金融機関・サービス

【口コミ】SBI証券で200万稼いでわかったメリット8つ・デメリット3つ

ぶるぶる
ぶるぶる
SBI証券って評判が良いみたいだけどなんでなの??
メカニック
メカニック
じゃあSBI証券で200万円稼いだ管理人が説明するよ。

今では20社以上の証券口座を持っていますが、一番始めに開設したのはSBI証券です。

すでに7年以上利用していますが、総額で200万円以上の利益をあげることができました。

しかも実践したのは誰でもできるローリスク投資が中心。

SBI証券には初心者でもできる魅力的な商品が多くあるのが特徴です。

今回はSBI証券を7年利用して200万稼いだ管理人が特徴からメリット・デメリットを徹底解説していきますよ。

評判や口コミが気になっている方の参考になれば幸いです。

結論:SBI証券は口座開設しない理由がない

まずは結論からいいます!!

ぶっちゃけSBI証券は口座開設しないと損です!!

理由は下記の通り。

おすすめの理由
  • 口座開設は無料
  • Tポイントで投資信託が買える
  • 米国株の手数料が業界最安!! 貸株ができる
  • テーマ投資ができる
  • IPOに強い!! 主幹事案件も多数。
  • 立会外分売の取扱いが多い
  • 株主優待のつなぎ売りが可能
  • SBI債が購入できる
  • 投資信託の種類が豊富

SBI証券は金融商品がとにかく豊富です!!

ローリスク投資として有名なIPO、立会外分売の取扱いはトップクラス。

しかもIPOは主幹事になることができる上に、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるため、参加すればするほど当選確率がアップしていきます。

また最近人気になってきた米国株の取扱い銘柄も多く、手数料は最低0ドルから。

業界トップクラスの安さです。

すぐに完売してしまうSBI債などの社債も取り扱っていますよ。

一般信用売りもできるので、逆日歩リスクをおさえて株主優待を取得することもできます!!

できないことの方が少ないのでこれから投資を始めようとしている人には非常にオススメです。

 

SBI証券における運用実績

IPO投資160万円
つなぎ売り30万円以上
米国株投資含み益16万円
立会外分売数万円

SBI証券ではローリスク投資を中心に様々な投資を実行しています。

  • IPO投資
  • 株主優待のつなぎ売り
  • 立会外分売
  • Tポイント投資
  • 米国株投資

実はIPO投資だけで160万円以上の利益をゲットしています。

7年間で10社のIPOが当選しました。

株主優待のつなぎ売りはだいたい年間で数十銘柄取得しており、通算すれば30万円分以上の優待をゲットしています。

立会外分売も利益は少ないですが毎年コツコツと当選していますよ。

米国株は今のところ16万円以上の含み益。

通算での合計利益は余裕で200万円を超えています!!

SBI証券を今すぐチェック

 

SBI証券とは??

SBI証券はSBIグループが運営するオンラインの総合証券です。

株式をはじめとしたスタンダードな金融商品から、ロボアドバイザーやテーマ投資など最先端の投資まで広く扱っています。

現在は口座開設数は400万口座を突破し、500万口座に迫る勢い。

この数は国内最大手の野村證券に迫る数字です。

ぶるぶる
ぶるぶる
SBI証券っていろんなところで目にする気がする。
メカニック
メカニック
多分、投資に興味がない人でも一度は聞いたことがあるんじゃないかな??

SBI証券の口座開設費用

SBI証券の口座開設費用は無料です。

維持費もかからないのでランニングコストは一切かかりません。

Webからの申込なら即日口座開設が可能。

取引も最短で翌日から行うことができます。

郵送だと1週間ほどかかるので、ネットから申し込みすることをおすすめします。

SBI証券で開設できる口座

SBI証券では下記の口座が開設できます。

  • 一般口座
  • 特定口座(源泉徴収あり/なし)
  • NISA口座
  • つみたてNISA
  • ジュニアNISA

特定口座はもちろん、NISA口座からジュニアNISAまでほぼ全てをカバー。

口座開設する時に特定口座(源泉徴収あり)を選択すれば確定申告が不要になるので、特別な理由がない限りはこちらを選択してください。

ちなみに法人口座も開設が可能ですが、固定電話が必須です。

会社で保有しているのが携帯だけだと開設できないので注意しましょう。

個人なら携帯だけでも、もちろん口座開設できます。

SBI証券で取り扱っている商品やサービス

SBI証券ではホントに多くの商品やサービスを取り扱っています。

代表的なところを上げるとこんな感じ。

  • 国内株式
  • 投資信託
  • 外国株式
  • iDeCo
  • FX
  • 先物・オプション・くりっく株365
  • 債権
  • ロボアドバイザー
  • 金・プラチナ取引

国内で投資できるほぼ全ての金融商品を取り扱っています。

むしろSBI証券で購入できなければ他の証券会社でも取り扱っていない場合が多いです

それくらいラインナップは充実しています。

 

SBI証券のメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
SBI証券に口座開設するとどんなメリットがあるの??
メカニック
メカニック
じゃあ実体験を元に紹介していくね。

SBI証券のメリットは盛り沢山です。

  • SBBO-Xで手数料が割安に!!
  • 米国株の手数料が業界トップクラス
  • IPOの主幹事実績が豊富!!
  • SBI証券でしか実施しない立会外分売がある
  • 一般信用売りできる銘柄が豊富
  • Tポイントで投資信託が購入可能!!
  • 人気のSBI債が購入できる
  • PTSで夜間売買ができる

メリット1:SBBO-Xで手数料が割安に!!

SBI証券では取引手数料が安くなる独自のシステムである「SBBO-X」が利用できます。

こちらに申込をすれば取引所での取引よりも手数料を約10%ほどディスカウントできます。

ちなみにSBBO-XはSBI Best Bid Offerの略で個人投資家の注文と機関投資家の注文を独自のシステム環境でマッチングさせて約定させる取引のことです。

1年以上の投資経験があれば誰でも利用することができます。

メリット2:米国株の最低手数料は0ドル!! 貸株にも対応!!

SBI証券は米国株の手数料が驚異的に低いです。

今までは最低5ドルでしたが、これが0ドルになりました。

つまり低位株でも格安の手数料で購入できるということです。

約定代金の0.45%ですから1株100ドルの米国株を購入しても手数料は1ドルもかかりませんよ。

その上、住信SBIネット銀行で米ドルに両替してから購入すればさらに手数料を安くすることができます。

また、米国株を貸株できるんですが対応しているのは国内でSBI証券だけです。

詳しくは下記記事で説明していますので興味ある人はこちらもご覧ください。

メリット3:IPOの主幹事実績が豊富

SBI証券はIPO投資をする上でもメリットが多いです。

取り扱い数も多いですし、定期的に主幹事を務めることがあります。

当然、主幹事の時は当選確率が大幅にアップ!!

当選者がごろごろでてきます。

それだけではありません。

SBI証券はIPOに申し込んで落選した場合、IPOチャレンジポイントがもらえます。

こちらは貯めれば貯めるほどIPOの当選に近づくという面白いシステム。

自分は過去にこのポイントを利用してモバイルファクトリーというIPOに当選しました。

300株割当されて40万円以上の利益を手にすることができたんです。

昔に比べると多くのポイントを貯めなくてはいけなくなりましたが、それでもまだ1P=1,000円ほどの期待値は狙えます。

申込するだけで1,000円がもらえるようなものですので、これに参加するだけでもSBI証券に口座開設する価値があります。

IPOについてさらに詳しく知りたい方は下記記事を一読してください。

メリット4:立会外分売トレードは当選しやすい

SBI証券では独自の立会外分売である立会外分売トレードというサービスがあります。

こちらで取り扱う銘柄はSBI証券が独占しているわけですから他の証券会社からは申込ができません。

当然、通常の立会外分売よりも当選確率は高いです。

自分も立会外分売トレードはよく当選させてもらっています。

立会外分売について知らない人は下記記事をチェックしてください。

ローリスクで利益をだせる魅力的な投資です。

メリット5:逆日歩リスクなしで株主優待のつなぎ売りができる

SBI証券では一般信用売りできる銘柄が豊富です。

よって逆日歩リスクなしで株主優待のつなぎ売りができますよ。

自分は毎年SBI証券で数十銘柄をつなぎ売りして、株主優待をお得にゲットしています。

ちなみにつなぎ売りとは手数料を支払うだけで株主優待をもらうという技のこと。

この方法をマスターすれば株主優待だけを安全に手に入れることができるようになります。

下記記事で詳しく説明しているので是非マスターしてください。

メリット6:業界初!! Tポイントで投資信託が購入可能

SBI証券なら流行りのポイント投資もできます。

Tポイントで投資信託が購入できるんです。

今の所Tポイントで投資信託が購入できるのはSBI証券だけ。

まさにオンリーワンのサービスです。

ポイントならば現金よりも気軽に投資できるので、投資未経験者の第一歩としてはいいかもしれませんね。

ちなみにSBIグループのネオモバならTポイントで株式を購入できます。

1株から株式を購入できるので個別株を購入したい場合はネオモバを利用しましょう。

メリット7:SBI債が購入できるのはSBI証券だけ

SBI証券では自社の債権であるSBI債も販売しています。

いつも購入できるわけではありませんが、募集するたびに完売する人気商品の一つです。

社債ということで利回りは低いですが、その分リスクも低いので安全に運用したい投資家に支持されています。

ただし最低投資金額は10万円以上とやや高めの設定です。

もっと低額から投資したいという人はクラウドポートが運営するFunds(ファンズ)なら1円から社債”風”の投資ができます。

メリット8:PTSで夜間取引もできる

PTSという夜間でも取引できるシステムがあります。

SBI証券でもこれが導入されており、しかも他の証券会社と比較するとユーザー数が多く、売買がしやすいです。

昼間取引できないサラリーマンも多いでしょうから、そういう人にとっては重宝するサービスだと思います

SBI証券を今すぐチェック

 

SBI証券のデメリット

ぶるぶる
ぶるぶる
メリットはよく理解できたよ。デメリットはどうなの??
メカニック
メカニック
残念ながらデメリットもあるんだ。
  • デメリット1:株式の売買手数料が業界最低水準ではない
  • デメリット2:法人口座の開設には固定電話が必要
  • デメリット3:サイトがごちゃごちゃしている

デメリット1:株式の売買手数料が業界最低水準ではない

SBI証券はネット証券ですので店頭証券と比較すれば手数料がかなり安いです。

しかしネット証券にはもっと手数料の安い証券会社が存在します。

約定代金5万円10万円20万円50万円100万円
カブドットコム証券97円97円194円270円990円
マネックス証券100円180円250円1,000円注文金額の0.1%
DMM株54円86円104円194円367円
松井証券0円0円324円540円1,080円
岡三オンライン証券
(定額プラン)
0円0円0円540円864円
ライブスター証券86円86円104円194円367円
GMOクリック証券95円95円105円260円470円
SBI証券54円97円113円270円525円

実は1番安いのはDMMグループが運営するDMM株です。

その次はライブスター証券

この2社が頭一つ抜けています。

塵も積もれば山となりますので、頻繁に売買する場合は上記2社を利用するのがいいと思います。

デメリット2:法人口座の開設は固定電話が必要

法人口座を開設する場合は固定電話が必須条件です。

マネックス証券や楽天証券では携帯電話だけでも口座開設ができます。

最近はコワーキングスペースで法人を登記している人も多いので、そう考えるとちょっと時代遅れのような気がしますよね。

もし法人口座を検討している人がいたら注意してください。

デメリット3:サイトがごちゃごちゃしている

金融商品を多く取り扱っているため、SBI証券のホームページはごちゃごちゃしています。

慣れれば問題ないのですが、投資未経験者の人だったらこのページを見ただけで意気消沈しちゃうかもしれません。

最近はFOLIOのワンコイン投資など初心者でも利用しやすいUI、UXにこだわっているサービスもあるので、そこと比べるとどうしても劣って見えちゃいますね。

もう少し見やすく整理してほしいかなと思います。

 

SBI証券証券の評判や口コミは??

SBI証券におけるネット上の口コミを調べてみました!!

ほとんどが好意的な口コミでした。

IPOや米国株投資、Tポイント投資に関しての評価が高かったように感じます。

一方、やはりサイトの使いにくさについてつぶやいている人もちょこちょこ見受けられました。

 

SBI証券のまとめ

では、最後にSBI証券についてもう一度まとめます。

SBI証券まとめ
  • 口座開設は無料
  • Tポイントで投資信託が買える
  • 米国株の手数料が業界最安!! 貸株ができる
  • テーマ投資ができる
  • IPOに強い!! 主幹事案件も多数。
  • 立会外分売の取扱いが多い
  • 株主優待のつなぎ売りが可能
  • SBI債が購入できる
  • 投資信託の種類が豊富
  • サイトがやや使いにくい

これから投資を始めるならとりあえずSBI証券に口座開設しておけば間違いありません。

投資商品のラインナップは国内でもトップクラスですし、ローリスクの投資商品も非常に充実しています。

自分はすでに200万以上の利益を出せているので、ホントSBI証券さまさまです。

初心者はまず自分と同じようにIPOや立会外分売、Tポイント投資から始めるのがいいと思いますよ。

SBI証券を今すぐチェック

ユニコーン
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。