【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

中級者向け投資

クレジットカードで購入できる投資商品4選!! 【投資信託、アート、太陽光発電、希少品】

どうも、メカです。

最近はクレジットカードなどのキャッシュレスと投資がボーダーレスになってきました。

そこで今回はクレジットカードで購入できる投資商品を紹介します。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

証券会社のクレカ積立

まず紹介するなら各証券会社で行っているクレジットカード積立です。

クレカ積立できる証券会社とクレジットカードの組み合わせは下記の通り。

各社ともに月間積立額の上限は5万円まで。

よって各社に5万円積立すれば毎月30万円分はポイント付与を受けながら投資信託を購入できます。

そして、最も還元率が高いのはSBI証券 × 三井住友カードの組み合わせ。

プラチナカードなら積立額の2%分のポイントが付与されます。

ただしプラチナカードは年会費がかかるため、クレカ積立目当てでの作成はおすすめしません。

個人的におすすめなのはマネックスカードです。

こちらは年に1度でも利用すれば年会費が無料。

にもかかわらず積立額の1.1%分のポイントが付与されます。

マネックスポイントはビットコインやamazonギフト券はもちろん、Tポイントやdポイントなどの共通ポイントに交換できます。

もちろん資金に余裕があれば複数の証券会社からクレカ積立を行うのがおすすめです。

 

太陽光発電ならワットストア

ワットストアならクレジットカードで太陽光発電が可能です。

スマホから200円〜300円という少額から利回り7%〜10%の太陽光発電投資を体験できます。

パソコンだけでなくスマホからも簡単に購入でき、購入200円毎にANAマイル、JALマイルが貯まります。

さらに購入した太陽光発電所は途中売却ができるため、現金化も可能。

メンテナンスなどは運営会社が行ってくれるので、購入後はほったらかしでOK。

経験や知識は必要ありません。

ワットストアについては下記記事で解説しています。

 

アート投資ならアンドアートとSTRAYM

最近話題となっているアート投資。

著名作家のアート作品の価値はここ数年で数倍にもなっています。

購入するのに数百万円〜数千万円、中には数億円と大金が必要ですが、分散購入という仕組みを利用することで低額からアート投資を体験できます。

国内ではSTRAYMとアンドアートが有名。

STRAYMならばKYNEやバンクシー草間彌生などの有名アーティストはもちろん、最近話題となっているNFTも取り扱っています。

最低100円からオーナー権を購入でき、100%保有すると現物と交換することも可能です。

さらに、購入したオーナー権は売買ができ、作品の価値が上がることでキャピタルゲインも期待できます。

また、オーナーになるとSTRAYMが開催する鑑賞会や、STRAYMの公開作品が常設展示される美術館やメタバース空間などへのインビテーションが届くようになります

STRAYMについては下記記事で解説しました。

 

希少品投資ならalty(オルティー)

近年、スニーカーやトレーディングカードなども投資対象として注目されています。

特にスニーカーはスニーカー専門の売買サービスが多く誕生しており、スニーカー狂である「スニーカーヘッズ」が増殖中です。

バーチャルスニーカーを集めて楽しむAgletもユーザー数が急激に増えています。

そんな希少品に投資したいならaltyがおすすめです。

スタートしたばかりのサービスですが第一弾の商品は最も有名なスニーカーのひとつ「Air Jordan 1 Chicago “1985”」。

公開価格は150万円です。

このような希少品の保有権を1,000円から購入できます。

今後はコレクター間での売買が可能になり、価値が上がれば保有権を売却して利益を得られる可能性があります。

スニーカーやワイン、ゲーム、ブランド品などに興味がある方はチャレンジしてみてください。

altyについては下記記事で詳しく紹介しています。

 

投資するなら高還元のクレジットカードが必須

クレジットカードで投資する上で大事になるのがクレジットカードの還元率です。

還元率が高ければ高いほど多くのポイントがもらえるので、投資の利回りが実質アップすることになります。

国内における高還元のクレジットカードはいくつかありますが、個人的におすすめなのはリクルートカードと三井住友カードの二つ。

年会費無料が良いという方は還元率最大1.2%でPontaポイントが貯まるリクルートカードを推します。

PayPayカード楽天カードは還元率が1%ですので、こちらより0.2%も高いです。

メインカードとしても十分通用するスペックとなっています。

そして、上級者におすすめなのは最大還元率1.5%の三井住友カード ゴールド(NL)

基本還元率は0.5%ですが、年間100万円利用するとボーナスポイントが10,000Pもらえるため、こちらを考慮した場合、最大1.5%の還元率となります。

年会費は5,500円(税込)ですが、一度でも年間100万円利用した場合は翌年以降の年会費は永年無料。

ゴールドカードを無料で保有できます。

ちなみに今回紹介したワットストアやSTRAYM、altyなどは年間100万円利用の対象です。

つまり合計100万円投資したらミッション達成となります。

ちなみに自分は三井住友カード ゴールド(NL)をメインカードの一つとして利用中です。

 

まとめ

では、最後にまとめます。

要点まとめ
  • クレカ積立
  • 太陽光発電のワットストア
  • アート投資のSTRAYM
  • 希少品投資のalty

投資信託、太陽光発電というスタンダードなものからアート、希少品など様々な商品を購入できるようになりました。

投資した時点でクレジットカードのポイントがもらえ、さらに投資でもリターンが得られれば2重の利益となります。

今後ますますクレジットカードでの投資は加速していくと思いますので、気になる投資商品があったら先取り投資してみてください。

個人的にはすでマネックスカードのクレカ積立、太陽光発電のワットストアの2つがおすすめです。

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

ワットストアをチェック
ワットストアをチェック