IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
金融機関・サービス

【運用成績】みんクレの損失はカバーできてる?? 2018年4月までの投資成績を一挙公開!!

 

最近だいぶ運用報告をサボっていました。。

 

昨年までは毎月ロボアドバイザーやソーシャルレンディングなどのパフォーマンスを紹介していたんですが他に書きたい記事や書かなくちゃいけない記事がありなかなか手が回らなかった次第です。

 

そこで今回は2018年4月までの各投資における利益をまとめていきたいと思います。

 

 

IPO投資はそこそこいいスタート!!

 

まずIPO投資からですが2018年4月現在の時点で当選できたIPOは下記の通りです。

 

  • 日総工産
  • SOU

この2社。

 

両方とも初値売りしまして得られた利益は15.7万円となります。

 

SOUは上場後に高騰しましたが、自分の中では基本初値売りというマイルールですのでこれは致し方なし。

 

そして、この数字ですが去年の成績を考えるとなかなかいいスタートを切れているんじゃないかなと思っています。

 

2017年のトータル利益は30万円ですからすでに半分以上も達成している状況です。

 

しかもこの後にはメルカリやソフトバンクなど大型IPOの新規承認があるかもしれませんので、さらに伸ばせそうな感じ。

 

贅沢いえば4月にもう1社当選できれば最高でしたけどね。。

 

 

ソーシャルレンディングはみんなのクレジットの影響が大

 

続いてソーシャルレンディングの運用状況です。

 

 

利用しているサービスと運用資金は下記の通り。

 

プラットフォーム投資資金
合計428.8万円
ラッキーバンク21万円
オーナーズブック57万円
クラウドバンク41.6万円
トラストレンディング20万円
LCレンディング13万円
クラウドクレジット16万円
SBIソーシャルレンディング50万円
maneo46万円
ガイアファンディング10万円
グリーンインフラレンディング20万円
クラウドリース16万円
アメリカンファンディング10万円
さくらソーシャルレンディング10万円
キャッシュフローファイナンス10万円
スマートエクイティ10万円
スマートレンド10万円
LENDEX10万円
クラウドリアルティ15万円
ポケットファンディング31.2万円
プレリートファンド10万円
ネクストシフトファンド2万円

 

2018年に入ってSBIソーシャルレンディングオーナーズブックmaneoクラウドバンクといった比較的信頼ができるサービスを中心に投資中。

 

このようになっている理由としてはやはり”みんなのクレジット”ですね。

 

みんなのクレジットで投資していたファンドがデフォルトしましたので大損失を被ったからです。。

 

現在までのソーシャルレンディングにおける利益をみてください。

 

プラットフォーム利益
合計-654,636円
ラッキーバンク9,738円
オーナーズブック2,882円
クラウドバンク6,323円
みんなのクレジット-72万5,011円
トラストレンディング3,825円
LCレンディング1,471円
クラウドクレジット1,116円
SBIソーシャルレンディング3,071円
tateru funding1,992円
maneo7,311円
ガイアファンディング1,765円
グリーンインフラレンディング7,527円
クラウドリース4,837円
アメリカンファンディング1,856円
さくらソーシャルレンディング1,593円
キャッシュフローファイナンス2,032円
アップルバンク741円
スマートレンド1,467円
スマートエクイティ0円
LENDEX2,639円
クラウドリアルティ0円
ポケットファンディング4,189円
キャンペーン4,000円

 

みんなのクレジット以外では順調に運用されていますが、この1社で一気にマイナスになってしまっています。。

 

このダメージから利回りやキャッシュバックキャンペーンよりも堅いファンドを運用している信用できる会社への投資に重点を置くようにシフト。

 

利回りよりも安全性を重視しています。

 

高い授業料になってしまいましたが、このくらいならばまだまだ取り返すことは十分可能。

 

今後投資資金を1,000万円に増やす予定でいますので、ソーシャルレンディングだけでも上手くいけば2年以内でとり戻せるとかなと踏んでいます。

 

ちなみに、この損失は仮想通貨を中心とした雑所得の利益と損益通算が可能なのでそちらでカバーするつもりですよ。

 

また、現在ソーシャルレンディングに興味のある方は下記記事をチェックして、信頼性の高い業者からスタートさせるのがオススメです。

 

【500万円で実証】ソーシャルレンディング初心者におすすめの事業者5選。 「ソーシャルレンディングやってみたいけど、事業者が多くてどこを選んで良いかわからない!!」 こう考えている人も多いのではな...

