【全員プレゼント】

FUNDINNOに投資家登録で

アマギフ1,000円相当が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値結果】コンピューターマネージメントは人気化間違いなし!? システム系小型ジャスダックの鉄板銘柄!!

ぶるぶる
ぶるぶる
コンピューターマネージメントのIPOが新規承認。2020年2社目のジャスダック銘柄だ。
メカニック
メカニック
中身も魅力的で人気化しそうだよ。

どうも、メカニックです!!

コンピューターマネージメント(4491)のIPOが新規承認されました。

2020/3/11に上場予定で事業内容は”システムの受託開発等“です。

このページではコンピューターマネージメント(4491)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

また、動画でもまとめていますのでよろしければこちらもどうぞ。

マネックス証券

結論:コンピューターマネージメント(4491)のIPOは初値高騰は難しい

時間がない人向けにコンピューターマネージメント(4491)のIPOについてさっとまとめます。

結論からいうと、初値は公募価格以上の「プラスリターン」になる可能性が高いです!!

ポイント
  • システムの受託開発
  • 想定価格は2,630円
  • 上場市場はジャスダック
  • 吸収金額は約11.1億円
  • 業績好調で黒字
  • ロックアップはがっちり
  • 主幹事はSMBC日興証券

コンピューターマネージメントはシステムの受託開発をしています。

業績は好調で黒字運営です。

今回はジャスダック市場に上場予定で市場からの吸収金額はおよそ11億円。

小型の部類に入るため優位性は高いです。

上場日は3月の過密日程ではありますがスペックは申し分なく、初値は公募価格以上が狙えます。

主幹事はSMBC日興証券がつとめ、当選を目指すならば必ず抑えておきたい証券会社です!!

新規口座開設者限定で3ヶ月間優遇抽選が受けれますので早めに口座開設しておきましょう。

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)を中心とした株式投資型クラウドファンディングの人気が加速中!!

企業と投資家が一緒になってIPOまで目指せる新しい方法なので興味がある人は是非チェックしてみてください。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

 

コンピューターマネージメント(4491)のIPO詳細

銘柄コンピューターマネージメント株式会社
市場ジャスダック
上場日2020/3/10
コード4491
公募187,200株
売り出し179,600株
OA55,000株
想定価格2,630円
吸収金額約11.1億(想定価格ベース)
時価総額約25.6億円(想定価格ベース)
BB期間2020/2/25~3/02
価格決定日2020/3/03

コンピューターマネージメント(4491)ってどんな会社??

まずは今回新規承認されたコンピューターマネージメント(4491)を簡単に紹介していきますね。

設立は古く、昭和56年に資本金300万円でスタートしました。

そこから都市部を中心に出張所を設立していき、平成23年にノックスを子会社化。

現在の従業員は総勢612名、子会社1社を含めた合計2社で構成されています。

主な事業内容はシステムの受託開発で、事業系統図は下記の通りです。

3つのセグメントに分類ができます。

  • ゼネラルソリューションサービス
  • インフラソリューションサービス
  • ERPソリューションサービス

事業1:ゼネラルソリューションサービス

ゼネラルソリューションサービスでは企画立案からシステム構成、システム運用のトータルサービスを提供しています。

事業2:インフラソリューションサービス

インフラソリューションサービスではその名の通り、インフラ系であるネットワーク構築やデータベース構築などのサービスを提供。

最近は特にAWSを中心としたクラウド技術に力をいれています。

AWS(アマゾン ウェブ サービス)とはアマゾンが提供しているクラウドサービスのことです。

使い勝手のよさから多くの企業が導入しています。

事業3:ERPソリューションサービス

ERPソリューションサービスは大企業から中小企業まで幅広く、ERPを提供しています。

子会社のノックスではオービックビジネルコンサルティングとて遺影しており、製品の導入支援やアドオン開発を行なっています。

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の頭文字をとったもので基幹システムのことです。様々な業務を管理することができ、効率化や情報の一元化が可能となります。

販売実績

セグメント別の売上は上記の通りで、ゼネラルソリューションサービスが収益の柱となっています。

ただ他の二つも成長率は高いため、今後は売上への貢献度増が期待できそうです。

コンピューターマネージメント(4491)のIPOスペック

続いてコンピューターマネージメント(4491)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,630円。

