IPO投資

【抽選結果】リグアとコンピューターマネジメントで奇跡の当選なるか!? ブロンズステージの力を解き放て!!

ぶるぶる
ぶるぶる
リグアとコンピューターマネジメント、この2社はなんとか当選したいな。
メカニック
メカニック
3月の中でもプラスが確実視されている銘柄だもんね。

どうも、メカニックです。

4月もIPOの新規承認が全く衰えないので、抽選結果報告がめちゃくちゃ遅れております。

ということで今回は2社一気にいきます!!

SMBC日興証券が主幹事のリグアとコンピューターマネジメントです。

もちろんどちらもフルエントリー済み。

直近IPOの結果が非常に悪いですがさすがにこの2社は安パイかなと思っています。

では、早速いきましょう!!

ちなみにビザスクについては下記記事でまとめていますので、スペックを再確認したい方はこちらをどうぞ。

マネックス証券

リグアとコンピューターマネジメントのIPO公開価格

まずは2社の公開価格から紹介します。

リグアの公募価格

リグアの想定価格は1,850円、仮条件は1,850円~1,950円。

公開価格は下記の通りです。

【公開価格】

1,500円

はい、無事上限で着地しました!!

コンピューターマネジメントの公募価格

続いてコンピューターマネジメントの想定価格は2,630円、仮条件は2,630円 〜 2,750円。

公開価格は下記の通りです。

【公開価格】

2,750円

こちらも上限で決まりました。

2社ともハイスペックだったこともありそれなりにブックビルディングは積み上がったことが予想されます。

ネットでもほとんどの人が参加していましたしね。

ただ、今の地合いだと思ったほどの結果は残せないかもしれません。

 

リグアとコンピューターマネジメントのIPO抽選結果

では、抽選結果の発表にいきます!!

リグアのIPO抽選結果

まずはリグアから。

 

 証券会社抽選結果
主幹事SMBC日興証券
補欠
幹事SBI証券
落選
エース証券
ネット申込不可
委託幹事楽天証券(?)
取り扱い無し
松井証券(?)
取り扱い無し
岡三オンライン証券(?)
取り扱い無し
GMOクリック証券(?)
取り扱い無し
ライブスター証券(?)
取り扱い無し
DMM株(?)
取り扱い無し
auカブコム証券(?)
取り扱い無し

やはり、安定の補欠です。

今回はブロンズステージで挑戦となりましたが優遇当選はなし。

平幹事のSBI証券でなんとかポイントだけはゲットできた形ですかね。

コンピューターマネジメントのIPO抽選結果

 証券会社抽選結果
主幹事SMBC日興証券
落選
幹事SBI証券
落選
岩井コスモ証券
落選
野村證券
落選
岡三証券
落選
むさし証券
落選
委託幹事楽天証券(?)
取り扱い無し
松井証券(?)
落選
岡三オンライン証券(?)
落選
GMOクリック証券(?)
取り扱い無し
ライブスター証券(?)
取り扱い無し
DMM株(?)
取り扱い無し

こちらは補欠から落選に変わっております。

リグアに続いて、残念な結果です。

松井証券と岡三オンライン証券でも取り扱いがありましたがこちらでも落選となり、全滅が確定。

うん、まぁこうなることはだいたい予想はできてました。

 

リグアとコンピューターマネジメントの当選者はいたのか!?

いつも通り当選者がどのくらいいたか調査してみましたよ。

両IPOとも主幹事のSMBC日興証券で当選している人が多かったです。

ただSBI証券で当選していたりとレアケースの人も発見できました。

SBI証券やマネックス証券などのネット証券はやはり抽選割合が高いだけあってこういう奇跡が起こることもあるんですよね。

あなどれません!!

 

リグアとコンピューターマネジメントの初値予想アンケート途中結果

続いてはリグアとコンピューターマネジメントの初値予想アンケートの結果を紹介します。

見事、当選を射止めた方は参考にしてください。

リグアのアンケート結果

まずはリグアから。


現在の1位は公募価格の1.0倍〜1.5倍です!!

2位は公募価格の1.5倍〜2.0倍ですのでだいたい1.5倍が意識されているような感じですかね。

コンピューターマネジメントのアンケート結果

続いてコンピューターマネジメントです。


現在の1位は公募価格の1.5倍〜2.0倍。

2位以下も強気の初値予想ばかりです。

公募価格も高いのでこの通りなら結果なら20万円以上の利益になりますね。

う、羨ましい!!

ただ、2社とも直近の地合いがどれだけ影響してくるかが重要になってくるかと思います。

少し割り引いた予想をしておいた方がいいかもしれませんね。

 

IPOの当選確率をアップさせる方法をマスターしよう

2020年3月はまさかのIPOラッシュ!!

4月も多くのIPOがすでに新規承認されています。

下記の方法をしっかりと習得して少しでも当選確率をアップさせましょう。

  1. 主幹事を第一優先に申し込む
  2. とにかくたくさんの証券会社から申込をする
  3. 各社のポイント制度を利用する
  4. 大和証券のチャンス回数を増やす
  5. SMBC日興証券の優遇抽選を利用する
  6. ネオモバの優遇抽選を利用する

今回は主幹事から当選した人が多かったですね。

優遇当選した人はネット上にいなかったですが、枚数が多い銘柄ではかなりの効果を発揮します。

そして、3月で注目して入るのががネオモバのひとかぶIPOです。

3月IPOは下記の2つの銘柄で取り扱いが確定していますよ。

  • アディッシュ
  • Macbee Planet

1株なので小リスク小リターンですが当選できればモチベーションもアップ。

自分は初当選を期待しています!!

そして、他の人と差をつけたいなら株式投資型クラウドファンディングを使ったエンジェル投資はいかがでしょうか?

2020年からはSBIグループも参入してきたので、盛り上がること間違い無しです!!

もし興味が出た人は国内最大手のFUNDINNO(ファンディーノ)がおすすめ。

理由はいい案件をほぼ独占しているからです。

しかもエンジェル税制が適用される企業がなら、投資をしながら節税も可能。

節税対策としてもちょっと注目されてきています。

もちろん出資した企業がIPOすれば大きなリターンが見込めますが倒産すれば出資金がゼロになるリスクもあるので、そこはしっかりと頭に入れておいてくださいね。

今後IPOする企業がでてきたら爆発的に人気化するかもしれませんよ。

仮想通貨で波に乗れなかった方は今回は乗り遅れないように。

 

話題のFundsはIPO投資と相性がいい!!

そしてIPOと非常に相性のいい投資がFundsです。

企業にお金を貸して固定利回りの分配金を貰うという社債のような投資です。

1円から投資できる上に、投資したあとは何もすることはありません。

忙しいIPO投資との相性はバッチリです!!

さらに優待付きの案件があるのも大きな特徴。

先日、大阪王将のファンドに投資したら店舗で利用できる10%割引券をもらいました!!

分配金をもらいながら節約までできちゃう最先端の投資ですよ♪

下記記事でさらに詳しく紹介しているので気になる人はこちらをどうぞ!!

 

まとめ

今回もいつものごとく落選というメシウマな結果になっております 笑

ということで今年の結果は下記の通りアップデート。

9戦 0勝 9敗 合計利益0円

うわー、全滅が継続です!!

「今年の3月は1社は余裕で当選できるな」と思っていましたがちょっと心配になってきました。

というのも、参加するIPOを減らしたからです。

地合いの悪化を受けてC級は攻めるのをやめることにしたんですよね。

当選しても損失を出しては意味ないので今月は優待の方に資金を多く使うつもりです。

SBI証券主幹事の3社もほぼ諦め状態。

でも、こういう時期もあるのがIPO投資です。

また地合いが回復すると思いますので、今は耐えます!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。