IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

IPOかんぽ生命保険(7181)の各社抽選配分結果のまとめ!! やっぱり大人気だったようです!!

 

 

先日はIPOゆうちょ銀行の各社における抽選配分枚数結果を紹介しました

 

IPOゆうちょ銀行(7182)の各社抽選配分結果のまとめ!! 一番当選しやすかった証券会社はどこだった?? 2015年に大賑わいとなった、日本郵政グループの上場!! 今回、各社における抽選配分枚数の結果がわかりましたので、...

 

今回は日本郵政グループの中でも一番利益がだせた、かんぽ生命保険(7181)の各社抽選配分結果を紹介したいと思います(^ ^)

 

 

 

 

IPOかんぽ生命保険(7181)の各社抽選配分枚数の結果

 

 

かんぽ生命保険 ロゴ
  証券会社 割当枚数 抽選配分枚数結果 当選人数 抽選割合
主幹事 野村證券
126,871枚
12,205枚
12,205人
9.6%
三菱UFJMS証券
127,716枚
16,553枚
16,553人
12.9%
大和証券
46,340枚
4,952枚
4,952人
10.6%
みずほ証券
49,138枚
5,460枚
5,460人
11.1%
SMBC日興証券
47,832枚
5,459枚
5,459人
11.4%
岡三証券
6,980枚
700枚
700人
10.0%
東海東京証券
5,698枚
570枚
570人
10.0%
幹事 いちよし証券
4,149枚
412枚
259人
9.9%
SMBCフレンド証券
3,950枚
880枚
880人
22.2%
藍澤証券
1,993枚
0枚
0人
0.0%
岩井コスモ証券
2,148枚
215枚
215人
10.0%
東洋証券
1,838枚
182枚
182人
9.9%
丸三証券
2,148枚
1,469枚
1,469人
68.3%
マネックス証券
1,901枚
1,901枚
1,901人
100.0%
SBI証券
1,820枚
836枚
781人
45.9%
松井証券
917枚
645枚
645人
70.3%
エイチ・エス証券
569枚
107枚
107人
18.8%
エース証券
587枚
64枚
64人
10.9%
高木証券
587枚
59枚
59人
10.0%
立花証券
586枚
586枚
586人
100.0%
むさし証券
571枚
58枚
58人
10.1%
安藤証券
25枚
25枚
25人
100.0%
委託幹事 カブドットコム証券
2,681枚
2,681枚
2,681人
100.0%
岡三オンライン証券
8枚
1枚
1人
12.5%
楽天証券
-枚
-枚
-人
-%

 

今回もゆうちょ銀行同様に主幹事、平幹事、委託幹事と幹事ごとに見ていきたいと思います(^ ^)

 

主幹事

 

まずは、主幹事ですが野村証券が相変わらず渋い割当となっています

 

この枚数なので当選者は多いですが9%台はいただけません(^^;;

 

一方、ゆうちょ銀行では抽選割合が極端に低かった三菱UFJモルガンスタンレー証券ですが、こちらは12%台を超える配分となりました

 

やはり、ゆうちょ銀行と比べると枚数が極端に少ないので全プレさせるにはこのくらいの割合にしなければいけなかったんでしょう(^ ^)

 

後は、大和証券が少し低い数字になっていますが、ほとんどいつも通りの割合という感じです

 

日本郵政グループの中では、一番枚数が少なかったIPOですがそれでも主幹事だけでものすごい枚数が抽選に回っていましたね

 

 

 

平幹事

 

平幹事は証券会社によって、強弱分かれているのがよくわかります

 

当選しやすかったのはやはり100%抽選配分であるマネックス証券ですが、それ以外になるとSBI証券、SMBCフレンド証券、丸三証券松井証券立花証券といったところでしょう

 

自分は当選できませんでしたが、上記の証券会社で当選できた方は多くいたはずです(^ ^)

 

また、エイチエス証券ではIPOポイントを使えば100%当選できましたので、ポイントを使った人は確実にゲットできたと思います

 

エイチエス証券のW当選は奇跡だった!? 日本郵政グループの抽選倍率が判明!! エイチエス証券における日本郵政、かんぽ生命保険、ゆうちょ銀行3社のIPO抽選倍率が判明しましたのでご紹介させていただきたいと思い...

 

意外な穴場だったと思いますね♪

 

他にはいちよし証券が複数配分しているところも注目でしょう

 

いちよし証券は枚数が多いと複数配分する傾向が強いのは知っていましたが、まさかかんぽ生命保険でも複数配分しているとは驚きました(^^;;

 

 

 

委託幹事

 

委託幹事はゆうちょ銀行以上に岡三オンライン証券カブドットコム証券で差がありました

 

岡三オンライン証券では僅か1枚ですがカブドットコム証券では2,681枚!!

 

単純に2,681倍の差があったことになります

 

しかも、カブドットコム証券は平幹事を入れてもトップの数字ですし、主幹事だった岡三証券と東海東京証券よりも多い配分でした!!

 

ゆうちょ銀行同様にかんぽ生命保険でもカブドットコム証券はかなり穴場だったようです(^ ^)

 

 

まとめ

 

 

自分は日本郵政グループの中ではかんぽ生命保険を一番評価していませんでしたが、結局は一番利益がでたIPOとなりました

 

裁量で配分された方は100枚以上はざらにいたと思いますので、そういう方は一撃数百万の利益だったでしょうね

 

羨ましい限りです(^^;;

 

また、一番結構評価が分かれていたような銘柄だったと思いますが思いますが、抽選割合を見てみると、どこも10%近くは抽選にまわしていますのでかなり人気化したIPOだったようです

 

ニュースなどでも、「一番ブックビルディングが積み上がっている」という情報がでていましたが、これをみる限り本当だったことがわかりますね(^ ^)

 

とりあえず、かんぽ生命保険は上記のような結果でしたので、自分が当選できた証券会社をチェックしていただければと思います。

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。