カブドットコム証券でメルカリMTGの取扱いが確定!!

最短即日で口座開設が可能です。

ロジザード(4391)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ

ロジザード(4391)のIPOが新規承認されました。

2018/07/04に上場予定で事業内容は”在庫管理システムのクラウドサービスによる提供“です。

このページではロジザード(4391)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきます。

スポンサーリンク

ロジザード(4391)のIPO詳細

銘柄 ロジザード株式会社
市場マザーズ
上場日2018/07/04
コード4391
公募400,000株
売り出し430,000株
OA124,500株
想定価格770円
吸収金額約7.3億(想定価格ベース)
時価総額
約23.6億(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2018/06/18~06/22
公開価格決定日2018/06/25

ロジザード(4391)ってどんな会社??

7月も順調にIPOがでてきています。

先に新規承認されていたMTGが第一弾かと思いきや、今回承認されたロジザードの方が先に上場することになりました。

さて、そんなロジザードですが在庫管理ジステム事業を運営している会社です。

ロジザードZAROというクラウド型のシステムを提供していて、こちらを利用することで倉庫内に管理されている商品の数を把握でき、業務を効率化することができます。

クラウドを利用しているのですべての情報がリアルタイムですぐに共有されるとのこと。

すでに導入実績は1,000現場以上と様々な企業で利用されています。

また、店舗型の在庫管理システムである”POSぴた”というサービスも提供しています。

こちらはiPhoneやバーコードスキャナを用いてデータを更新し、PCでデータを参照できるというものです。

ロジザードZAROとは違って小型店舗向けという感じですかね。

その他にもオムニチャネルエンジンの「ロジザードOCE」、倉庫紹介サービスの「ロジザード・マッチン」などなど、在庫管理に関わる様々なサービスを提供中。

会社自体は現在18期目にかかっており、売り上げは10億円越え、中国に100%子会社も展開していますよ。

ロジザード(4391)のIPOスペック

続いてロジザード(4391)のIPOスペックをチェックしていきましょう。

マザーズに上場予定で吸収金額は7.3億円です。

規模は問題なさそうですね。

10億円未満のマザーズIPOはかなり安心感があります。

業種もクラウドのシステム関連で投資家受けもそこそこいいと思うのでスペック的には申し分ありません。

今後、ネット販売などはさらに広がっていくと思うので需要はまだまだありそう。

実際、業績も右肩上がりでのびています!!

上場日も過密日程になりにくい7月という事でスケジュールも完璧。

正直、派手さは感じませんが大きなマイナス要素が見当たりませんのでプラスリターンを狙えるIPOだと思います。

ただ、想定価格が770円と低価格なのはちょっと残念。。

メカニック
株主にはVCも見当たりませんし、ロックアップもしっかりとかかっているので売り圧力も少なそうです。ちなみに大株主は東証1部のフューチャー。

ロジザード(4391)のIPO仮条件

800円 〜 900円

※仮条件決定後に更新

ロジザード(4391)のIPO公開価格

-円

※公開価格決定後に更新

ロジザード(4391)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてロジザード(4391)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
7,470枚
672枚
1
幹事SMBC日興証券
332枚
33枚
3
みずほ証券
160枚
16枚
4
SBI証券
166枚
75枚
2
岡三証券
166枚
16枚
4
委託岡三オンライン証券
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
目論見書に記載後に更新

幹事構成をみると特別変わったところはないかなと思います。

いつも通りのメンバーといったところでしょう。

そんな中、主幹事は野村證券

6月はスプリックスZUU、7月はMTGとこのところ絶好調です。

ここ最近はちょっと他の証券会社にお株を奪われていたように感じていましたが、ここにきて復活してきている印象をうけます。

ただ、残念ながらこの規模のIPOを野村證券で勝ち取るのは相当難しいです。

資金不要で申込できるので確実に押さえておきたい証券会社ではありますが、期待しすぎは禁物。

当選できたらラッキーぐらいの軽い気持ちで参加するのがいいと思います。

詳しいIPOルールは下記記事にまとめていますので、気になる方は一読してくださいね。

IPO投資には絶対必要! 野村證券のIPOルール、抽選方法やペナルティを徹底解説
野村證券は日本で一番有名な証券会社といっても過言ではないでしょう。 IPOの主幹事数が特に多く、年間の...

その他、副幹事のSMBC日興証券SBI証券あたりまでは押さえておきたいところ。

とりあえず全ての証券会社でネットから参加できますので、当選を目指す方は少しでも当選確率をアップさせるためにフル参戦しましょう。

また、参考情報として6年間の実績を元に当選しやすい証券会社を下記記事にまとめています。

【真実を暴露】6年の実体験を元にIPOが当選しやすい証券会社をランキング形式でまとめてみました
自分がIPOを始めたのは2012年から。 かれこれ6年ほどが経過しようとしています。 コツコツIPOに申...

IPOの当選確率をあげる基本的な方法は下記に書いてありますので、こちらも見ていただけると嬉しいです。

門外不出の方法も!? ここでもう一度IPOの当選確率をアップさせる方法を徹底的にまとめてみた
IPO全く当選しなくなりました。 いや、正確にはぼちぼち当たってはいるんですがいわゆるA級IPOといわれる大物がまった...

追記

岡三オンライン証券での委託販売が確定しました!!

資金不要で申込ができますので、忘れずに申し込みましょう♪

資金0円でも抽選に参加できる!? 岡三オンライン証券のIPOルールを徹底解説!!
最近、IPOに力を入れている証券会社の一つに岡三オンライン証券があります みんなが知っているメジャーな証券会社ではあり...

メカニック
枚数も枚数ですし、野村證券頼みといったところでしょうか。ネット組が当選するのは厳しそう。。

ロジザード(4391)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

続いてロジザード(4391)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
参加
幹事SMBC日興証券
参加
みずほ証券
参加
SBI証券
参加
岡三証券
参加
委託岡三オンライン証券
参加
松井証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
安藤証券(?)
参加予定
ライブスター証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
※承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

スペックは問題ありませんので、もちろん強気参加

想定価格が低価格なのでよくて10万円ちょっとの利益だと思いますが、今はIPOに当選するのは至難の技なので贅沢は言ってられませんからね!!

是非とも当選してほしい!!

地合が多少悪くなったとしても公募割れになる可能性は極めて低いので、基本は強気参加で問題ないと思います。

メカニック
サプライズ的な結果にはならないと思いますが、固いリターンが見込めるIPOでしょう。

ロジザード(4391)のIPO初値予想

ロジザード(4391)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,500円 〜 2,000円

直感的初値予想の記事はこちら

【最新版】ロジザード(4391)のIPO直感的初値予想!!
ロジザード(4391)の仮条件が決定しましたので、いつも通り直感的初値予想をしていきたいと思います。 さて、このロジザ...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。

ロジザード(4391)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

24/30

【スタンス】

強気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=特殊 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

この先のIPOに参加する準備はできていますか??[PR]

 

6月、7月とIPOが次々新規承認されています!!

 

そんな中、岡三オンライン証券がZUU、ログリー、SIG、国際紙パルプ商事、IPS、MTG、パデコ、ロジザード、マネジメントソリューションズと一気に9社の取扱を発表!!

 

 

今年はすでに15社以上の委託幹事をしており、急激にIPOに力を入れている感じが見受けられます♪

 

岡三オンライン証券は資金不要でIPOの抽選に参加できますので、必ず申し込みをしてくださいね♪

 

岡三オンライン証券 IPO前受金不要

 

ちなみにそんな岡三オンライン証券ですが、現在当ブログとタイアップキャンペーンを実施しており…

 

  • キャンペーンコードを入力
  • 下記リンクからの口座開設
  • 5万円以上入金

 

上記3つを満たすと…

 

現金3,000円がキャッシュバックされます!!

 

 

資金不要でIPOに参加できる上に現金3,000円まで貰えるという一石二鳥のタイミングなので、まだ口座をお持ちでない方は是非このお得な期間内に口座開設をしてくださいね♪(6月30日まで)

 

タイアップキャンペーンを使って口座開設する

 

スポンサーリンク