ネオモバがIPOの取り扱いを開始!!

IPO投資

【IPO新規上場】名南M&Aの評価は?? 東海地方で展開する好業績のコンサル企業!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ついに12月のIPOが新規承認されたぞ!! でもまさか一発目がセントレックス銘柄になるとは!?
メカニック
メカニック
でも、意外と悪くなさそうだよ。

どうも、メカニックです!!

名南M&A(7076)のIPOが新規承認されました。

2019/12/02に上場予定で事業内容は”M&Aの仲介・コンサルティング“です。

このページでは名南M&A(7076)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

結論:名南M&A(7076)のIPOはプラスになるかも!?

時間がない人向けに名南M&A(7076)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、IPOに当選して初値売りをすればプラスリターンになるかもしれません。

ただし注意も必要です。

ポイント
  • M&A事業を運営
  • 上場市場は名証セントレックス
  • 吸収金額は約8.1億円
  • 業績は右肩上がり。
  • ロックアップはがっちり
  • 主幹事は東海東京証券
  • 想定価格は1,610円

名南M&A(7076)はM&Aの仲介やコンサルを運営している会社です。

上場予定市場は名証セントレックスで吸収金額8.1億円と中型。

地方上場という点を考慮するとやや規模は大きめです。

マザーズやジャスダックへの上場なら小型なんですけどね。

M&A事業は今後も需要は拡大していくと思いますし、投資対象としては魅力的です。

それを体現するかのように業績は右肩上がりで伸びています。

スケジュールも問題なく、上位株主のロックアップもがっちり。

個人的には初値高騰は難しいまでも投資吟味はあると思っています。

そして、名南M&Aの当選を目指す場合は主幹事の東海東京証券が必須です。

中堅証券ということで大手と比較すると口座数が少なく、かなり狙い目。

必ず口座開設しておきましょう。

東海東京証券で当選を目指す

 

名南M&A(7076)のIPO詳細

銘柄名南M&A株式会社
市場名証セントレックス
上場日2019/12/02
コード7076
公募180,000株
売り出し260,000株
OA66,000株
想定価格1,610円
吸収金額約8.1億(想定価格ベース)
時価総額約21.2億(想定価格ベース)
株主優待なし
ブックビルディング期間2019/11/14~11/20
公開価格決定日2019/11/21

名南M&A(7076)ってどんな会社??

今回新規承認された名南M&Aは2014年に設立された愛知県名古屋市に本社を置く企業です。

設立から間もないですが、前身は2001年に設立された株式会社名南経営コンサルティングの企業情報部でした。

そこから分社化した形になるため、部門時代から考えれば18年の歴史があることになります。

現在の従業員数は27名で平均年間給与は約643万円です。

そして、名南M&Aの事業はM&Aの仲介とコンサルティングです。

事業概要図は下記の通り。

非常にシンプルなビジネスモデルで、名南M&Aが事業を譲渡したい経営者と買収したい経営者をつなぎ、そこから一定額の報酬をもらうという形です。

提携先から紹介してもらった場合は、紹介者に対して紹介料を払っています。

強みとなるのは属している明南コンサルティングネットワークの強固な営業基盤です。

東海地域に50年以上、中小企業を支援してきた実績と高い知名度、信用力を持っています。

現在のクライアント数は6,000社越え。

関係法人と連携しながらM&Aニーズの発掘を取り組んでいます。

ちなみにM&Aの成約数を見ると第4期は34件、今期はすでに35件です。

さらに件数は伸びていきそうですね。

名南M&A(7076)のIPOスペック

続いて名南M&A(7076)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,610円。

上場予定市場は名証セントレックスで吸収金額は約8.1億円となっています。

名南M&A(7076)のIPOにおけるマイナス要素

初めに名南M&A(7076)のマイナス要素をチェックしていきたいと思います。

やはりなんといっても気になるのは市場ですね。

名南M&Aが上場するのは名証セントレックスです。

地方上場だとマザーズやジャスダックと比較するとどうしてもパフォーマンスが落ちてしまいます。

注目度ががくっと下がってしまうんです。

しかも吸収金額が8億円とそこそこのサイズなので需給面でもやや厳しい印象を受けます。

あとは全体的に地味なところもちょっと残念。

せめて社名だけでもかっこよさげならよかったんですが。。

名南M&A(7076)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素にいきます。

需要が拡大しているM&A事業を運営しているのは評価できます。

後継者問題、さらには大手がなかなか新規事業に手をだせない中で、今後もM&Aの重要性は増していくと思われます。

業績も右肩上がりで伸びていて、特に今期の純利益は急伸。

まだまだ成長の余地はありそうです。

ロックアップもがっちりかかっていますし、上場後にも大きな売り圧力はしばらくありません。

ハイスペックとは言えませんが、地合いがよければプラスリターンも狙えるIPOだと思います。

ぶるぶる
ぶるぶる
地味な企業なのに業績の伸びがすごいね!! ちょっと期待できるかも。
メカニック
メカニック
これで市場がマザーズだったら初値高騰は間違いなしだったね。

 

名南M&A(7076)のIPO仮条件

1,720円 〜 2,000円

※仮条件決定後に更新

 

名南M&A(7076)のIPO公開価格

2,000円

上限で決定しました。

 

名南M&A(7076)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

名南M&A(7076)のIPO割当枚数と当選期待度

続いて名南M&A(7076)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事東海東京証券
3,960枚
396枚
1
幹事みずほ証券
132枚
14枚
3
SBI証券
132枚
56枚
2
エース証券
132枚
0枚
岡三証券
44枚
5枚
4
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

名南M&A(7076)の主幹事

名南M&Aの主幹事は東海東京証券です!!

名南M&Aは愛知の企業ですので、地元企業の上場をしっかりとサポートしてきた印象を受けますね。

上記の通り、割当枚数はダントツに多いので当選を目指す人は最優先で申込しましょう。

ちなみに自分は東海東京証券とは相性が良くて、過去にグレイステクノロジーというA級IPOが当選したこともあります。

その時は一撃40万円の利益をゲットできました!!

中堅証券ということもあり、大手証券よりも口座数は全然少ないです。

ネットからの申込でも当選のチャンスはあると思いますよ。

東海東京証券で当選を目指す

その他狙い目の証券会社

続いて平幹事をチェック。

幹事は全部で5社と少数精鋭の構成です。

エース証券以外はネットからIPOに参加できます。

狙い目になるのはネット証券のSBI証券ですかね。

割当枚数はみずほ証券やエース証券と同じですが、抽選割合が高いため当選確率が高くなりますよ。

その上、SBI証券は落選したとしてもIPOチャレンジポイントがもらえます。

1Pはうまく使えば1,000円ほどの価値がありますので、確実にゲットしましょう。

貯めれば貯めるほどIPOの当選に近づきます!!

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングも人気が高まっています。

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

ぶるぶる
ぶるぶる
枚数は多くないけど東海東京証券なら期待できるね。
メカニック
メカニック
ワンチャンはあると思うよ。

 

名南M&A(7076)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

名南M&A(7076)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事東海東京証券
参加
幹事みずほ証券
参加
SBI証券
参加
エース証券
ネット申込不可
岡三証券
参加
委託岡三オンライン証券(?)
参加予定
松井証券(?)
参加予定
安藤証券(?)
参加予定
楽天証券(?)
参加予定
ライブスター証券(?)
参加予定
GMOクリック証券(?)
参加予定
DMM株(?)
参加予定

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

上記の通り、フルエントリーとしました。

地方上場と吸収金額の二つが気になりますが、それほど悪い銘柄ではないと思っています。

M&A関連は高収益ですし、業績もいいですからね。

仮条件後に最終的なスタンスを決めますが、大幅に下ブレしない限りは参加します。

意外と健闘してくれそうな気がするようなしないような 笑

 

名南M&A(7076)のIPO初値予想

名南M&A(7076)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,000円 〜 2,600円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

名南M&A(7076)のIPO個人的評価

【総合評価】
19/35

【スタンス】
中立

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)
【革命】ネオモバでIPOの取扱を開始!! 1株からIPOに参加できる!!

なんと、ネオモバでついにIPOの取扱が始まります!!

その名も「ひとかぶIPO」

たった1株からIPOに申し込みができる新しいサービスです。

資金の少ない人でも気軽にIPO投資を体験できますよ。

さらに、若年優遇や取引継続優遇もあるので、若い人でもIPOに当選できる可能性が高いです!!

11月30日から開始するとのことなので是非早めに開設しておきましょう♪

ネオモバについては下記記事で徹底解説しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。