IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
2018年IPO

共和コーポレーション(6570)のIPO直感的初値予想!!

 

今回はBB期間が2018/03/01から始まる共和コーポレーション(6570)のIPO直感的初値予想をしていきます!

 

久しぶりの東証2部案件ですね。

 

なんとも言えないスペックですが、なんだかんだで参加する人が多いような印象を持っています。

 

もし、まだBBスタンスをどうしようか決めかねている人は参考にしてくださいませ。

 

 

共和コーポレーション(6570)のIPO仮条件

 

まずは共和コーポレーション(6570)の仮条件から紹介します。

 

【仮条件】

1,430円 〜 1,590円

 

お、これはちょっと予想と違いました。

 

想定価格は1,430円でしたので、160円の上ブレ。

 

なんと10%以上アップさせた強気設定です。

 

個人的には想定価格が上限になると思っていたのでちょっとびっくり。

 

意外と機関投資家の評価がよかったんでしょうかね??

 

それとも地合いの復調を考慮??

 

う~ん、ちょっとわかりません。

 

でも、評価が悪ければ上ブレすることはないと思うのでひとまずポジティブに受け取っておきましょう。

 

 

共和コーポレーション(6570)のIPO直感的初値予想

 

続いて本題である、共和コーポレーション(6570)IPO直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

 

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

 

1,400円 〜 1,900円

(公募比約0.9倍〜公募比約1.2倍)

 

共和コーポレーション(6570)のIPOスペック考察

 

では共和コーポレーション(6570)のスペックを考察していきます。

 

上場予定市場は東証2部です。

 

そして吸収金額は仮条件が上ブレしたので最大11.9億円

 

想定価格ベースでは約10.7億円でしたから約1億円ほどアップですね。

 

この規模ですと東証2部ではかなり小型規模になりますので需給面では多少有利になります。

 

ただ、残念ながら東証2部のIPOは初値高騰することが滅多にありません

 

自分が記憶しているところだと2015年に上場したランドコンピュータぐらいです。

 

基本的には公募価格前後での初値形成になってしまうんですよね。

 

しかも、業種に魅力があればまた変わってくると思いますが、共和コーポレーションはアミューズメント施設の運営ということでかなり時代遅れの分野。

 

流石にこれでは高パフォーマンスは難しいかなと思います。

 

地合い次第で多少伸びてくれることはあるかもしれませんがマイナス要素が目立つので、今回は公募価格の0.9倍〜1.2倍という無難の初値予想とさせていただきました。

 

メカニック

東証2部という時点で初値は期待できません。期待しすぎは禁物です。

 

 

共和コーポレーション(6570)のIPO業績

 

続いて共和コーポレーション(6570)の業績をご紹介です(^ ^)

 

【売り上げ】

 

【純利益】

 

売上はほぼ横ばいですが、純利益は直近の2期で大幅に増加しています。

 

純利益のグラフは良さそうに見えますが、売り上げは変わってないのでおそらく突発的なものでしょう。

 

多少厳し目に見たほうがいいと思います。

 

まぁ東証2部っぽい業績という感じですね。

 

 

共和コーポレーション(6570)のIPO初値予想アンケート途中結果

 

共和コーポレーション(6570)の初値予想アンケートの途中結果は下記の通りになります。

 


 

左下にある “View Results” をクリックしてもらえればチェック可能です。

 

また、投票していただいても結果が表示されますので、ご協力くださいますと幸いですm(_ _)m

 

 

共和コーポレーション(6570)のIPO各社割当枚数

 

続いて共和コーポレーション(6570)のIPO各社割当枚数の紹介です。

 

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 野村證券
5,850枚
527枚
1
幹事 みずほ証券
455枚
46枚
2
SMBC日興証券
65枚
7枚
4
SBI証券
65枚
30枚
3
八十二証券
65枚
0枚
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。また割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。。

 

かなり一極集中した配分なのがわかるかと思います。

 

ほぼ野村證券の一発勝負といっていいくらいです。

 

ここで落選したら望み薄になってしまいますね。

 

もしかしたら、みずほ証券SBI証券でひっかかるかもしれませんが、相当低い確率だと思います。

 

今回は幹事数も少なく最大でも4社からしかネット申込ができません。

 

抽選組みはかなり厳しい勝負になることは心得ておきましょう。

 

資金が潤沢にある場合は問題ありませんが、少ない資金でIPOに参戦している方は自分の資金と相談しながら上手く立ち回ってくださいね。

 

またIPOのブックビルディング期間が重なってきましたので、申込管理は無料で利用できるIPO手帳でチェックしていくのがオススメですよ。

 

メカニック

人気化するIPOではありませんが、この枚数では当選は難しいです。A級IPO並の当選確率になるかも。

 

 

共和コーポレーション(6570)のIPO最終BBスタンス

 

最後に共和コーポレーション(6570)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事 野村證券
落選
幹事 みずほ証券
落選
SMBC日興証券
落選
SBI証券
落選
八十二証券
ネット申込不可
委託 岡三オンライン証券(?)
落選
楽天証券(?)
落選
安藤証券(?)
落選
ライブスター証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
落選
松井証券(?)
落選

 

少し悩みましたが、強気で攻めることに決めました。

 

ただ、当選しても多くの利益が望めるわけではありませんのでテンションはかなり低め。

 

運よく当選してもそこまで喜べないかもしれません。

 

3月IPOの中では最も地味な銘柄といってもいいくらいなので、そこまで乗り気にならなければスルーでも問題ないかなと思います。

 

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます。

共和コーポレーション(6570)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ 共和コーポレーション(6570)のIPOが新規承認されました。 2018/3/19に上場予定で事業内容は"アミュー...

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングの評判が良いので実際に投資してみましたソーシャルレンディング事業社の中でも古参の一つであるSBIソーシャルレンディング。 ネット証券のSBI証券と同じ、SBIグ...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。