上場予定市場はジャスダックで吸収金額は約11.1億円となっています。

コンピューターマネージメント(4491)のIPOにおけるマイナス要素

大きなマイナス要素はありませんが強いてあげるとすればスケジュールですかね。

3月は連日のようにIPOがあるので一つ一つのIPOに対する注目度が下がる傾向にあります。

あとはコロナウイルス関連で地合いはまだまだ不安定。

上場日の地合い次第では本来のポテンシャルを発揮できない可能性もあります。

コンピューターマネージメント(4491)のIPOにおけるプラス要素

市場はジャスダックで吸収金額11億円と比較的小型サイズ。

その上、業種は根強い人気をほこるシステム関連です。

クラウドという言葉が目論見書で出てきているのも投資家受けはよさそうです。

システム系小型ジャスダックは鉄板でしょう。

業績も好調ですし、このスペックならプラスリターンはほぼ間違いないように感じます。

派手さは感じませんけどね。

また想定価格がそこそこネガサなので当選枚数が少なく多少プレミアムを感じます。

ぶるぶる
ぶるぶる
純粋に良い銘柄って感じがするね。
メカニック
メカニック
上場日の地合いがよければ

 

コンピューターマネージメント(4491)のIPO仮条件

2,630円 〜 2,750円

想定価格は2,630円でしたので120円上ブレの強気設定となりました!!

 

コンピューターマネージメント(4491)のIPO公開価格

2,750円

※公開価格が決定次第更新します。

 

コンピューターマネージメント(4491)のIPO初値結果

4,360円

初値売りで16.1万円の利益です。(+58.5%)

 

コンピューターマネージメント(4491)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてコンピューターマネージメント(4491)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事SMBC日興証券
3,487枚
349枚
1
幹事SBI証券
73枚
33枚
2
岩井コスモ証券
36枚
4枚
3
野村證券
36枚
4枚
6
岡三証券
36枚
4枚
5
むさし証券
36枚
4枚
4
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
目論見書に記載後に更新

コンピューターマネージメント(4491)の主幹事

主幹事はSMBC日興証券です。

去年も大活躍でしたが今年も本領発揮し始めました 笑

SMBC日興証券は優遇抽選があるのでプラチナステージの人は当選の大チャンスですね。

ブロンズやシルバーだと期待度は大幅に下がりますが、優遇抽選受けれるか受けられないかは大きな違いです。

自分はシルバーステージで当選したことがあるので侮れませんよ。

新規口座開設後の3ヶ月間は無条件で優遇抽選が受けれます。

まだ口座を持っていない人はしっかりと準備しておきましょう!!

3月はSMBC日興証券がたくさん幹事入りしているので効果は高いと思います。

その他狙い目の証券会社

幹事団はなかなか渋いメンバーが名を連ねています 笑

狙い目はSBI証券岩井コスモ証券の2社でしょう。

特にSBI証券はIPOチャレンジポイントが貰えるため申込損はありません。

また最下位幹事ではありますがむさし証券もメンバー入りしています。

資金不要で申込ができるのでこちらも忘れずに参加しましょう。

ちなみに岩井コスモ証券も投資金を節約できますよ。

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!! 岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。 IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! 毎年コンスタントに幹事...
ぶるぶる
ぶるぶる
SMBC日興証券は優遇ステージを始めてから期待度が上がったよね。
メカニック
メカニック
今年も去年に続いて優遇当選を目指すぞ!!

 

コンピューターマネージメント(4491)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

コンピューターマネージメント(4491)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事SMBC日興証券
落選
幹事SBI証券
落選
岩井コスモ証券
落選
野村證券
落選
岡三証券
落選
むさし証券
落選
委託幹事楽天証券(?)
取り扱い無し
松井証券(?)
落選
岡三オンライン証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
取り扱い無し
ライブスター証券(?)
取り扱い無し
DMM株(?)
取り扱い無し

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

新規承認時におけるBBスタンス

当選できればプラスリターンはほぼ確実。

ということでもちろんフルエントリーで波状攻撃をしかけます。

想定価格も2,630円とそこそこネガサですし夢がありますね♪

 

コンピューターマネージメント(4491)のIPO初値予想

コンピューターマネージメント(4491)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

3,500円 〜 5,000円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

3,500円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

コンピューターマネージメント(4491)のIPO個人的評価

【総合評価】
24/35

【スタンス】
強気

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

OwnersBook
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。