株式型クラウドファンディング

【ポイ活好き必見】節約神アプリ「AI-Credit」のリエールファクトリーがFUNDINNOで資金調達!!

どうも、株式投資型クラウドファンディング専門家のメカニックです。

FUNDINNOで資金調達ラッシュが起こっています!!

しかもまたまた自分が大好きな分野に関わる企業。

お得なキャッシュレス決済をナビしてくれる「リエールファクトリー株式会社」です。

今回はリエールファクトリーのファイナンスの概要から特徴を詳しく紹介していきますね。

FUNDINNO(ファンディーノ)について知らない方は先に下記記事をチェックしてください。

マネックス証券

リエールファクトリー

時間がない人向けにリエールファクトリーの要点だけをまとめます。

要点まとめ
  • お得な支払い方法をナビするアプリを運営
  • DL数は4.3万人超え
  • 2015年8月に設立
  • 目標金額は1,008万円
  • 新株予約権方式での募集
  • プロ投資家が出資をしている
  • 2025年7月以降のIPOを目指す

リエールファクトリー株式会社は店舗ごとにお得なキャッシュレス決済をナビしてくれる「AI-CREDIT」というアプリを運営しています。

DL数は4.3万件越え、ユニークユーザー数は7万人越えです。(2020/05現在)

目標金額は1,008万円、上限応募額は3,006万円。

新株予約権での資金調達となります。

すでにプロ投資家であるベンチャーキャピタルのサムライインキュベートが出資済みです。

マイルストーンは2025年7月までに売上を26億円まで伸ばしてIPOによるイグジットを目指しています。

ポイ活、節約家には相性抜群の企業です!!

 

リエールファクトリーってどんな会社??

株式会社リエールファクトリーは「AI CREDIT」というアプリを提供しています。

どのお店でどのようなキャッシュレス決済をするのが一番お得かをナビしてくれ、キャンペーンやポイントカードと組み合わせた場合の還元率も表示してくれます。

自分が利用している決済方法で絞り込むことができるので、最も適した決済方法をすぐに確認することが可能です。

また、アプリ内ではクーポンの配信、サンプリング案件もあるため、ユーザーと店舗側の両方をつなぐ要素も兼ね備えています。

現在のDL数は2020/5時点でDL数は4.3万件、UU数は7万人越えです。

リエールファクトリーのビジネスモデル

ビジネスモデルは下記の3つを想定しています。

  • ユーザーからのマネタイズ
  • 店舗からのマネタイズ
  • 決済事業者からのマネタイズ

ユーザーからは広告からの収益を見込んでいます。

アプリ内をチェックしたところクレカなどのアフィリエイト広告がすでに掲載されていました。

店舗からは集客ツールの提供などを予定。

おそらく月額費を徴収するストック型のビジネスになるのではないかと思います。

決済事業者からはユーザーを送客することで収益をあげる予定です。

リエールファクトリーの社長はどんな人??

リエールファクトリーの社長は荒井 健太氏。

経歴は下記の通りです。

1980年 埼玉県生まれ。立命館大学卒業

2007年 株式会社インタースパイア(現ユナイテッド株式会社)入社

株式会社インターライドでインターネット広告代理事業に携わり、その後、メディアレップ事業、アドネットワーク事業、スマートフォンアプリ事業などを経験

2015年 リエールファクトリー株式会社創業。マーケティング、開発ディレクションを担当

2016年11月 サムライインキュベートより資金調達

ユナイテッドやインターライドで経験を積み、リエールファクトリーで企業をした格好です。

特別、大きな実績はないようですね。

 

リエールファクトリーの募集金額と資金用途について

リエールファクトリーの目標募集額は1,008万円。

上限募集額は3,006万円です。

株式投資型クラウドファンディングでは1億円までしか資金調達しかできませんので、小型規模ということになります。

投資家から調達した資金は下記の目的に充てる予定です。

  • 広告宣伝費
  • 開発費
  • 日本クラウドキャピタルへの手数料

メインは広告宣伝費となります。

今は国も後押ししていますし、新型コロナの影響もあり、キャッシュレス決済には追い風が吹いています。

ここで宣伝を大きく売ってアピールできれば一気にユーザー数を伸ばせそうです。

 

リエールファクトリーの業績

リエールファクトリーの前期決算期末(2019年7月31日)における売上は148,063千円で、営業損失が計上されています。

また、直近試算表(2020年3月31日)における売上は34,377千円で、営業損失が計上されています

 

リエールファクトリーにおける現在のバリュエーション

続いて、リエールファクトリーのバリュエーション(時価総額)ですが、新株予約権での資金調達のため計算することはできません。

登記簿が取得しようと試みたんですが、登記事件の処理中だったため確認ができませんでした。

ただ、FUNDINNOの投資家は転換価額の上限を契約締結前交付書面からチェック可能です。

そちらをチェックしてみてください。

そこまで大きな数字ではありませんよ。

もちろん現在投資家でなくてもこれから登録すれば閲覧可能です。

 

リエールファクトリーに出資しているプロ投資家

リエールファクトリーに出資しているプロ投資家は下記の通りです。

VC1社から資金調達を受けています。

 

リエールファクトリーにおける投資金額のコースと株数

リエールファクトリーの投資は下記のコースが用意されています。

  • 90,000円コース(9個)
  • 180,000円コース(18個)
  • 270,000円コース(27個)
  • 450,000円コース(45個)

最低投資金額は9万円、最高は45万円。

最低が10万円未満ということで比較的投資しやすい案件かと思います。

 

リエールファクトリーのマイルストーン

リエールファクトリーのマイルストーンは下記の通りです。

最終的にIPOを目指します。

※FUNDINNO公式サイトより引用

とにかくAI-Creditのみでガンガンスケールさせていくという計画です。

まずは使いやすいようにUI/UXをリニューアル。

その後で店舗への月額課金をスタートし、FPとの連携も図っていきます。

2024年には月間UU数を400万人まで伸ばし、2025年7月に26億円の売上を達成したあとでIPOを目指します。

 

リエールファクトリーがEXITしたらどのくらいの利益になるの??

リエールファクトリーが計画通りにIPOしたらどのくらいの利益が見込めるか計算していきます。

しかしながら発行価格が決まっていませんので、詳細な計算ができません。

とはいえ現在はまだアーリー期ですので多くのキャピタルゲインが得られる位置での投資です。

投資額の10倍は十分射程圏内だと思います。

もちろんリスクも高いステージということはしっかりと理解しましょう。

ただ、国内では株式投資型クラウドファンディングを利用した企業の中でまだIPOをした企業は1社もいません。

金銭的なリターンをメインに投資することはあまりおすすめしませんよ。

また株式募集形式によるリターンの計算方法は下記にまとめてあります。

株式投資型クラウドファンディングの本質は企業への応援の気持ちですので、事業内容に共感したかどうかで考える方がいいように感じています。

上記は仮に設定したものです。上場時にダウンサイズや上記よりも時価総額が低い場合はリターンが低くなる、もしくは損失を被る可能性があります。株式の希薄化についても考慮しておりませんのでご注意ください。

 

まとめと管理人の感想

最後にリエールファクトリーの資金調達についてもう一度まとめます。

要点まとめ
  • お得な支払い方法をナビするアプリを運営
  • DL数は4.3万人超え
  • 2015年8月に設立
  • 目標金額は1,008万円
  • 新株予約権方式での募集
  • プロ投資家が出資をしている
  • 2025年7月以降のIPOを目指す

個人的にはかなり気になっています。

ブログを読んでくださっている方はすでにご存知だと思いますが、自分はキャッシュレス決済が大好き!!

店舗で会計する時には常にお得な決済方法が何かを考えています。

ただ、最近はあまりにも決済方法が乱立しすぎて、だんだん頭の中でまとめるのが難しくなってきていました。

前々から「お得な決済方法を教えてくれるアプリないかな〜」とちょうど思っていたんですよね。

まさに自分が求めていたアプリです!!

また、投資対象としてはマネタイズもわかりやすい上に、市場も拡大していますから、あとは社長の頑張り次第といった感じがしています。

AI-Creditをすでに利用している人、ポイ活や節約家の人にはなかなか刺さる案件な気がしています。

募集開始は2020年の6月1日の19時半からですので、興味がでた人は応援してみてください。

ちなみに現在はFUNDINNOで1,000円相当がアマギフが貰えるキャンペーンも実施中。

まだ登録していない人は是非このお得な機会を登録してくださいね。

キャンペーン期間も残りわずかになってきました!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。