 

事業者さえ間違わなければ堅い投資方法だと思います。

 

 

仮想通貨はバブル崩壊!? 直近はトレンドが変換??

 

仮想通貨においては現物分は全く売却していません。

 

 

コインチェックで預けていた少量の通貨も無事出金できましたので、ダメージはなし。

 

仮想通貨の相場は1月の高値から半分以下の水準になっていますが、直近では下落トレンドから上昇トレンドに変わったように感じています。

 

ただ、またすぐに下落トレンドになってしまうような気もしますが…

 

個人的な考えとしては仮想通貨はまだまだこれからだと思いますので引き続き断固ホールドで、売却するつもりは全くありません。

 

一応、GMOコインでちょくちょくFXはエントリーしていまして約10万円ほどの利益を得てはいますよ。

 

[評判と口コミ] GMOコインは仮想通貨初心者に絶対オススメ!! 実際に口座開設してわかったメリット・デメリットを徹底紹介!! 仮想通貨の取引所や販売所が数多く出てきていますが、最近特にビットコイナーに人気なのがGMOグループが運営するGMOコインです。 ...

 

スマホから簡単に売買できるので重宝。

 

もし仮想通貨に興味のある方は下記記事でビットコインを無料でゲットする方法をまとめています。

 

よろしければ一読してくださいませ。

 

【最新版】ビットコインは無料で手に入れる時代!? 簡単に入手できる5つの方法 最近はいろんなところでビットコインという名前が聞こえるようになりました。 テレビCMも放映している...

 

 

ロボアドバイザーはトライオートETF次第!?

 

ロボアドバイザーの各サービスにおける投資金額と評価損益は下記の通りです。

 

 

サービス名投資金額評価損益
合計約144万円約12.8万円
WealthNavi36万円3.0万円
THEO16万円1.2万円
楽ラップ10万円0.3万円
投信工房14.6万円0.3万円
マネラップ6万円-0.1万円
マネーハッチ0.4万円0円
トライオートETF61万円8.1万円

 

先日の世界同時株安で一気に評価損益が削られてしまいましたがとりあえずはプラス域を保っています。

 

ただ、まだまだ市場は安定しておらず、全く油断はできません。

 

といってもこちらは短期ではなく長期的に考えていますので、大きく下落しても”買い場”がおとずれただけと判断し、そのまま投資は続行するつもりです。

 

ロボアドバイザーはそもそも短期で大きく利益を出すものではありませんからね。

 

とりあえず利回り5%ほどで運用していってくれれば問題はないかなと思っています。

 

 

まとめ

 

その他にも”タイムバンク“や”立会外分売”、”優待つなぎ売り“をしていますのでトータル収益でみればギリギリプラスかなという感覚です。

 

最低でもみんなのクレジットの損失分以上の利益は出しているはず。

 

ただ、さきほども言った通りソーシャルレンディングと仮想通貨、タイムバンクなどのサービスは損益通算ができるのでこの中でカバーするのが理想です。

 

果たしてどうなるか。

 

まだ2018年は折り返し地点に来ておらず、株式市場でよく言われているsell in mayも控えていますので、この先も相場を注視しながらいきたいと思います。

 

とりあえず今の所はプラスになっているので自己採点はギリギリ合格ということに勝手に判断しました 笑

 

激甘採点ですけどね。

 

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

今すぐ無料で口座開設

運営するクラウドポートの社長にFundsに込めた想いを聞いてきたので、気になる方は是非一読してみてください。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。