アルヒ(7198)のIPO直感的初値予想!!

今回はBB期間が2017/11/28から始まるアルヒ(7198)のIPO直感的初値予想をしていきます!

28日からはこのアルヒとグローバル・リンク・マネジメントの申し込みも始まりますので、一気に7社の申し込み期間が被ります。

29日からはさらに増えますので、こうなると軽いプチパニックになってしまいますね(^_^;)

なんだかIPOの申し込みで、多くの時間がとられてしまいそうです。。

自分はおそらく申し込み忘れをすると思いますが、みなさんは十分注意してくださいませ。

スポンサーリンク

アルヒ(7198)のIPO仮条件

まずはIPOアルヒ(7198)の仮条件から紹介します。

【仮条件】

1,150円 〜 1,340円

想定価格は1,340円でしたので、上ブレはしませんでした。

直近IPOがほぼ上ブレしていることを考えると、弱気の設定といっていいかもしれません。

カチタスも上ブレしませんでしたから、少し同じ雰囲気を感じます(^_^;)

やはりスペック的にも人気化は難しいでしょうから、このあたりを考慮した可能性が大です。

こんな仮条件を出されてしまうと、流石にポジティブには受け取れませんよね。。

アルヒ(7198)のIPO直感的初値予想

続いて本題である、アルヒ(7198)IPO直感的初値予想です

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

1,200円 〜 1,500円

(公募比約0.9倍〜公募比約1.1倍)

アルヒ(7198)のIPOスペック考察

ではアルヒ(7198)のスペックを紹介していきます。

まずはいつも通り、IPOの初値に大きな影響を与える吸収金額からチェックしていきましょう。

仮条件が上ブレしませんでしたので、承認時から変更なく約256億円です。

東証1部に上場することになると思いますが、残念ながらこの規模では小型とはいえないため、初値高騰は見込めません。

公募価格近辺での初値形成が濃厚でしょう。

また、業種はモーゲージバンク事業となり、残念ながらこちらもあまり人気がなく、プラス要素にはならないです。

投資家からは嫌われる全株売り出しのみというのもマイナス要素になります。

ファンドの換金上場と言われても致し方ないでしょう(^_^;)

さらに何回も言っていますが連日IPOが上場するという超過密スケジュールですから、どうしても初値パフォーマンスは低下してしまいます。

プラス要素は見つけられず、低スペックと言わざる追えませんので今回は公募価格前後での初値予想とさせていただきました。

メカニック
IPOで利益を出すよいうよりも、中長期的に保有した方が利益を出しやすい銘柄だと思います。

アルヒ(7198)のIPO業績

続いてアルヒ(7198)の業績をご紹介です(^ ^)

【売り上げ】

【純利益】

3期分しかありませんのであまり参考にならないかもしれませんが、営業収益、純利益ともに増加傾向(?)です。

一応、黒字はしっかりと確保していますね。

ただ、これだけでは評価するのは難しいですし、今後住宅ローンの競争はさらに激しくなっていくと思います。

この先の業績はあまり伸びていかないかもしれません。

アルヒ(7198)のIPO初値予想アンケート途中結果

アルヒ(7198)の初値予想アンケートの途中結果は下記の通りになります。

左下にある “View Results” をクリックしてもらえればチェック可能です。

また、投票していただいても結果が表示されますので、ご協力くださいますと幸いですm(_ _)m

アルヒ(7198)のIPO各社割当枚数

続いてアルヒ(7198)のIPO各社割当枚数の紹介です。

今回は下記のように決定しています!!

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
-枚
-枚
1
UBS証券
-枚
-枚
-
みずほ証券
-枚
-枚
-
幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
-
大和証券
-枚
-枚
-
SBI証券
-枚
-枚
-
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
-
楽天証券(?)
-枚
-枚
-
安藤証券(?)
-枚
-枚
-
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
-
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
-
松井証券(?)
-枚
-枚
-
※目論見書に記載後に更新します

主幹事は共同主幹事ですが、UBS証券はネットから申し込みができません。

よって、狙い目になるのは野村証券みずほ証券の2社。

当選枚数も多いので、当選できる確率は高いです。

個人的にはどちらかといえば野村證券よりも、みずほ証券の方が期待できるかなと思っています(^ ^)

アルヒを公募で取得したい方はこの2社を最優先で押さえておきましょう。

また、SBIグループはアルヒの株主ですのでSBI証券も要チェックですかね。

あくまで個人的な印象にはなりますが、全ての証券会社から申し込みをすれば”100株は当選できるかな”という印象を持っています。

メカニック
アルヒに申し込みをしない場合でもSBI証券にだけは申し込みをして、IPOチャレンジポイントはしっかりとゲットしておきましょう。1Pあたり1,500円以上の価値はありますよ。

アルヒ(7198)のIPO最終BBスタンス

最後に上記で紹介したことを踏まえたアルヒ(7198)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
不参加
UBS証券
ネット申込不可
みずほ証券
不参加
幹事SMBC日興証券
不参加
大和証券
不参加
SBI証券
補欠当選
委託岡三オンライン証券(?)
不参加
楽天証券(?)
不参加
安藤証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
松井証券(?)
不参加

今回はSBI証券のみの参加としました!!

ポイント狙いに徹します(^ ^)

やはりある意味再上場案件といえますし、規模的にも重たさを感じますので、公募で取得したいとは思えません。

公募割れの可能性もあるので、ここは慎重にいかせていただきます。

12月IPOは結構スルーする銘柄が多くなりそうでちょっと残念ではありますが、損失を出したら意味がないですからね。

当選欲に惑わされず、利益が出そうなIPOのみ狙い撃ちしていくつもりです♪

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

アルヒ(7198)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ
アルヒ(7198)のIPOが新規承認されました。 2017/12/14に上場予定で事業内容は"フラット35を中心とする...

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)