IPO投資

【IPO初値予想】アディッシュは公募比2倍が限界!? ポイント使用をオススメしないたった一つの理由

ぶるぶる
ぶるぶる
アディッシュは流石に大丈夫だよね。全力で参加しようと思っているんだけど。
メカニック
メカニック
今の所、初値予想はプラスリターンだよ!!

どうも、メカニックです。

アディッシュ(7093)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:アディッシュ(7093)は参加方向で良さそう

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】1,110円 〜 1,230円
【初値予想 】1,500円 〜 2,100円
【スタンス 】強気参加
【狙い目】SBI証券ネオモバ

想定価格は1,090円でしたので、大幅に上ブレしました。

これにより吸収金額は4.1億円にアップ!!(想定ベースでは3.7億円)

上場市場はマザーズという面を考慮すると超小型規模になります。

需給面でのアドバンテージは非常に大きいです。

業種も人気化が予想されるカスタマーリレーション事業

業績も堅調に推移していますのでプラス要素は非常に多いです。

気になる点としては地合いの悪さと大株主のロックアップが1.5倍で解除されるところでしょうか。

プラスリターンはほぼ確実ですがサプライズ的な初値は難しいかもしれません。

そして、アディッシュの当選を目指すなら主幹事のSBI証券を第一優先で申込しましょう。

ちなみにSBI証券はスマホとマイナンバーカードがあれば最短翌日から取引が可能です!!

1営業日で口座開設ができるのでまだ保有していない人はすぐに開設するようにしてくださいね。

また、ネオモバでも取り扱いが確定しました!!

1株から申込ができるので当選確率が高くなることが予想されます。

こちらからも忘れずに申込をしましょう!!

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

 

アディッシュ(7093)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはアディッシュ(7093)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は1,090円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

1,110円 〜 1,230円

お、やはりきましたか!?

下限では20円、上限では140円上ブレの強気設定です。

地合いが悪い状況ではありますが、アディッシュのスペックを見たらこれは納得せざる負えませんね。

おそらく機関投資家の評価も高かったんだと思います。

ただ、承認時ほどイケイケな雰囲気ではなくなったのでそこがどう影響するかですね。

公募価格は上限で決まるとは思いますがオールオッケーといった感じではありません。

 

アディッシュ(7093)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるアディッシュ(7093)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

1,500円 〜 2,100円

(公募比約1.2倍〜公募比1.7倍)

公募価格の1.7倍を上限とした初値予想としました。

アディッシュ(7093)のIPOスペック考察

それではアディッシュのスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はマザーズ。

吸収金額は仮条件が大幅に下ブレしたので最大4.1億円になりました。

想定価格ベースでは3.7億円でしたので0.4億円ほどのサイズダウンです。

アディッシュ(7093)のIPOにおけるブル要素

ブル要素から見ていくと、まず注目したいのは吸収金額の低さでしょう。

わずか4.1億円しかありません。

マザーズでは超小型規模となりますので需給面でのアドバンテージは非常に高いです。

この時点で初値が公募価格以上になる可能性は99%。

そのくらいのインパクトがあります。

さらに業種も投資家に人気になりそうなカスタマーリレーション事業です。

売り出しが少なく、公募が多い点も好感が持てます。

アディッシュ(7093)のIPOにおけるベア要素

大きなベア要素としては地合いが考えられます。

コロナショックの影響で日経はもちろん、世界的な株安が起きました。

直近IPOの初値パフォーマンスも芳しくありません。

また3月は過密スケジュールなので中盤あたりから買い疲れが起こる可能性も十分にあります。

大株主のロックアップが1.5倍で解除されるので上場後の売り圧力にも少し気をつけたいところです。

ぶるぶる
ぶるぶる
プラスになるのはほぼ間違いないね。でも流石に3倍とかは難しいかも。
メカニック
メカニック
2倍まで行けば十分じゃないかな。。

アディッシュ(7093)のIPO業績

【売上げ】

【純利益】

現在は6期目に入っています。

売上は綺麗に増加しているのがわかりますね。

純利益は5期からくっきりと黒字化ができたところでしょうか。

ここからが回収期なのかもしれません。

業績に関しては全く問題ないでしょう。

アディッシュ(7093)のIPO初値予想アンケート途中結果


関通における初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

現在の様子を少し紹介すると、強気予想に多くの票が集まっています。

しかも1位は公募価格の3倍以上です!!

2位以下も2倍以上がずらり。

ただ直近の地合いを考慮すると流石に3倍は厳しいのかなと感じています。

 

アディッシュ(7093)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、アディッシュ(7093)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事SBI証券
2,638枚
1188枚
1
幹事みずほ証券
122枚
13枚
3
岩井コスモ証券
61枚
7枚
4
SMBC日興証券
61枚
7枚
6
東海東京証券
61枚
7枚
5
エース証券
31枚
0枚
マネックス証券
31枚
31枚
2
藍澤證券
15枚
0枚
エイチエス証券
15枚
2枚
7
むさし証券
15枚
2枚
8
委託幹事ネオモバ(?)
-枚
-枚
岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは主幹事のSBI証券

一番割当枚数が多かったのはやはり主幹事のSBI証券でした。

平幹事とは大きな差がついているのがわかるかと思います。

SBI証券は多く申し込めば申込をしただけ当選確率がアップするという他にはないルールがありますので、必ず資金が許す限りの枚数を申込ましょう。

そして、もう一つ大事になるのがIPOチャレンジポイントです。

今回は枚数も少ないのでボーダーラインは400P以上になる可能性が高いです。

ただこの後にはサイバーセキュリティクラウドという超プラチナIPOが控えているので、そちらが意識されて意外と低くなるかもしれません。

読みが大事になってきますね。

しかし100株配分になると思うのでポイントパフォーマンスは悪くなることが予想されます。

2倍になったとしても12万円ほどの利益にしかなりません。

このあたりはしっかりと考えてから利用してくださいね。

ちなみに自分はポイントは投入しませんよ!!

その他狙い目の証券会社

正直、今回は平幹事からの当選はほぼ期待できません。

この枚数では現実的ではないでしょう。

唯一、期待できるとしたら委託販売されるネオモバです。

こちらは1株から申込ができるので、当選者が多くなりやすい傾向があります。

もちろん利益もその分少なくはなりますが、当選しなければ利益は0円ですからね。

数百円〜数千円でも利益がでればIPO投資のモチベーションも上がると思いますので、当選を目指す人は忘れぜうに申込をしましょう。

自分はもちろん申込をします!!

ぶるぶる
ぶるぶる
SBI証券とネオモバ、この2社に期待だ!!
メカニック
メカニック
ネオモバでの初当選を目指すぞ!!

 

アディッシュ(7093)のIPO最終BBスタンス

最後にアディッシュ(7093)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事SBI証券
落選
幹事みずほ証券
落選
岩井コスモ証券
不参加
SMBC日興証券
不参加
東海東京証券
不参加
エース証券
ネット申込不可
マネックス証券
落選
藍澤證券
不参加
エイチエス証券
不参加
むさし証券
不参加
委託幹事ネオモバ
落選
松井証券(?)
取り扱いなし
岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし

もちろん、承認時から変更なくフルエントリーとしました。

このスペックなら迷う人はいないでしょう 笑

3月でも安心できる銘柄の一つです!!

ただ公募価格が低く、地合いもこんな状況ですから多くの利益は期待できないと思います。

10万円前後といったところでしょうかね。

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【生の口コミ】SBIソーシャルレンディングに3年投資してわかったメリット7つ・デメリット3つSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。