【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

ソーシャルレンディング

【真相】利回り不動産の評判や実力は本物か!? デメリットや手数料を完全解説!!

ぶるぶる
ぶるぶる
利回り不動産ってどんな投資なの??
メカニック
メカニック
じゃあ詳しく紹介するね。

こんにちは!! メカです。

過去にも不動産クラウドファンディングサービスはたくさん紹介してきましたが、またまた新しいサービスが出ました。

今回紹介するのは『利回り不動産』。

なんだか収益をすごく期待してみたくなる商品名ですよね。

ということで、今回は利回り不動産における特徴からメリット・デメリットまで徹底解説していきます。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

利回り不動産の要点

さて、まずは利回り不動産のポイントを簡単にまとめていきます。

時間がない方はここだけでも見ていってください!

要点まとめ
  • 不動産投資型クラウドファンディングサービス
  • 1万円からはじめられる
  • 利回りは6.5%程度
  • 投資額の1%を上限に「ワイズコイン」が付与される
  • 優先劣後出資方式を採用
  • 賃貸管理や運用の必要なし
  • 申込はオンラインで完結

結論を言うと、既存の不動産クラウドファンディングサービスよりも”少し良い”と感じます。

1万円からはじめられる点と、他サービスと比べて利回りが高い点、出資額の約1%程度もらえる自社コインの付与などがポイントです。

不動産クラウドファンディングサービスではお馴染みの優先劣後出資方式やマスターリース契約(満室保障)も採用されています。

『利回り不動産』と名付けられているだけに、利回りは他社と比較するとやや高めです。(他社では5%前後)

その影響からか投資家から人気があり、ファンドが募集されると申し込みが殺到。

選に当選しないと投資ができない状況が続いています

不動産投資に興味があるが、低額から始めてみたいという人にはオススメの投資サービスです。

また、現在は新規会員登録でワイズコイン2,000円分が必ずもらえます!!!

11/30までの期間限定なので是非この機会にチャレンジしましょう。

 

不動産クラウドファンディングとは??

様々な投資家から投資金を集めて、不動産投資をすることです。

特定の現物不動産を決まった期間で運用(賃貸・売買)し、得られた利益の一部を投資家に分配する新しい投資手法で、「不動産特定共同事業法」という電子取引認可を受けた事業者だけが提供できるサービスとなっています。

 

利回り不動産の運営会社とは?

利回り不動産は株式会社ワイズホールディングスというところが運営しています。

非上場企業ではあるものの、ホテル用地やレジデンスを中心とした不動産開発事業の実績があり資本金も1億円と運営母体は問題ありません。

株式会社ワイズホールディングスの会社概要は下記の通り。

会社名 株式会社ワイズホールディングス
所在地 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー33階
代表者 和泉 隆弘 / 萩 公男
設立 平成26年8月
資本金 1億円

 

利回り不動産のメリット

では、利回り不動産のメリットをまとめていきますね!!

メリット1:1万円から不動産投資が出来る

通常、不動産投資といえば数千万円〜数億円の借金をするのが普通です。

投資未経験の人が簡単に手を出せる金額ではありません。

一方、利回り不動産ならばたった1万円から不動産投資ができます。

不動産投資をローリスクで経験してみたい人には最適なサービスです。

メリット2:利回りが高め

利回り不動産におけるこれまでのファンドを見てみると利回りは6%前後です。

これは同業他社と比較すると高めです。

また、預金金利は0.01%未満が普通ですが、こちらと比較すると600倍も変わってきます。

ちなみにもし1%利回りが違えば、100万円投資した場合、年間で1万円ほどの差がでてきます。

利回りにこだわる事は投資において非常に大事です。

メリット3:投資分の1%程度がワイズコインで付与される

投資をする利回り不動産の独自ポイント『ワイズコイン』が貯まります。

投資額の1%程度付与されるコインで、1コインは1円分として利用可能。

貯まったコインは利回り不動産の投資で利用可能です。

つまり、2回目からの投資は前回投資分の1%分を回すことができます。

このワイズコイン、現在は利回り不動産の投資でしか使えませんが、将来的にこのワイズコインを育てていきたいような印象も感じます。

今後違った使い道も出てくるかもしれません。

ちなみにワイズコインは有効期限なし、譲渡や換金はできないのでここも覚えておきましょう。

また、キャンペーンなどで2%~3%付与されるケースもありますよ。

メリット4:優先劣後方式とマスターリース契約の採用

利回り不動産では一定割合の損失までは企業側が負担してくれる優先劣後方式、そして、投資物件運営管理を行う不動産会社が満室保障してくれるマスターリース契約が採用されています。

不動産投資型クラウドファンディングではかなりスタンダードになってきましたが、こちらは投資家のリスクを軽減してくれる非常にありがたい仕組みです。

しっかりと採用してくれている点は評価できます。

 

利回り不動産のデメリット

メリットの次はデメリットをまとめました。

デメリット1:運営会社は非上場企業

利回り不動産の運営会社は上場していません。

資本金は1億円以上ありますので、問題はありませんが、何かあった時の事を考えると運営母体の資金力は大きい方が安心です。

他社では上場会社が運営しているサービスもありますので、そちらと比較するとどうしえtも信用力は落ちます。

デメリット2:元本補償ではない

当たり前のことですが、利回り不動産は預金ではありませんので、元本は補償されていません。

今のところ運用中のファンドで問題はありませんが、事故発生のリスクはどんな投資にもありえることなので、余裕資金での投資をしましょう。

デメリット3:振込手数料がかかる

入金・出金時の振込手数料145円が投資家の負担です。

入金・出金を1回ずつすると合計290円。

仮に10,000円の投資なら約3%相当となりますので、バカにできません。

投資金が少額なほど利回りが低下してしまいます。

ただし、利回り不動産はGMOあおぞらネット銀行を使っているので、GMOあおぞらネット銀行ユーザーなら手数料は0円です。

事前に口座をつくっておくと手数料で損をすることはありません。

デメリット4:まだ完了しているファンドがない

新設のサービスということもあり、ファンド運営が完了し、分配された実績がありません。

ここは運用を重ねていく中で答えがわかってくるものなので、今後の動きを注視したいですね。

 

利回り不動産で投資するまでの流れ

利回り不動産での投資手順を簡単にまとめました。

基本はオンラインで完結です。

  1. WEBサイトの「会員登録」から会員登録
  2. 会員登録完了後に「ファンド一覧」から応募
  3. ファンド成立後に入金
  4. 運用⇒分配

会員登録をして、本人確認をすると投資が可能になります。

ファンド一覧から投資したいファンドを選択しましょう。

ただし、応募が多い場合は抽選となり、落選の可能性もあります。

もし落選したら他のファンドに再度申し込みをしましょう。

無事、投資が確定したら入金をし、運用が開始します。

その後、ファンド毎に決められた分配サイクルで分配金が支払いされます。

分配金は「雑所得」の対象で20.42%の源泉徴収がされます

 

利回り不動産のまとめ

では最後に利回り不動産についてまとめます。

要点まとめ
  • 不動産投資型クラウドファンディングサービス
  • 1万円からはじめられる
  • 利回りは6.5%程度
  • 投資額の1%を上限に「ワイズコイン」が付与される
  • 優先劣後出資方式を採用
  • 賃貸管理や運用の必要なし
  • 申込はオンラインで完結

案件利回りが良いのが魅力で、継続投資すればワイズコインも使って収益性を高めることができます。

1口1万円とハードルも低いので、不動産投資の入口としては非常にオススメです。

不動産クラウドファンディングサービスにありがちなのが、応募しようと思っても案件がそこまででてこないものもある中で、比較的ファンドの数は多い方かなという印象です。

ただし、人気のため、抽選になることは覚悟しましょう。

現在は不動産投資型クラウドファンディングサービスはどこも人気で投資しづらい状況が続いています

申し込み数は多くすればその分、当選しやすいので、口座数を増やす意味でも開設しておくことをおすすめします。

また、メルマガに登録すると新規公開の物件情報のお知らせはもちろん、キャンペーン情報のお知らせがなど最新情報をゲットできます。

利回りの良い物件はすぐに埋まってしまうので、こちらも合わせて登録しておきましょう。

11/30までは2,000円分のワイズコインが貰えるのでこちらもお見逃しなく!!

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    利回り不動産29号ファンド(沖縄県古宇利島VILLA PJ)に当選しましたが、応募しましたか?

  2. 匿名 より:

    やっぱりコヅチですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック