【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】ジャパン・インフラファンド投資法人は公募割れが規定路線!? 申込を悩ませる2つの理由

ぶるぶる
ぶるぶる
ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)の初値予想教えて!!
メカニック
メカニック
じゃあスペックをもう一度確認していこう!!

どうも、メカニックです。

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

マネックス証券

結論:ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)は公募割れの危険も

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 9.3万円 〜 9.5万円
【初値予想 】 1,500円 〜 2,000円
【スタンス 】 強気参加
【狙い目】 みずほ証券

想定価格は10万円でしたので仮条件は大幅に下ブレしました。

インフラファンドに調達規模は67.2億円の中型案件です。

丸紅がスポンサーで信用格付けがA評価とスペックは申し分ありません。

ただし、インフラファンドで過去にプラスリターンになったのは1社のみ。

投資家に不人気の市場なので初値高騰は難しいでしょう。

公募割れもありえますので注意してください。

当選を目指すなら主幹事のみずほ証券が狙い目になります。

当選枚数も多いのでゲットできる可能性はかなり高めです。

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

ジャパン・インフラファンド投資法人のIPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる7つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

 

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはジャパン・インフラファンド投資法人(9287)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は10万円。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

9.3万円 〜 9.5万円

これは相当えぐい!!

下限は0.7万円、上限でも0.5万円の下ブレです。

超弱気の仮条件と言っていいでしょう。

この感じだと機関投資家からの評価は相当悪かったということでしょうね。

地合いやインフラファンドにおける今までのパフォーマンスなども考慮されたのかもしれません。

どちらにしてもこの仮条件では初値に与える影響は大きいでしょうね。

こうなるとはちょっと予想していませんでした。

 

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

9.0万円 〜 10.0万円

(公募比約0.9倍〜公募比1.1倍)

弱気の初値予想としました。

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPOスペック考察

それではスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はインフラファンド。

調達規模は仮条件が下ブレしたので最大67.2億円となりました。

承認時の調達規模は72.9億円でしたので5.7億円のサイズダウンです。

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPOにおけるブル要素

まずはブル要素からまとめます。

ジャパン・インフラファンド投資法人は丸紅がメインスポンサーです。

インフラファンドではスポンサーが大事になりますので大手企業が出資しているのは大きなプラスとなります。

NOI利回りも8%台とかなり高めで、過去の案件を見てもトップクラスの数字です。

さらに、R&Iの格付けでA評価されているのも安心材料の一つ。

国内で上場しているインフラファンドの中ではもっとも高い格付けを得ていますよ。

個人的には過去に上場したインフラファンドの中では指折りのハイスペックだと思います。

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPOにおけるベア要素

残念なのはインフラファンドにおけるパフォーマンスです。

今のところ上場した中で公募価格以上の初値形成したのは第一弾のタカラレーベン・インフラ投資法人のみ。

あとは全て公募割れとなっています。

投資家に不人気の市場なので注目度も低いんですよね。

そしてインフラファンドは株式IPOのように初値高騰する可能性は極めて低く、公募価格前後の初値形成になる可能性が高いです。

また、調達規模も小型とは言えないので需給面での優位性もありません。

ぶるぶる
ぶるぶる
スペックは悪くないと思うけどインフラファンドじゃ強気にいけないよね。
メカニック
メカニック
あの仮条件じゃあどうしても一歩引いてしまう。

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPO初値予想アンケート途中結果


ジャパン・インフラファンド投資法人における初値予想アンケートの途中結果も簡単にご紹介。

結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても結果が表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

参考までに現在の結果を紹介すると1位は公募価格の1.0倍〜1.2倍です。

およそ40%ほどの人が投票しています。

2位は公募価格同値が続いており、意外と弱気予想は少ないです。

今のところはプラスリターンを期待している人が多いという結果になっています。

 

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

IPOの各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 みずほ証券
-枚
-枚
幹事 SMBC日興証券
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

1番当選しやすいのは主幹事のみずほ証券

ジャパン・インフラファンド投資法人のIPOに当選したいなら主幹事のみずほ証券が一番の狙い目です。

抽選割合は10%ほどですが、今回は当選枚数が多いので当選期待度は非常に高いと思います。

しかも、そこまで銘柄的に人気はないでしょうからね。

輪を掛けて当選しやすそうな雰囲気を感じます。

ちなみにみずほ証券は大手ではありますがネットからIPOに気軽に申込が可能です。

主幹事の場合は当選者も毎回でていますし、個人的な相性も良好。

好きな証券会社の一つですよ。

その他狙い目の証券会社

今回は主幹事以外だとSMBC日興証券しか幹事入りしていません 笑

合計2社のみという寂しい構成となっています。

ということで当選確率をあげたい場合はSMBC日興証券からもしっかりと申込しましょう。

ただし当選後にキャンセルすると1ヶ月間IPOに申込できなくなるのでそこだけはご注意を。

ぶるぶる
ぶるぶる
2社から申し込めば普通に当選できそうな気がするけど。
メカニック
メカニック
なんとも言えないね。不人気の時は店頭配分を多めにする時もあるし。

 

ジャパン・インフラファンド投資法人(9287)のIPO最終BBスタンス

最後にジャパン・インフラファンド投資法人(9287)における最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 みずほ証券
考え中
幹事 SMBC日興証券
考え中

実は未だに悩んでいます。。

承認時は参加方向で検討していたのですが、2つの理由からちょっと弱気越しに。

  • 地合いの悪化
  • 仮条件の大幅下ブレ

ウイルスのおかげで地合いは承認時よりも悪くなりました。

さらに仮条件もこれだけ弱気でくるとは想定外。

スペックが魅力なだけに悩ましいです。

ひとまず申込期間ギリギリまで悩んでみます。

でもプラスリターンになっても数千円だと思うので、公募割れ銘柄を引きたくないという人はスルーでオッケだと思いますね。

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ。

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

https://ipomechanic.com/2017/04/13/post-28665/

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック