当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

米国株

【2021年1月】米国株が新年早々絶好調過ぎて怖い!! テスラが16倍の快挙を達成しました

ぶるぶる
ぶるぶる
2020年は米国株が調子良かったみたいだけど2021年はどんな感じ??
メカニック
メカニック
今年もいいスタートを切れてるよ!!

どうも、メカニックです。

2021年に入りましたが国内だけでなく海外も非常にマーケットが好調です。

コロナが収束するまでは高値圏で推移しそうな雰囲気が漂っています。

それもあり、2020年に引き続き今年に入ってからも投資している米国株は好調そのもの。

今回は2021年1月における米国株の運用実績を紹介していきたいと思います。

2020年の実績については下記にまとめていますのでこちらをどうぞ。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

米国株(アメリカ株)投資とは??

まずは米国株の簡単な説明からいきます。

すでに知っている人はこの項目は飛ばして次にいってくださいね。

米国株は読んで字の如く「米国市場に上場している企業の株式」のこと。

国内株式のアメリカバージョンだと思ってください。

当然、米国株投資で狙うのはキャピタルゲインやインカムゲインです。

国内株と大きく違う点は配当金がメインで株主優待を設けている企業はほとんどありません。

配当金を年に4回貰える企業も多いです。

日本だと東京証券取引所で株式の売買が行われますが、アメリカではニューヨーク証券取引所、ナスダックになります。

日本株とほぼ一緒で国内の証券会社から注文をだして購入することができますよ。

ちなみに米国市場の上場している有名な企業を上げると…

  • アルファベット(Google)
  • アップル
  • マイクロソフト
  • フェイスブック
  • ネットフリックス
  • ツイッター
  • アマゾン
  • スターバックス
  • ウォルトディズニー
  • コカ・コーラ
  • インテル
  • Uber
  • ウォルマート
  • エヌビディア
  • ビザ
  • マスターカード

などなど。

5,000社以上が上場しているんです。

一度は聞いたことがる、もしくは利用している人も多いと思います。

日本ではiPhoneを利用している人はたくさんいますし、コカコーラは至る所で売っていますよね。

米国株については下記記事で購入方法まで詳しく紹介していますので、気になる人は是非チェックしてください。

 

管理人が米国株を保有している証券会社

自分は下記の口座で米国株を購入して保有しています。

米国株を始めたきっかけはスマホ専用証券PayPay証券ですが最近のメインはSBI証券です。

PayPay証券で米国株が1,000円から購入できるという言葉につられて興味本位で購入したのがきっかけ。

そこからいつのまにかどんどんと保有株式が増えましたw

しばらくはスマホから簡単に売買できたのでPayPay証券をそのまま使っていたんですが、途中からメインで使っているSBI証券でも外国取引口座を開設し、今に至ります。

ただSBI証券はスマホからだと取引がやりにくいです。

スマホしか持っていない人はPayPay証券の方が操作しやすくオススメですよ。

この2社以外だとマネックス証券楽天証券DMM株の3社は手数料が安いのです。

これから米国株に手を出そうと考えている人はこの5社の中から選べば間違いないと思います。

2019年から一気に手数料が安くなったので、株価の安い銘柄も気楽に購入可能です。

 

【2021/1】管理人の米国株ポートフォリオ

では早速管理人が現在保有している米国株と株数を紹介します。

SBI証券での保有分

アマゾンドットコム 1株
アルファベット 1株
コストコホールセール 2株
マスターカード 3株
テスラ 5株
コカ・コーラ 1株
アルトリア・グループ 2株
ウォルト・ディズニー 3株

SBI証券における保有株の合計は38万9,861円。

ここ3ヶ月ほどは新規投資はしていません。

古参組はアマゾン、アルファベット、テスラの3社。

この3銘柄は購入してから3年前くらい経っていると思います。

購入してから一度も売却せずに長期ホールド中です!!

PayPay証券での保有分

アマゾンドットコム 0.00569株
VISA 5.31759株
ビヨン ド ミート 1.24146株
スターバックス 3.57449株
ショッピファイ 0.02781株

PayPay証券における投資元本の合計は14万4,434円です。

こちらも2020年からポートフォリオに変化はありません。

VISAが5株以上とかなり偏った構成になっていますが、気にしないでくださいww

SBI証券と合算すると投資元本は合計53万4,295円です!!

 

【2021/1】管理人における米国株の運用実績

では2021/1時点での含み損益を共有します。

今月はこうなりました。

アマゾンドットコム 248,728円
アルファベット 102,230円
コストコホールセール 37,045円
マスターカード 14,825円
VISA 9,588円
テスラ 428,916円
コカ・コーラ -926円
アルトリア・グループ -1,087円
ウォルト ディズニー 20,907円
ビヨン ド ミート 10,759円
スターバックス 7,978円
ショッピファイ 199円

合計含み益858,581円

ヤバイですww

とうとう80万円を超えました。

中身を見ると含み損の銘柄もありますが、ほとんどがプラス。

しかも大きくプラスになっている銘柄がいくつかあります。

特に突出しているのはテスラです。

投資額はたったの27,910円。

すでに16倍になりました。

テンバガーで喜んでいたらいつのまにかさらに上に行き、もしかしたら20倍になるかもしれません。

ちょっと気持ち悪いくらい上がっています。

そして、次点でアマゾン、グーグルと続きますね。

アマゾンは横横の展開が続いていますがグーグルが直近でちょっとジャンプしました。

ただこの3社は米国でも時価総額上位の企業ですから、ここから10倍以上になるということはかなり難しいと思っています。

 

今後購入しようと思っている銘柄は…

2020年にネットフリックスを購入したくなってきたと言いましたが、とうとう購入してしまいました。

ユーザー数は堅調に伸びていますし、今後日本でもテレビ以上の存在になる可能性を秘めています。

すでに時価総額はかなり高いですがまだ長期で見れば上を目指せるのではないかと。

来月にはこのネットフリックスの含み損益も紹介できると思います。

 

まとめ

2021年もひき続き米国株は絶好調です。

ちょっとここまで絶好調だと怖いですね。

特にテスラは期待値だけであげているような雰囲気も感じますので、暴落が起こる可能性は十分にあります。

ただ流石にここから含み損にはならないと思いますが。

ダウは以前として30,000ドル台をキープしており、直近では大きく下落することもありません。

警戒はしていますがもう少し買いのスタンスでいいのかなと思っています。

それにしても、なんだかわかりませんが株式って次から次へと欲しい銘柄が出てくるんですよね。

調子にのって買いすぎないように注意しますww

PayPay証券を今すぐチェック

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック