当ブログ一押しキャンペーン!!

【先着500名】

8/31までWARAHIBEに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

仮想通貨

【2021年4月】12万円突破!! 暗号資産レンディングの貸借料が手取りに近くなってきたぞ!!

ぶるぶる
ぶるぶる
暗号資産がどんどん値上がりしてるね??
メカニック
メカニック
怖いくらい上がってるよね。

どうも、メカニックです!!

暗号資産(仮想通貨)の勢いが全く衰えません。

2020年の年末から覚醒し、調整はあるもののいまだに右肩上がり!!

特にイーサリアムが絶好調で、ビットコインよりも上昇しています。

もちろんレンディング投資をしている自分もしっかりと利益を享受していますよ。

ということで、今回は2021年4月における暗号資産レンディングの運用実績を紹介したいと思います。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

暗号資産レンディングとは??

まずは簡単に暗号資産のレンディングの説明から。

簡単に説明すると暗号資産を事業者に預けて利息をもらう資産運用方法です。

リスクは大きく違いますが仕組みは銀行預金などと同じ。

例えば利回り5%の事業者に1BTC預けたら、1年後に0.05BTCの利息がもらえるという事ですね。

単利、複利は事業会社ごとに異なり、月利複利で提供して利回りを高めているところも存在します。

直近では国内でも取り扱う事業者が増えており、平均利回りは1%〜5%ほど。

預け資産に応じて利回りが変化し、多くの暗号資産を預ければ利回りがアップするところが多いです。

ビットコインだけでなく、イーサリアムやリップルなどの人気アルトコイン、さらにはステーブルコインを扱っている所も多数あります。

レンディングサービスを実施している人気の事業者は下記の通りです。

国内だとHashHubレンディングが断然トップ!!

ビットコインの利回りが6%前後、イーサリアムに関してはなんと12%前後!!

10%越えの利回りを提供しているのは、BITMAXが自社で発行しているLINKだけ。

通常は高くても5%前後です。

ただ、使いやすさなどトータルで考えると個人的に一番のおすすめは海外サービスのBlockFiです。

4月から利回りが少々低下してしまいましたが、それでもビットコインは0.5BTCまでなら利回りが5%です。

入出金がいつでも可能なので資金拘束のリスクがほぼありません。

日本のリクルートグループが出資していますし、IPOも近いなど海外のサービスではありますが比較的信頼性は高いです。

ここ最近は日本でも多くの投資家が利用し始めています。

そして、面白いのがCygnosです。

世界で初めて貸借料の日本円払いを開始しました。

他のサービスでは基本貸し出した通貨で貸借料が支払われるので、受け取ったとしても結局は相場に左右されます。

一方、日本円で受け取れば相場の影響を受けなくてもいいし、利益の計算も楽。

こういうサービスがどんどん出てきて欲しいです!!

ちなみに暗号資産レンディングについては下記記事でまとめていますのでさらに詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。

 

暗号資産を貸付けている事業者と数量

現在自分はBITMAXとBlockFi、HushHub レンディング、バイナンスでレンディングしています。

BITMAXに貸出している暗号資産

BITMAXには下記の暗号資産を預けています。

ビットコイン 0.5BTC
イーサリアム 20ETH

2020/10/14から貸し出し中。

先月はビットコインの利率が2.9%、イーサリアムの利率は3.4%でした。

今月はビットコインの利率が2%、イーサリアムの利率は3.1%。

ビットコインが大きく下落しています。

一方でイーサリアムも下がってはいるものの、まだ3%台を維持。

さらに下がっていくと解約も考えなければいけないかも。

貸借料は貸出し通貨での受け取りです。

BlockFiに貸出している暗号資産

BlockFiには下記の暗号資産を預けています。

ビットコイン 1.81425617btc
テザー 0.92usdt

ビットコインがメイン。

テザーは先月900ドルほどありましたが他の口座に出金しました。

BlockFiでは貸借料を選択できるのでUSDCで受け取っています。

HashHub Lendingに貸し出している暗号資産

ビットコイン 1btc
イーサリアム 10ETH

3月から新たにHashHub Lendingでもレンディングを開始。

3月はホントに数日しか貸し出しができませんでしたが、4月はまるまる1ヶ月貸し出すことができました。

貸借料は貸出し通貨での受け取りです。

 

2021年4月における暗号資産レンディングの収支結果

では暗号資産レンディングで2021年4月に得た利益を紹介します!!

現在のレートで換算してみると…

BITMAX 16,200円
BlockFi 36,720円
HashHub レンディング 68,000円

きました!!

合計120,920円

とうとう10万円オーバーです。

このペースで受け取ることができれば年間100万円を余裕で超える計算に。

実は自分の本業における手取りは16万弱ということで、だんだんと近づいてきてしまいました 笑

ただ、各通貨で受け取っているものもあるので価値が低下するリスクもあります。

もちろんさらに上がる可能性もありますけどね。

それにしてもHashHub レンディングはすごいの一言。

これだけで半分以上を稼ぎ出してくれています。

イーサリアムの価値上昇+高利回りの威力半端ないです 笑

一方で、BITMAXのパフォーマンスが物足りない状況。

イーサリアムを20ETH預けてるので半分引き出してHashHub レンディングに移すことも検討しています!!

 

まとめ

先月は10万円行ってしまうかもと思っていたら、たった1ヶ月で達成してしまいました 笑

ここまで調子がいいと怖くなってしまいますが、直近の勢いを見るとまだまだ上を目指せそうな雰囲気を感じています。

それにしても今は暗号資産界隈の情報を集めるのが一番資産を増やせますね。

株式をやっているのがバカらしくなってしまいます。

当然、その分リスクも高く、下落したら一直線に落ちていくので注意が必要ですが。

自分はどうせ暴落しても売る気はないので、このままレンディングを続けて様子を見るつもりです。

同じようなスタンスの人はレンディングを上手く活用して資産アップを目指してみてくださいませ。

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック