IPOの当選確率がUPする6つの方法とは

2014年IPO成績

 

今年はREITを含め83銘柄が上場をしました!!

 

また、個人的には今までで一番多くのIPOが当選し、さらには年間で利益も多くだせましたので飛躍の1年です

 

2014年の個人成績は下記の通り

 

 
当選銘柄
利益
当選した証券会社
14000円
・大和証券
100000円
SBI証券
・三菱UFJMS証券
73100円
-9900円
-39300円
・野村証券
・三菱UFJMS証券
SMBC日興証券
559000円
・三菱UFJMS証券
10000円
・大和証券
59500円
-47000円
・いちよし証券
21000円
・三菱UFJMS証券
・みずほ証券
マネックス証券
123000円
1110000円
・エイチエス証券
24000円
SMBC日興証券
・大和証券
25000円
114600円
・野村証券
95000円
・大和証券
37000円
・みずほ証券
gumi×2

0円
・野村証券
マネックス証券
合計
18銘柄
2269000円
26社

 

200万円以上という年初では全く想像していなかった多くの利益をあげることができました(^ ^)

 

前年度は40万ほどの利益でしたので自分でも本当に驚くべき結果です♪

 

一番大きかったのははやはり2014年度で一番の当たりIPOであるCRI・ミドルウェアが当選できたことでしょう

 

これは本当に嬉しかったです

 

しかしながら公募割れ銘柄を3銘柄引いてしまったのは反省すべき点だと思っています。

 

その一方初当選できた証券会社が数多くあった年でもありました(^ ^)

 

 

・みずほ証券

・エイチエス証券

マネックス証券

 

 

特にマネックス証券では3ヶ月でリクルート、エラン、gumiの3銘柄が当選と10万円以上の利益!!

 

SBI証券でも3銘柄が当選とネット証券はやはり当選しやすいんだなと感じました

 

山あり、谷ありの2014年でしたが家族口座なしでもこれだけの利益を上げることができると自信が持てる年でしたね♪

 

 

2013年IPO成績