元率は1.7%になります。

もし10,000円チャージしてから利用した場合、120PのリクルートポイントとANAマイルが50マイル貯まります。

年会費無料でとにかく還元率の高いカードが良い方、Pontaポイントとdポイントを貯めている人におすすめの1枚です。

リクルートカードについては下記記事で徹底解説しています。

おすすめ2:楽天カード

年会費 永年無料
還元率 最大1.0%
付与ポイント 楽天ポイント

二つ目は楽天カードです。

楽天カードは年会費は永年無料で、還元率は最大1%。

利用額100円ごとに1Pの楽天ポイントが付与されます。

楽天カードからANA Payにチャージしてから使うことで1%分の楽天ポイントと0.5%分のANAマイルを2重取りできるため、合計還元率は最大1.5%となります。

ちなみに楽天ポイント加盟店ならばポイントの3重取りも可能です。

楽天ポイントを貯めている楽天経済圏で暮らしている人は楽天カード一択でしょう。

おすすめ3:PayPayカード

年会費 永年無料
還元率 最大1.0%
付与ポイント PayPayポイント

PayPayユーザーはPayPayカードをおすすめします。

年会費は永年無料で100円利用ごとに1%分のPayPayポイントが付与されます。(2023年7月からは200円利用ごとに1%分のポイントが関連。)

ANA Payにチャージしてから利用することでPayPayポイントが最大1%、ANAマイルが最大.05%もらえるため、合計還元率は最大1.5%です。

PayPayポイントはPayPay利用時に1P=1円相当として利用でき、PayPay内の投資にも利用できます

PayPay利用者には最高の1枚です!!

詳しくは下記記事で徹底解説しています。

おすすめ4:エポスゴールドカード

4つ目はエポスゴールドカードです。

年会費は5,000円(税込)ですが、年間50万円以上利用することで翌年度以降の年会費は永年無料となります。

なんとか早めに50万円以上達成させるのが大事なポイントです。

200円利用ごとに1Pのエポスポイントが付与されますので、基本還元率は最大0.5%。

ただし、年間利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。

  • 50万円 → 2,500P
  • 100万円 → 10,000P

家族カードを作成していた場合はファミリーボーナスポイントももらえるので1,000Pが貰えるため、これも考慮すると還元率は最大1.6%です。

さらにエポスゴールドカードには”選べるポイントアップショップ”という特典があり、3つまで基本還元率を1%上乗せでき、還元率を1.5%にできます。

このショップにミクシィを選ぶと、キャッシュレス決済のMIXI Mのチャージへの還元率が1.5%となり、100万円利用時のボーナスポイントを含めると還元率が最大2.6%になるんです。

MIXI MからANA Payにチャージできるため、ANA Payの還元率を合わせると合計最大3.1%です!!

少し複雑ですので上級者向けの方法になります。

追記

残念ながらエポスゴールドカードのポイントアップショップからミクシィが除外されてしまいました。

還元率が1%低下してしまい、合計最大1.6%になります。

おすすめ5:ANAカード

ANAマイルを貯めているならANAカードを選びましょう。

ANAカードからチャージすればのチャージと利用の両方でANAマイルが貯まります。

カードの種類によってポイント付与率が異なり、1,000円チャージごとにもらえるマイルは下記の通り。

  • ANAカード (一般)→ 1マイル
  • ANAカード (ゴールド) → 6マイル
  • ANAカード (プレミアム) → 11マイル

グレードの高いカードほどザクザク貯まっていきます。

ただしANAカード(一般)の年会費は2,200円、ANAカード(ゴールド)は15,400円、ANAカード(プレミアム)は77,000円以上。

年会費を無料にできないので、わざわざ作成してまでチャージするメリットは少ないです。

現在保有している人向けのチャージ方法だと思います。

番外編1:Kyash

事前チャージ型のキャッシュレス決済であるKyashを利用することで還元率をさらに0.2%アップさせることが可能です。

KyashもANA Payにチャージができるため、間にこのKyashを挟む事でポイントの3重取りができます。

例えばリクルートカードからKyashにチャージし、KyashからANA Payにチャージすると最大還元率を1.9%にできます。

また、Kyashにはアメックスからチャージができるため、この方法を利用すると間接的に国際ブランドの変更が可能です。

追記

残念ながら2024年1月からKyashからANA Payへのチャージでポイント付与されなくなりましたので注意してください。

2024年3月21日からはチャージもできなくなります。

番外編2:ファミペイ

ファミペイを利用すると、さらに還元率をアップさせることが可能です。

ANA Pay、エポスゴールドカード、MIXI Mそしてトヨタウォレット、Suica、この6つを併用すると最大還元率が6.6%にアップします。

先ほど紹介したエポスゴールドカードとMIXI Mを使った方法でファミペイにチャージします。

そして、Apple Payに登録したファミペイからANA Payにチャージ。

ANA PAyからトヨタウォレットにチャージした後、Apple Payを通してモバイルSuicaにチャージすれば下準備完了。

あとはこのモバイルSuicaで電車に乗れば最大6.6%を達成できます。

かなり複雑ですがその分、メリットは大きいです。

超上級者は是非試してみてください。

追記

先ほども記載したようにエポスゴールドカードのポイントアップショップからミクシィが除外されてしまった影響で還元率が1%低下してしまい、合計最大5.6%になります。

さらにMIXI Mからファミペイへのチャージができなくなりました。

 

まとめ

では、最後にまとめます。

ANA Payも含めた合計還元率は下記の通り。

要点まとめ
  • リクルートカード → 最大1.7%
  • 楽天カード → 最大1.5%
  • PayPayカード → 最大1.5%
  • エポスゴールドカード → 最大1.6%
  • ANAカード → 最大1.6%

必ず上記カードからバンドルカードリアル+にチャージしてからANA Payにチャージするようにしましょう。

悩む人はまず自分がどんなポイントを貯めているかを優先して決めるようにしてください。

また、キャッシュレス界隈は常に改悪、改善が日々起こっています。

今回紹介した方法が使えなくなる可能性もあるので最新情報を常に取得するようにしてください。

何か変更があった場合はこの記事も修正していきます。

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)
【神キャンペーン】Amazonギフト券1,000円が無料で貰える!!

1万円から不動産投資ができるCREAL(クリアル)と当ブログでタイアップキャンペーンを実施中です。

なんと今なら投資家登録をするだけで1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント

さらに投資すると最大49,000円分が貰えます。

  • 新規投資家登録完了後に30万円以上の初回投資 1,100円分
  • 新規投資家登録完了後に100万円以上の初回投資 7,000円分
  • 新規投資家登録完了後に300万円以上の初回投資 26,000円分
  • 新規投資家登録完了後に500万円以上の初回投資 49,000円分

投資家登録分を合わせると最大50,000円分です。

是非この機会をお見逃しなくっ!!

CREALを今すぐチェック!!

ちなみに自分はCREAL(クリアル)で現在70万円ほどを投資しており、ほったらかしでも順調に利益がでています。

詳しく知りたい方は運用実績を含め下記記事で説明していますので是非一読してみてくださいね。

https://ipomechanic.com/2018/11/15/creal/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です