当ブログ一押しキャンペーン!!

【先着500名】

8/31までWARAHIBEに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

株式型クラウドファンディング

【考察】FUNDINNOであのOsidOri(オシドリ)が個人から資金調達!! プロ投資家に相乗り出資できるチャンス到来!!

どうも、株式投資型クラウドファンディング専門家のメカニックです。

最近は魅力的な企業を多く取り扱うようになったファンディーノですが、今回は過去トップクラスに知名度の高いベンチャーを取り扱うことが決まりました!!

なんとあの「OsidOri(オシドリ)」です。

PMFツールとして既に利用している方もいるかもしれません。

今回はOsidOri(オシドリ)のファイナンスの概要から特徴を詳しく紹介していきますね。

FUNDINNO(ファンディーノ)について知らない方は先に下記記事をチェックしてください。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

OsidOri(オシドリ)の要点まとめ

時間がない人向けにOsidOri(オシドリ)のファイナンスにおける要点をまとめました。

要点まとめ
  • 家族共有できる家計簿アプリ
  • 設立は2018年4月
  • 転換価額の上限が4.3億円
  • 目標金額は1,467万円
  • 新株予約権方式での募集
  • 有名なベンチャー企業
  • プロ投資家が出資済み
  • 2026年5月以降のIPOを目指す

OsidOri(オシドリ)は家族で共有できる家計簿アプリを運営しています。

今回はファンディーノで個人投資家から資金調達することを決めました。

目標金額は1,467万円、上限応募額5,850万円。

新株予約権方式での募集となり、転換価額(時価総額)の上限は約4.4億円です。

マイルストーンは2026年5月までに売上を26.7億円まで伸ばし、その後IPOによるイグジットを目指しています。

メディアにも度々取り上げられてる有名なベンチャー企業ということでかなり人気化しそうな雰囲気。

クリック合戦になるかもしれません!!

 

株式会社OsidOriってどんな会社??

株式会社OsidOriは家計簿アプリを提供している企業です。

家計簿アプリといえばマネーフォワードマネーツリーZaimなどがありますが、OsidOri(オシドリ)の特徴は家族で共有ができる点。

夫婦で共有する情報、自分だけに止めておきたい情報を分けることができるため、お互いのプライバシーを守りながら家族内での支出や資産などの情報を管理できます。

2,000を超える金融機関データを登録でき、自動で日々の支出や最新の資産状況を確認可能です。

2019年の9月にリリースし、現在までのインストール数は15万人!!

月間のアクティブユーザー数はすでに3万人を超えているとのこと。

他社よりも継続率が3倍高いのはすごいですね〜。

今後は資産の管理だけでなく、保険や融資、投資など家族の金融まわり全般をあつかうことを目指しているそうです。

もしOsidOri(オシドリ)についてさらに詳しく知りたい場合は下記記事にまとめていますのでこちらをチェックしてみてください。

株式会社OsidOriのビジネスモデル

ビジネスモデルはプレミアム課金と広告配信の二つです。

基本無料で利用できますが、有料プランに入ることで連携できる口座数が増え、過去データの閲覧が可能になります。

そして将来的にはFPやIFAへの送客、オンライン上で生命保険などの金融商品の販売でのマネタイズも予定しています。

株式会社OsidOriはどんな人??

株式会社OsidOriの社長は宮本敬史氏。

経歴は下記の通りです。

1979年大阪生まれ、グロービス経営大学院卒業

クレジットカード会社、電子マネー事業会社で決済ビジネスを経験。特にtoB向けのビジネスをメインに業務を行う

2010年に楽天に転籍後、電子マネー、カード、ポイント事業を兼務し、東北エリアの金融部門を統括

その後、FinTechコンサルティング会社の株式会社インフキュリオンに移り、銀行や通信キャリア、大手ベンダーのコンサル支援並びに、自社事業の新規企画から実行まで携わる

Biz、コンサル、PMから、法務、CSまで何でもこなすマルチプレイヤー

2018年株式会社OsidOriを設立し、代表取締役就任

モットーは早起きで6時始業を20年間続けている

クレカや電子マネーなどに従事し、フィンテックを知り尽くしたといっても過言ではない、素晴らしい実績ですね。

6時始業を20年続けている実行力にも脱帽です!!

 

株式会社OsidOriの募集金額と資金用途について

株式会社OsidOriの目標募集額は1,467万円。

上限募集額は5,850万円です。

株式投資型クラウドファンディングでは1億円までしか資金調達しかできませんので、中型規模ということになります。

投資家から調達した資金は下記の目的に充てる予定です。

  • 開発費(開発人件費)
  • 日本クラウドキャピタルへの手数料

実質、開発人件費の一本です!!

これだけのために資金調達をするのか??と疑問に感じる方もいると思いますが、実はOsidOriは今回の調達と同時にエンジェル投資家や事業会社からエクイティで、金融機関からはデットで、合計9,300万円を調達しています。

よってファンディーノで上限まで調達できれば1億5,000万円以上の資金調達になるということですね。

そして、これはプロ投資家とほぼ同じタイミングで相乗り投資ができるということでもあります。

ただ、目標金額に達しない場合は資金調達が失敗となり、申し込みをしたとしても株主になることができませんのでそこだけは注意してください。

 

株式会社OsidOriの業績

株式会社OsidOriの決前期決算期末(2020年5月31日)における純資産は16,885千円、売上は600千円。

直近試算表(2021年1月31日)における純資産は△4,810千円、売上は1,974千円で営業損失となっています。

 

株式会社OsidOriにおける現在のバリュエーション

続いて、株式会社OsidOriのバリュエーション(時価総額)を計算していきます。

新株予約権ですので案件情報からバリュエーションが計算できませんが、ほぼ同じ意味である転換上限価額が記載されており、こちらが約4.3億円です。

フィンテックはバリュエーションが高くなる傾向があるので、個人的には割高感は感じません。

しかも今回の調達は新株予約権ですからECF投資家はバリュエーションを先送りできます。

投資条件としては悪くないと感じました。

 

株式会社OsidOriに出資しているプロ投資家

株式会社OsidOriには出資しているプロ投資家が数多くいます。

  • 株式会社インフキュリオン・グループ
  • 京銀リース・キャピタル株式会社
  • ワールド・モード・ホールディングス株式会社
  • 株式会社グロービス
  • 株式会社SRI
  • 株式会社アドバン
  • MPE株式会社
  • 曽我 健

事業会社、ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家、ほぼ全域から出資を得ています!!

 

株式会社OsidOriにおける投資金額のコースと株数

株式会社OsidOriの投資は下記のコースが用意されています。

  • 90,000円コース(9個)
  • 180,000円コース(18個)
  • 270,000円コース(27個)
  • 360,000円コース(36個)
  • 450,000円コース(45個)

最低投資金額は9万円、最高は45万円です。

多くの金額を投資すればその分リターンは高くなりますが、リスクも高くなりますので注意してください。

未上場株は基本的に上場株のように流動性がありませんので売買ができません。

 

株式会社OsidOriのマイルストーン

株式会社OsidOriのマイルストーンは下記の通りです。

最終的に6年後のIPOを目指します。

※FUNDINNO公式サイトより引用

2021年に提携しているファイナンシャルプランナーのマッチングサービス、さらにPayPayと連携して家族間での送金サービスを提供していきます。

その後、自社で保険サービスの仲介を始め、家族カードの提供を計画。

2023年には生保、損保、送金、住宅ローンなど家族向けの総合金融サービスを提供し、2026年の5月以降にIPOを目指します。

IPO前の最終的な売上は26.7億円ほどを見込んでいるようです。

 

株式会社OsidOriがEXITしたらどのくらいの利益になるの??

株式会社OsidOriが計画通りにIPOしたらどのくらいの利益になるのかをざっくりと考えてみます。

現在の評価額は4.3億円です。

先ほども言ったようにフィンテック企業はバリュエーションが高くなりやすく、マネーフォワードの時価総額はすでに2,800億円。

上場時は売上15億で純損失は8億円でしたが、それでも時価総額は283億円。

初値は高騰し時価総額は一気に548億円まで上がりました。

この雰囲気だと、もしかしたら100倍を目指せるかもしれません。

少なくとも20倍は現実味がある数字かと思います。

ただし、マイルストーン通りにいかず、会社を清算したら元本が0円になる可能性が高いのでリスクとリターンの関係はしっかりと理解しましょう。

OsidOriに関しては投資家も利用できるので、プロダクトを試して、「応援したい企業か!?」を感じてみるのもいいかもしれませんね。

またリターンの計算方法は下記にまとめてありますのでこちらも参考になりましたら幸いです。

上記は仮に設定したものです。上場時にダウンサイズや上記よりも時価総額が低い場合はリターンが低くなる、もしくは損失を被る可能性があります。株式の希薄化についても考慮しておりませんのでご注意ください。

 

まとめと管理人の感想

最後に株式会社OsidOriの資金調達についてもう一度まとめます。

要点まとめ
  • 家族共有できる家計簿アプリ
  • 設立は2018年4月
  • 転換価額の上限が4.3億円
  • 目標金額は1,467万円
  • 新株予約権方式での募集
  • 有名なベンチャー企業
  • プロ投資家が出資済み
  • 2026年5月以降のIPOを目指す

結論からいうと、かなりの人気案件になると思います。

ユーザー数も順調に増えているようですし、他のPFMツールと差別化できている点も好印象。

しかもプロ投資家と同じタイミングで出資できるのはファンディーノでは初の試みではないでしょうか。

toCのサービスでECFとの相性も抜群ですから効率的な利用だと感じます。

また、海外ではユニコーン企業となったRevolutやMonzoもクラウドファンディングを利用して急成長しました。

もしかしたらOsidOriも同じような成長をしてくれるかもしれません。

自分はすでにアプリをインストール済みでしたので、もう一度使い込んでから出資するかどうかを検討したいと思います。

募集開始は2021年の5月9日の10時からです。

投資を検討している人は忘れずにチェックしてくださいませ。

もしかしたらサーバーがダウンするかもしれません 笑

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    この先人口減少や結婚しない人も多いなかサービス展開出来るのでしょうか?

    • メカニック より:

      平成22年のデータになるので少し古いですが、全世帯に占める子育て世代の割合は25%ほどです。
      子供のいない家族も含めればさらにあがります。
      これだけでもかなり大きなマーケットだと思いますがいかがでしょう。

  2. 匿名 より:

    ありがとうございます。海外にも展開するみたいなので、投資しようと思います。

    • メカニック より:

      自分も投資したいのですがHijojoが気になっており、ちょっと悩み中です。。

  3. 匿名 より:

    メカさんおはよーございます。分かりますよHijojoとても気になります。オシドリもう少しなのでスタンバイしてます。最低投資学でもうしこみます。

    • メカニック より:

      ですよね!!
      自分は泣く泣くスルーしました。
      それにしてもお金がいくらあってもたりませんね 笑

  4. 匿名 より:

    何とか投資出来ました。
    上場でもしてくれれば、投資額以上に戻ってくるのかな!?と思ってます。
    早く24日来てほしいです。

    • メカニック より:

      おめでとうございます!!
      すぐに満額まで行きましたね♪
      自分も24日が楽しみでなりません!!

  5. 匿名 より:

    ヒジョウジョウなかなか増えてないですね。
    クロスロケーションズがきになります。
    2023年IPOだったら凄いです。

    • メカニック より:

      Hijojoはマーケ周り何もやってないので集まり悪いですね。。
      自分もクロスロケーションズ気になってます。

  6. 匿名 より:

    クロスロケーションズ投資出来ました。
    18万くらいあるいは以上みんな投資してますよね?
    メカさんはどうでした?

    • メカニック より:

      返信遅くなりすいません。
      出資おめでとうございます!!
      自分は泣く泣くスルーしました。
      6月は色々と資金が必要なもので。。

  7. 匿名 より:

    Hijojoのトリラーはメカさんは出資されましたか?
    メカさんが出資されたら心強いです。

    • メカニック より:

      ひとまず入金は完了している状況です。
      ギリギリまで様子見をして成立しそうだったら出資しようかなと。
      現状、ちょっと厳しそうな印象ですよね。。

  8. 匿名 より:

    募集期間延長や上限は減らすことも考えられますね。なんで100万からなんですね?
    投資している人は私を含め多少余裕資金がある人ですね?

    • メカニック より:

      100万円からの理由はわかりませんが、もう少し資金を落とせば参加する人は増えるでしょうね。

      投資している人は多少どころか、かなり資金に余裕がある人だと思います 笑

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック