当ブログ一押しキャンペーン!!

【限定タイアップ】

ファンディーノへの投資家登録で…

1,000円分のAmazonギフト券が貰えます!!

IPO投資

IPOはやっぱりマザーズが一番!?2014年の市場別騰落率まとめ

 

IPOの初値予想する上で重要なファクターの一つとなるのが”市場”です

 

1年の内で

  • マザーズ
  • ジャスダック
  • 東証2部
  • 東証1部
  • REIT

 

の5つが大半を占めますよね

 

やはり初値が期待できるのは断トツでマザーズだと思いますが実際の所、各市場でどのくらい騰落率が違うのかは詳しくわからないと思います

 

今回、データ整理の一環として2014年の市場別の平均騰落率をまとめましたのでご紹介させていただきます♪

 

a0002_001949

 

市場 銘柄数 平均騰落率
マザーズ 44 141.4%
ジャスダック 11 66.7%
東証1部 10 -1.8%
東証2部 10 -1.4%
REIT 6 17.2%

 

2014年度は名証2部とセントレックスに上場した銘柄がありますがそれは省かせていただきましたのでご了承くださいm(_ _)m

 

上記データをみるとマザーズが頭2つ分くらい抜け出しておりデータからもマザーズが初値高騰しやすいというのがよくわかると思います

 

140%オーバーはちょっと凄すぎですねww

 

このデータの中で個人的にはジャスダックの騰落率が予想以上に高かったのに驚きました

 

平均騰落率50%以上は十分立派な数字です

 

もちろん銘柄に左右されると思いますがジャスダックも魅力のある市場だということがいえると思います(^ ^)

 

そして残念なのが”東証1部 と2部”ですね

 

平均騰落率がマイナスです

 

2部はそんな気がしていましたが1部までマイナスとは意外でした(^^;;

 

ただ、去年はジャパンディスプレイという最低の銘柄があったのでこれが足を引っ張ったのはいうまでもないでしょう

 

これを抜かせばプラスだったと思います

 

東証1部にはややかわいそうな年だったかもしれません(T . T)

 

REITに関しては日銀サプライズの影響や初のヘルスケアリートが上場などがありましたので10%以上の騰落率となり、かなり強い結果となりました

 

去年はREITは公募割れなしということで当たり年でしたね♪

 

 

今回のデータはあくまで”平均騰落率”になるため各市場の銘柄で強弱があるということはご注意ください

 

マザーズでも公募割れ銘柄はありますからね(^^;;

 

今年もマザーズが一番強いと思いますが個人的には枚数が多くて当選しやすい東証1部銘柄に頑張ってほしいと思います

 

是非とも今年は平均騰落率をプラスにして、去年のリベンジを果たしてもらいましょう!!

CRE Funding
FUNDINNO(ファンディーノ)
【裏技】IPO株を誰よりも先に入手する方法とは??

最近はIPOが全く当たらなくなってきました。

ここ数年実践してきた自分としては「かなり厳しくなってきた」という印象です。

そこで自分はエンジェル投資を始めました!!

エンジェル投資とはIPO株を目指すベンチャー企業へ先回りで応援投資する方法

応援出資した先がIPOすれば10倍以上のリターンも狙えます。

もちろん出資した企業がIPOすればすでにその株を保有しているので抽選に参加する必要はありません。

上場後に売却するだけです。

最近では個人でも10万円からエンジェル投資ができる株式投資型クラウドファンディングのサービスがでてきたことから気軽に応援出資ができるようになってきました。

自分は20社以上にエンジェル投資していますが中でもおすすめなのは業界大手のファンディーノです。

案件数はダントツでエンジェル税制という優遇措置も受けられる銘柄が多いです。

このような企業に出資すれば投資しながら節税ができますよ。

ちなみいそんなファンディーノと当ブログではタイアップキャンペーンを実施中です。

下記リンクから口座開設するとAmazonギフト券1,000円がプレゼントされます。

リンク先には自分が出資する際に見ているポイントも紹介していますので、是非一度覗いてみてください!!

ファンディーノについての詳しい紹介と出資先、イグジット実績は下記記事にまとめてありますのでこちらも一読していただけますと幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【タイアップ中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック