当ブログ一押しキャンペーン!!

【全プレ】

9/30までバンカーズに口座開設で2,000円分のアマギフが貰えます!!

IPO投資

【抽選結果】ランディックスのIPOが岡三オンライン証券で当選ってマジ!? ダメ元でも申込する大切さを再認識

ぶるぶる
ぶるぶる
ランディックスの結果も判明!! 当選できたの??
メカニック
メカニック
じゃあ紹介していくね!!

どうも、メカニックです。

日経がついに24,000円目前となり今年は去年とは対照的な相場になっていますね。

これならどのIPOもひどい結果にはならないような気がしてきました。

全力で行かなかったIPOも多いのでちょっと後悔している自分がいます。

でも、今回結果を紹介するランディックスは自信をもってフルエントリー。

あいにくの落選続きですが大和証券が主幹事でしたのでちょっとだけ期待しています。

では早速紹介していきますね。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

FUELオンライン

ランディックス(2981)のIPO公開価格

まずはランディックス(2981)の公開価格から紹介します。

想定平均価格は1,530円、仮条件は1,530円~1,630円でした。

公開価格は下記の通りです。

【公開価格】

1,630円

上限で決まりました。

そこそこ人気のIPOでしたのでこれは納得ですね。

それにしても12月IPOは今の所全て上限で決定しています。

ランサーズのように大幅に仮条件を下ブレさせたものまで上限で決定している状況。

地合いがいい証拠ですね。

 

ランディックス(2981)のIPO抽選結果

では、本日のメインであるランディックス(2981)の抽選結果発表に移ります。

大和証券にドキドキしながらログインしてみると…

  証券会社 抽選結果
主幹事 大和証券
選外
幹事 SBI証券
落選
みずほ証券
落選
楽天証券
後期
岡三証券
落選
岩井コスモ証券
後期
SMBC日興証券
補欠
委託幹事 岡三オンライン証券
落選
松井証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

残念無念、主幹事の大和証券では落選となりました。

今年は本当に相性が悪いです。。

今年に関していうと未成年口座ではフィードフォースが当たっていますが自分はA級IPOに当選していません。

リートは当選しましたがこれは多くの人が当選してますからね〜。

これはもう来年にかけるしかないかも。

もちろん他の証券会社でも落選となり全滅が濃厚。

後期型の楽天証券岩井コスモ証券にかけるしかない状況となっています。

 

ランディックス(2981)は当選者が多すぎる!?

今回もランディックス(2981)の当選者をチェックしてみましたよ〜。

今回はかなりレア当選をしている人も発見しました。

当然ですが主幹事の大和証券で当選した人が多いです。

チャンス当選も多数発見!!

その中でも特にびっくりしたのは岡三オンライン証券で当選した人がいること!!

委託販売でしたからおそらく配分数は5枚前後だったと思います。

強運もいいところです 笑

自分も一度でいいからB級以上のIPOを岡三オンライン証券で当選したい!!

やっぱりこういうのを見るとダメ元でも申し込まなきゃダメだなとつくづく感じますね。

ちなみに岡三オンライン証券は資金不要で申し込める貴重な証券会社ですよ。

 

ランディックス(2981)の初値予想アンケート途中結果


続いて、参考までに当ブログで毎回実施している初値予想アンケートの途中結果を紹介します。

当選した人は是非チェックしてみてください。

投票 or View Result をクリックしてくだされば結果を確認できますよ。

途中結果を簡単に紹介すると現在の1位は公募価格の1.5倍〜2.0倍。

2位が公募価格の1.0倍〜1.5倍です。

1.5倍前後が意識されているようですね。

プラスになるのはほぼ間違いないかな〜という状況となっています。

 

IPOの当選確率をアップさせる6つの方法とは??

IPOになかなか当選できないという初心者の人は下記の方法を試して見てください。

  1. 主幹事を第一優先に申し込む
  2. とにかくたくさんの証券会社から申込をする
  3. 各社のポイント制度を利用する
  4. 大和証券のチャンス回数を増やす
  5. SMBC日興証券の優遇抽選を利用する
  6. ネオモバの優遇抽選を利用する

今回当選者をチェックしていたら平幹事や委託幹事で当選した人をそこそこ発見できました。

とにかくたくさんの証券会社から申込をすれば幸運が舞い込むことがありますよ。

数打ちゃ当たるです!!

たった1株からIPOに新しい仕組み。

そして最先端だと株式投資型クラウドファンディングという方法もあります。

IPOを目指すベンチャー企業への先回り投資、つまり未公開株への投資です。

FUNDINNO(ファンディーノ)なら有望な企業にエンジェル投資ができ、出資した企業がIPOしたら10倍以上のリターンも夢ではありません。

エンジェル税制も利用できるので節税対策としても”あり”だと思います。

ちなみに現在FUNDINNOでは2019/12/25までは投資家登録で1,000円相当のamazonギフト券が貰えるキャンペーンを実施しています。(先着1,000名限定)

残り300名をきっていると思うので気になる方はお早めにっ!!

コツコツと低リスクで他の投資を試して見たい人にはFunds(ファンズ)が向いていると思います。

企業にお金を貸して固定利回りの分配金を貰うという社債のような金融商品でスマホから簡単に投資が可能。

その上、最低投資金額は脅威の1円から。

投資したあとは何もすることはありません。

色々とやることの多いIPO投資との相性もバッチリです!!

利回りは3%ほどですが銀行預金と比べたら数十倍も変わってきます。

さらに中には優待がもらえるファンドもあるんです。

金融雑誌などでも紹介され、超注目されているサービスですよ。

下記記事でさらに詳しく紹介しているので気になる人はこちらをどうぞ!!

 

まとめ

ランディックスも無念の敗戦。。

最近は補欠当選ばかりでしたがとうとうここにきて息切れしてきたのかもしれません。

もう今年期待できるIPOはスペースマーケット、AI inside、スポーツフィールドの3つを残すのみ。

赤信号よりの黄信号が点灯してきました。

いよいよやばいですね。

でも、きっと自分以上に当選していない人は絶対にいると思います。

モチベーションが下がっていると思いますがIPO投資は落選するのが当たり前です。

諦めて辞めるのが一番よくないので、「期待値を稼いだぞ〜」とポジティブに考えながら一緒に頑張っていきましょう!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    メカニックさん、こんにちは!

    いつも楽しく拝見し、参考にさせていただいています。
    ありがとうございます!

    12月もコツコツと申込を続けていますがいまだ当選の文字は見られずです・・・(*_*;
    でもまだあきらめません!

    ほんと、岡三オンライン証券での当選ってすごいですね!
    岡三証券での当選もすごいと思います!

    こういうのを目の当たりにすると
    どんなに当選人数が少なくても、ちゃんと当たる人いるんだ!っていう驚きとともに
    それならやっぱり引き続き申込み続けよう!という励みにもなります(*^▽^*)

    ここ最近のメカニックさんの補欠当選続きもある意味すごいと思います!!!
    何の予言(?)なのか気になります(*^▽^*)

    ところで本日はちょっとお尋ねしたいことがあるのですが、
    先日、丸三証券でINCLUSIVEの結果を確認したところ
    「落選」と表示されていました。

    丸三証券はこれまで、SMBC日興証券と同様に「補欠=落選」の意味合いと捉えていて、
    いきなり「落選」という表示ではなかったと思うのですが、
    メカニックさんは丸三証券で「落選」の表示をご覧になったことがありますか?

    仕様が変わったのかな?と思い、
    その後global bridge HOLDINGSの結果も確認したのですが
    そちらはこれまで通り「補欠」でした。

    「補欠=落選」と思っていたのでこれまではすぐに「購入辞退」していたのですが、
    もしも通常の補欠扱いなのだとしたら
    今後の丸三証券の補欠では購入申込みも検討したいな、と思いまして・・・

    特に急ぎではないのでお時間のあるときにお返事いただけたらうれしいです!
    よろしくお願いします

    • メカニック より:

      匿名さんコメントありがとうございます!!
      12月なかなか当選しませんよね。
      自分もC級しかゲットできておらず厳しい年末を過ごしております。
      さて、丸三証券ですが基本はSMBC日興証券と同じ補欠システムです、
      いきなり落選というのは自分も見たことがありません。
      ただ12月は資金の都合で丸三証券からは参戦しておりませんのでここ最近変わった可能性もゼロではないです。
      ちょっと不可解ですね。
      もし、何か情報をゲットしましたらブログに書かせてもらいますね。
      貴重な情報ありがとうございます♪

  2. 匿名 より:

    メカニックさん、お返事ありがとうございます‼

    丸三証券、やっぱり不可解ですよね(*_*;

    情報がありましたら是非よろしくお願いします!
    私も今後何かわかりましたらご連絡させていただきますね^^

    ありがとうございました!

    IPO、引き続きかんばります♪

    • メカニック より:

      こちらこそよろしくお願いします。
      お互い当選できるように頑張りましょう♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック