【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

上級者向け投資

【唖然】嘘だろ!? HiJoJoユニコーンファンドで投資した企業が僅か6か月で上場を発表!!

ぶるぶる
ぶるぶる
なんか、鼻息荒いけどどうしたの!?
メカニック
メカニック
これは冷静にいられないよ!!

非上場企業への投資を初めてもうすぐで4年が経ちます。

なかなか結果が出ませんでしたが、とうとうこの日がやってきました!!

なんと、出資先企業の上場が発表されたんです!!

しかもその企業に投資してからわずか半年!!

スピードイグジットです。

今回はどのサービスのどんな企業なのか詳しく紹介させていただきます!!

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

出資先の上場が発表された投資サービスは??

では早速、投資サービスを紹介させていただきます!!

その名はHiJoJoユニコーンファンドです!!

非上場企業への投資といったら株式投資型クラウドファンディングサービスを運営しているファンディーノやイークラウドが有名かもしれませんが、このHiJoJoユニコーンファンドは株式投資型クラウドファンディングではありません。

私募ファンドという投資商品になります。

大きな特徴はプレIPOラウンドでユニコーン企業に投資できる点。

ユニコーン企業は時価総額10億ドル以上の企業を指す言葉です。

2〜3年以内のIPOやM&Aなどのイグジットを見込めるステージですので、株式投資型クラウドファンディングで扱っているシード・アーリステージの企業と比較するとリスクは低くなります。

HiJoJoユニコーンファンドでは、そんなユニコーン企業1社で組成されたファンドに対して100万円から投資が可能です。

今までに募集した企業は下記の通り。

ただ、株式投資型クラウドファンディングとは違って、個人投資家が株式を保有していないため、株主総会には参加できません。

株式を保有しているのはHiJoJoユニコーンファンドがファンド毎に設立する合同会社です。

この企業に投資家が出資するスキームとなっていますので、この点は勘違いしないようにしてください。

また、利益が出た場合も雑所得となります。

少し難しい投資サービスなので概要はこの辺にして、詳しく知りたいという人は下記記事を読んでマスターするようにしてください。

 

上場が発表された銘柄とは!?

では、そんなHiJoJoユニコーンファンドでどの銘柄の上場が発表されたんでしょうか!?

発表したのは第一号案件だったTrillerファンドです。

募集終了したのは2021年の7月で、同年12月に上場を発表しました。

冒頭でも言った通り、たった6ヶ月でのスピードイグジットになります。

このTrillerファンドはTikTokのライバルとも言われている動画投稿SNSアプリのTrillerを運営する企業に投資するファンドです。

NASDAQ上場企業のSeaChange International(ティッカー:SEAC)と逆合併する形で上場が決まりました。

Trillerの上場を発表したTechCrunchの記事

記事によると合併後の時価総額は約50億ドルになると見られており、2022年第一四半期に取引が成立する見込みとのことです。

自分はこのTrillerファンドに100万円を投資しました。

自分も含めて投資家はわずか143人しかいなかったようで、この中の一人になれたことは非常に幸運です!!

まだ、どのくらいのリターンになるか、そもそも利益がでるのかも不明ですが、分かり次第このブログで紹介させていただきます!!

一応、上場が白紙になる可能性もゼロではないので、うまくいくことを祈るのみです!!

 

まとめ

HiJoJoユニコーンファンドがまさかこんなに早く結果を出してくるとは。

個人的な感覚では早ければ1年、遅くても2〜3年以内に1社ぐらいIPOがでてくるかなと。

まさか半年で発表されるとは夢にも思っていませんでした。

実はそもそもHiJoJoユニコーンファンドが出てきた時、「ユニコーン企業にプレIPOラウンドで投資できる?? そんな美味しい話があるのか??」と疑っていたんですよね。

とりあえず、なにか問題があってもネタになるかなと思って、初回のTrillerファンドに投資した経緯があります。

どうやら、この流れだと本当に「美味しい話」になりそうです 笑

もちろん今後も同じような結果が出せるかは神のみぞ知る話ではありますが、株式投資型クラウドファンディングよりも早く結果を出せたことは紛れまない事実。

非上場企業への投資というカテゴリー内ではECFなどと比較して、相対的にリスクが低いことは証明されたと思います。

まぁ、プレIPOラウンドでの投資ですからシードやアーリー期と比較すれば当然といえば当然なんですけどね。

最低投資金額が100万円と高めに設定されていますが、これがクリアできるならば検討すべき投資先だと思います。

2月には新規案件も予定しているとのことなので、興味がある方は今のうちに登録だけでもしておきましょう。

個人的にはこのまま結果を出しつづければ、募集企業が瞬間蒸発するような人気のサービスになると思っています!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

POSTED COMMENT

  1. warranty より:

    これは朗報!
    胡散臭くて手を出せなかったが、個人的にはfundinnoより信頼感アップです。
    リターンの続報記事を楽しみにしてます。
    リターン次第では、次回から争奪戦になりそうな悪寒…

    • メカニック より:

      やっぱりそう思いましたよね 笑
      リターンの記事、承知しました!!

  2. 匿名 より:

    マイナスも覚悟してますが、投資額がゼロにはならないですね?(笑)

  3. 匿名 より:

    ゼロはトリラネットのことです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

HiJoJoユニコーンファンドをチェック
HiJoJoユニコーンファンドをチェック