IPO投資

要興業(6566)のIPO直感的初値予想!!

 

今回はBB期間が2017/12/07から始まる要興業(6566)のIPO直感的初値予想をしていきます!

 

あれだけあった12月IPOも気づけば要工業まできてしまいました!(◎_◎;)

 

本当に時が経つのは早いものです。

 

ここから後はABホテルぐらいしか気になるIPOはありませんが、一応最後まで何があるかわかりません!!

 

地合いを見ながら真剣にBBスタンスを考えていきましょう♪

 

 

要興業(6566)のIPO仮条件

 

まずはIPO要興業(6566)の仮条件から紹介します。

 

【仮条件】

700円 〜 750円

 

想定価格は700円でしたので50円上ブレしました!(◎_◎;)

 

なんと、なんとかなりの強気設定です!!

 

個人的には評価がそれほどいいIPOではないと思っていたので、てっきり通常バージョンでくると思っていたんですけどね。

 

もう、「なんでも来い!!」的な勢いも感じます(^_^;)

 

ちなみに機関投資家へヒアリングした結果は下記の通りとのこと。

 

  1. 東京23区内を主要な営業エリアとして展開しており、安定した営業基盤を構築できていること。
  2. 当社グループ保有車両の積載量にも余力があり、さらなるシェア拡大や今後の成長が見込めること。
  3. 人材の確保や人件費を含めたコスト負担への対応が課題となる可能性があること。

 

東証2部でこの仮条件ともなると、もうIPOバブルといってもいいのかもしれません。

 

 

要興業(6566)のIPO直感的初値予想

 

続いて本題である、要興業(6566)IPO直感的初値予想です

 

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります(^ ^)

 

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってください

 

700円 〜  850円

(公募比約0.9倍〜公募比約1.1倍)

 

要興業(6566)のIPOスペック考察

 

では要興業(6566)のスペックを確認していきましょう。

 

上場予定市場は東証2部。

 

吸収金額は仮条件が上ブレした影響で約38.6億円となりました。

 

承認時からは2.6億円ほどサイズアップした形です。

 

まず、非常に残念ではありますが市場が東証2部ですので、この時点で初値高騰はほぼないでしょう!!

 

小型規模ならまだしも、今回は中型の案件となりますので、これは厳しい結果が待っていると思います。

 

しかも業種も環境関連というテーマ性はありますが、プラス要因と呼べるほどのインパクトはなし。

 

規模、業種ともに厳しいので、残念ながらかなりの低スペックIPOと言わざる終えません。

 

それだけならまだしも12月後半の上場となり、流石に投資家たちの買い疲れもあるでしょうからね。

 

予想以上に買いが入らない可能性もあります(^_^;)

 

個人的には買いたい要素が見当たらず、唯一あるとすれば地合という外部要因だけです。

 

あとはホント初値的にはマイナスになる要素ばかり。

 

よって、残念ではありますが今回は公募価格前後という弱気の初値予想とさせていただきました。

 

メカニック

単独上場の上にスケジュールが過密日程でなければ、そこそこ面白い銘柄になったかもしれません。なんでメリットがないのにわざわざ12月に上場したいんですかね。

 

 

要興業(6566)のIPO業績

 

続いて要興業(6566)の業績をご紹介です(^ ^)

 

【売り上げ】

 

【純利益】

 

売り上げ、純利益ともにほぼ横ばい。

 

東証2部ですからこんなものでしょう。

 

可もなく不可もなくという業績です(^_^;)

 

なんとも面白みにかけますね。。

 

 

要興業(6566)のIPO初値予想アンケート途中結果

 

要興業(6566)の初値予想アンケートの途中結果は下記の通りになります。

 


 

左下にある “View Results” をクリックしてもらえればチェック可能です。

 

また、投票していただいても結果が表示されますので、ご協力くださいますと幸いですm(_ _)m

 

 

要興業(6566)のIPO各社割当枚数

 

続いて要興業(6566)のIPO各社割当枚数の紹介です。

 

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事野村證券
38,498枚
3,464枚
1
幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
1,790枚
179枚
3
みずほ証券
1,790枚
179枚
3
SMBC日興証券
1,790枚
179枚
3
SBI証券
895枚
403枚
2
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
カブドットコム証券
-枚
-枚

 

やはり主幹事の野村證券が頭一つ抜けていました!!

 

低価格のIPOということもあり、かなりの割当がありますね。

 

現在はIPOが大人気でどの銘柄も当選しにくい状況ではありますが、流石にこの枚数ならば期待できるでしょう(^ ^)

 

野村證券で当選する人が続出しそうな感じです。

 

ただ、今回は平幹事にも多くの枚数が割り当てられているため、どの証券会社からでも比較的当選が狙えます。

 

特にSBI証券は狙い目ですね♪

 

当選を目指す方は波状攻撃を仕掛けてくださいませ。

 

また、カブドットコム証券でも取り扱いが確定いますので、こちらもお忘れなく。

 

メカニック

当選は容易だと思いますが問題はその後です。公募割れの可能性もありますので当選欲につられないようにしましょう。

 

 

要興業(6566)のIPO最終BBスタンス

 

最後に上記で紹介したことを踏まえた要興業(6566)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 

 
証券会社
抽選結果
主幹事野村證券
不参加
幹事三菱UFJモルガンスタンレー証券
不参加
みずほ証券
不参加
SMBC日興証券
不参加
SBI証券
落選
委託岡三オンライン証券(?)
不参加
楽天証券(?)
不参加
安藤証券(?)
不参加
ライブスター証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
松井証券(?)
不参加
カブドットコム証券(?)
不参加

 

低価格のIPOなので参加しようかと思いましたが、最終的には上記の通りSBI証券のIPOチャレンジポイント狙いに決めました。

 

個人的には公募割れはなんとか避けてくれるのではないかと感じていますが、上がってもしれていますし、当選できても100株ということを考えると、「どっちでもいいかな〜」という風になってしまったんですよね。

 

申し込みへのモチベーションが低下してしまったので、上記のスタンスとしました(^_^;)

 

あえてリスクをとる必要はないかなと。。

 

どちらかといえば大量配分を狙える店頭組がメインのIPOになると思いますので、ネットから参加する人は無理して申し込まなくていいと思います。

 

初値高騰することはないでしょうから、迷ったら安全策でいきましょう♪

 

公開価格や上場日直前の初値予想は下記記事に更新していきます

要興業(6566)のIPO初値予想とBBスタンス・幹事団のまとめ 要興業(6566)のIPOが新規承認されました。 2017/12/25に上場予定で事業内容は"一般・産業廃棄物の収...

 

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

 

 

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。