IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

アクセスグループ・ホールディングスのIPO初値予想!! セカンダリーも吟味あり!?

ぶるぶる
ぶるぶる
アクセスグループ・ホールディングスから11月に突入!! なんか急に年末感でてきた。
メカニック
メカニック
ソフトバンクも控えているし、ここから盛り上がっていきそうだね♪

どうも、メカニックです。

アクセスグループ・ホールディングス(7042)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめてあり、上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいませ。

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO初値結果!!評価・BBスタンス・詳細まとめアクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPOが新規上場します。初値結果、評価や詳細、初値予想、BBスタンス・主幹事団のまとめについてわかりしだい素早く更新していきます。当選しやすい証券会社も記載しています。...

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO仮条件

まずはアクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPOにおける仮条件からチェックしていきましょう。

【仮条件】

1,240円 〜 1,340円

想定価格は1,240円でしたので、100円上ブレしました!!

下限が想定価格で、下ブレはありませんから強気の仮条件です。

個人的には予想通りの設定できたな〜という印象。

日経がまだ落ち着きを取り戻していませんが、直近IPOは堅調な結果をだしていますのでこの辺りも考慮されてのことかもしれません。

ロードショーの感触もよかったということでしょうね。

ロードショーとは機関投資家向けに行われる会社説明のこと。ここでの評価が仮条件に反映される。

 

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるアクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになりますので、万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

2,700円 〜 3,500円

(公募比約2.0倍〜公募比約2.5倍)

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPOスペック考察

それではアクセスグループ・ホールディングス(7042)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

上場予定市場はジャスダックで、マザーズに継ぐ人気の市場。

マザーズほどではありませんが、騰落比が高くなる傾向にあります。

そして吸収金額は仮条件が上ブレしたので最大6.2億円になりました。

想定価格ベースでは5.7億円だったので0.5億円のサイズアップしました。

10億円未満なら一般的に小型といわれていますから、この規模なら小型の中の小型。

需給面での有利性は非常に高いです。

過去の成績をみても同規模のジャスダックIPOで公募割れはほとんどありませんから、この時点で安心感がありますね。

次に業種を見ていくと、残念ながらプロモーション事業ということで目新しさはありません。

ここが少しもったいないところでしょうか。

マイナス要素にはならないと思いますが、初値にプラスの影響はなさそうです。

ただ、アクセスグループ・ホールディングス(7042)の前後には上場するIPOがないですし、大きな売り圧力もありません。

思いのほか注目度が高くなると考え、公募価格の2.0倍~2.5倍という強気の初値予想としました。

ぶるぶる
ぶるぶる
地味な会社だけど外部要因から”どかん”と行きそうな雰囲気があるね。
メカニック
メカニック
地合いが回復すれば初日の初値形成はないと思う。

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO業績

続いてアクセスグループ・ホールディングス(7042)の業績をご紹介です。

【売り上げ】

【純利益】

売上げは途中から連結のみになっているのでわかりにくいですが、緩やかに伸びています。

一方、純利益は赤字から26期に黒字化。

単体では減少しつつも連結では伸びているようです。

派手さはありませんが、投資家に悪い印象は与える業績ではないと思います。

及第点は与えられるでしょう。

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO初値予想アンケート途中結果

アクセスグループ・ホールディングス(7042)の初値予想アンケートの途中結果は下記の通りになります。


左下にある “View Results” をクリックしてもらえればチェック可能です。

また、投票していただいても結果が表示されますので、ご協力くださいますと幸いです。

ちなみに現在のトップは公募価格の1.5倍〜2.0倍になっています!!

さすがに弱気の予想はありません。

期待できそう♪

 

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPOが当選しやすい証券会社は??

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO各社割当枚数は下記の通りです。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人的期待度
主幹事 大和証券
3,720枚
最大935枚
1
幹事 みずほ証券
120枚
12枚
3
SMBC日興証券
80枚
8枚
4
岡三証券
40枚
4枚
5
SBI証券
40枚
18枚
2
委託 岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚

※目論見書に記載後に更新。割当枚数が表示されている場合は目論見書に記載されている数字を元に算出したものです。実際の配分枚数は上記よりも少なくなる可能性があります。

当選確率が一番高いのは大和証券で間違いないと思います。

大手証券の中では一番抽選割合が高いのでネット組としては腕がなりますね♪

ちなみに大和証券がIPOルールを変更してからアクセスグループ・ホールディングス(7042)が初の主幹事銘柄です。

【天国 or 地獄】大和証券のIPOルールが大幅に変更!! 旧ルールと比較しながら自分の意見をまとめてみた大和証券のIPOルールが2018年の10月に変更になります。今回は旧ルールと比較しながらどこが変更になったのか詳しく紹介していきます。...

チャンス当選する人がでてくるのかも注目!!

あとは当選枚数が少ないので、期待度は高くありませんが上位幹事のみずほ証券SMBC日興証券あたりも最低限申し込みしておくのがいいと思います。

SBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントというお土産がもらえるので、ここは必ず申し込みしましょう。

ポイントはインフレしていますが、コツコツ貯めればいつかはA級IPOに当選できますよ。

SBI証券のIPOチャレンジポイントを本当に理解してる?? 知っている限りで徹底的にまとめました!!SBI証券で最も重要になってくるのはやはりIPOチャレンジポイントだと思います そして、IPOの新規承認が多くなってきて一番質問を...

またIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますので気になる方は参考にしてくださいまね♪

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...
ぶるぶる
ぶるぶる
久しぶりの大和証券主幹事I!! 11月はIPOも少ないしチャンス当選を狙うぞ!!
メカニック
メカニック
でも”ぶるぶる”ってチャンス回数1回じゃなかった??
ぶるぶる
ぶるぶる
うっ……

 

アクセスグループ・ホールディングス(7042)のIPO最終BBスタンス

最後にアクセスグループ・ホールディングス(7042)における最終的なBBスタンスを紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事 大和証券
選外
幹事 みずほ証券
落選
SMBC日興証券
補欠
岡三証券
落選
SBI証券
落選
委託 岡三オンライン証券(?)
落選
松井証券(?)
取扱なし
安藤証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
楽天証券(?)
取扱なし

IT系のようなキラキラなIPOではないですが、スペックは申し分ありません!!

よって、フルエントリーでいきます!!

過密スケジュールの中での上場だったら注目度は高くならなかったと思うので、色んな外部要因に恵まれたのはラッキーです。

個人的にはセカンダリーも結構盛り上がるんではないかなと期待しています。

セカンダリー投資とは?? コツや投資方法をIPO歴6年の管理人がブログで徹底解説!! IPOは上場後にも利益を狙えるセカンダリー投資というものがあります。 上級者向けの方法ではありますが、IPOは上場...

11月は残念ながらIPOが全然新規承認されなかったので、アクセスグループ・ホールディングスには一発大きな花火を打ち上げもらい、その後にでてくるIPOへ最高の状態でバトンを渡してもらいましょう!!

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。