IPO投資

安江工務店(1439)のIPO直感的初値予想!!

 

仮条件が決定しましたので今回はBB期間が1/25から始まる安江工務店(1439)のIPO直感的初値予想をしていきたいと思います(^ ^)

 

安江工務店は第一弾IPOのシャノンと比較してしまうと、ちょっと残念な銘柄に感じてしまうかもしれませんね

 

でも個人的には悪くないと思いますし、そこそこ人気化するような雰囲気を感じます

 

安江工務店 ロゴ 2

 

 

IPO安江工務店(1439)の仮条件

 

まずはIPO安江工務店(1439)の仮条件を紹介させていただきます(^ ^)

 

【仮条件】

1,130円 〜 1,250円

 

おっ!! これはちょっと意外な仮条件になりました(^ ^)

 

想定価格は1,130円だったので、想定価格が下限の強気設定です

 

機関投資家の評価が高かったいうことでしょう!!

 

ただ、仮条件が上ブレすることはプラスの要素ではありますが、安江工務店は初値高騰するような銘柄ではないと思っていますので、上値余地が少なくなったという考え方もできます

 

良いような、悪いような個人的にはちょっと複雑な気持ちになりました(^^;;

 

 

 

安江工務店(1439)のIPO直感的初値予想

 

続いて本題である、安江工務店(1439)IPO直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

 

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

 

安江工務店 ロゴ 1

1,500円 〜 2,100円

(公募比約1,2倍〜公募比約1,7倍)

 

 

安江工務店(1439)のIPOスペック考察

 

まずは吸収金額から見ていきましょう!!

 

仮条件が上ブレしましたので、最大7億円となりました

 

上場市場はジャスダックとなりますが、まだギリギリ小型の規模といっていいと思います(^ ^)

 

需給面でのアドバンテージはありそうです♪

 

続いて業種になりますが、こちらは不動産・建設業ということでIPO投資家にはあまり好かれる分野ではありません

 

目新しさもないですし、不動産業は市場でも比較的割安で放置されていることが多いですよね(^^;;

 

不人気というわけではありませんが、残念ながらプラスの要素にはならないと思います

 

でも、スケジュール的には単独上場の上、前後に空白期間がありますし、地合いも悪くありませんから、この辺りはプラスに働いてくれそうです

 

最終的には、初値高騰はしないまでもそれなりに利益をもたらしてくれるIPOだと感じましたので、上記のような初値予想にさせていただきました!!

 

 

 

 

安江工務店(1439)のIPO業績

 

続いてIPO安江工務店(1439)の業績をご紹介です(^ ^)

 

【売り上げ】

安江工務店 売り上げ

 

【純利益】

安江工務店 純利益

 

売り上げは微妙に増加しているような雰囲気を醸し出していますが、頭打ちにも見えますので判断が難しいところです

 

純利益もまた、第40期の大赤字が気になります

 

なんともいえませんが、業績はまぁ普通といったところでしょう

 

投資家に悪い印象を与えないレベルといったところですね。

 

 

安江工務店(1439)のIPO各社割当枚数

 

続いて安江工務店(1439)のIPO各社割当枚数の紹介です

 

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事東海東京証券
4,363枚
437枚
1
幹事SBI証券
147枚
67枚
2
みずほ証券
98枚
10枚
3
SMBC日興証券
98枚
10枚
3
藍澤證券
98枚
10枚
3
安藤証券
49枚
5枚
4
エース証券
49枚
0枚
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚

 

やっぱり、主幹事の東海東京証券がダントツで割当が多いです

 

ここは第一優先で抑えておかなければいけない証券会社ですね♪

 

自分は2016年の年末に岐阜造園、グレイステクノロジーと立て続けに当選したので、今回も密かに期待しています

 

東海東京証券で当選の2文字が!? グレイステクノロジー(6541)のIPO抽選結果!!! IPOグレイステクノロジー(6541)の抽選結果もでました(^ ^) 個人的にはイノベーションの次に当選したかった...

 

密かにというか、結構しています(笑)

 

その他上位幹事のSBI証券みずほ証券SMBC日興証券も申込みする価値はあると思いますのでこの4社は絶対申し込みしたいですね

 

また、今回は藍澤證券をチェックしたところ、ブルートレードからも申込みが可能です!(◎_◎;)

 

口座数と割当枚数を考えると安藤証券よりは期待できると思いますから、口座をお持ちの方はこちらも忘れずに申し込みしましょう

 

自分はというと、実は口座開設の書類を出すのが遅れてしまったので、まだ開設できていません( ;  ; )

 

安江工務店のBB期間中に間に合うか微妙です

 

間に合ったら藍澤證券で”初申込み”してみますね♪

 

また、上記証券会社の口座を持っていない方は下記に開設できるまでの日数(最短の場合)をまとめてあります

 

証券会社最短開設日数
カブドットコム証券即日(1営業日)
岡三オンライン証券即日(1営業日)
マネックス証券2営業日
野村證券3営業日
大和証券3営業日
SBI証券3営業日
楽天証券3営業日
松井証券3営業日
GMOクリック証券3営業日
東海東京証券5営業日
SMBC日興証券5営業日
エイチエス証券5営業日
丸三証券6営業日
みずほ証券7営業日
むさし証券約1週間
いちよし証券10営業日
三菱UFJMS証券10日未満
岩井コスモ証券2週間
安藤証券2週間~3週間
岡三証券2週間~3週間

 

今から口座開設しても申しこみに間に合わないかもしれませんが、この先もIPO投資をする上では必ず必要になってくる証券会社ですから、まだ口座を持っていない方は今後のためにも開設をしておくことをオススメしますよ

 

 

 

安江工務店(1439)のIPO最終BBスタンス

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事東海東京証券
補欠当選
幹事SBI証券
落選
みずほ証券
落選
SMBC日興証券
補欠
藍澤證券
間に合わず
安藤証券
落選
エース証券
ネットBB不可
委託岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし

 

テンションが上がるIPOではありませんが、当選できれば利益が見込めそうなので、ネットから参加できる全ての証券会社から申込みをします

 

微妙なスペックではありますが、恐らくほとんどの人が申し込みするIPOだと思いますね♪

 

ただ、地合いが急激に悪化するとちょっとパフォーマンスが下がるかもしれません

 

期待はずれの結果になる可能性も否定できませんから、この辺は注意しておいたほうがよさそうです

 

でも、最近はIPOの競争率も激しいのでこのくらいのIPOは悩んでいちゃいけないと思っています

 

個人的にはこの辺で当選して2017年はいいスタートを切りたいです

 

東海東京証券さん!!期待していますよ~♪

 

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

 

その他安江工務店の初値予想はこちらにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。