【早期終了あり】当ブログ限定キャンペーン!!

FUNDINNOへの口座開設で
2,000円分のAmazonギフト券
が貰えます!!

IPO投資

【IPO初値予想】マイクロアドでチャレンジポイントを使うべき!? ボーダーや業績・ブル・ベア要素まとめ

どうも、メカニックです。

マイクロアド(9553)の仮条件が決まりましたので、いつも通り初値予想をしていきたいと思います。

詳細なIPOデータは下記記事にまとめ済み。

上場日直前には最新の初値予想も更新予定です。

当選できた方は是非こちらもチェックしてくださいね。

【運営者おすすめのソーシャルレンディング】

Funds

結論:マイクロアドは参加予定

時間がない人向けにこの記事の内容をサッとまとめました!!

【仮条件】 1,300円 〜 1,410円
【初値予想 】 1,300円 〜 1,800円
【スタンス 】 参加
【狙い目】 SBI証券

想定価格は1,380円でしたので、やや強めの仮条件です。

要点まとめ
  • データプラットフォーム事業
  • 業績好調で黒字
  • 吸収金額は最大37.5億円
  • 6/29にグロースへ上場
  • ロックアップは問題なし
  • サイバーエージェントの子会社

仮条件が上ブレしたので、吸収金額は37.5億円となりました。

グロースに上場ということを踏まえると、中大型規模となり需給関係は良くありません。

ただ、事業内容はデータプラットフォーム事業で業績は好調。

地合いもエニーカラーのおかげで上向いていますので、今の雰囲気を維持してくれるならプラスリターンになるかもしれません。

自分はフルエントリーすることにしました。

主幹事のSBI証券を最優先に、資金を集中させて少しでも当選確率をアップさせていきます。

IPOチャレンジポイントのボーダーですが、100P〜200P付近で、複数配分を予想中です。

box06 title=”あわせて読みたい”]【IPOルール】SBI証券なら誰でもいつかは当選できる!?抽選方法やペナルティを徹底解説!![/box06]

そして、IPO投資を始めたばかりの人は当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめました。

IPOに申し込みする前に是非チェックしてみてください。

裏技やコツは? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法IPO投資をなかなか当たりません。しかし当選確率をアップさせる方法やコツは存在します。今回はIPO歴7年の管理人が7つの方法を徹底解説。裏技ではありませんがしっかりと実践しましょう。...

さらに最近ではIPOを目指すベンチャー企業に先回り投資できるFUNDINNO(ファンディーノ)も注目されていますよ。

10万円前後からエンジェル投資家になれます!!

もし出資した企業がIPOしたら10倍以上のリターンも夢ではありません。

AIやIoT、DXなど様々なベンチャー企業に出資できますので興味がある人はチェックだけでもしてみてください。

ちなみにファンディーノで資金調達した琉球アスティーダスポーツクラブという企業がIPOしたので、これから勢いづいてくるかもしれません。

 

マイクロアド(9553)のIPO仮条件

ではここからは自分の考えを織り交ぜながらゆっくりとチェックしていきますね。

まずはマイクロアド(9553)の仮条件からみていきます。

承認時の想定価格は1,380円です。

仮条件はこのように決まりました。

【仮条件】

1,300円 〜 1,410円

下限が80円下ブレ、上限は30円の上ブレです。

下限を広めにとっていますが、一応上ブレしているのでロードショーの感触としてはまずまず印象を受けます。

個人投資家の評価も同じような感じですが、主幹事がSBI証券ということでブックビルディングはそれなりに積み上がるはず。

上限で決定する可能性が高いと思います。

 

マイクロアド(9553)のIPO直感的初値予想

続いて本題であるマイクロアド(9553)のIPO直感的初値予想をしていきます。

下記の初値予想は公募価格が仮条件の上限で決まったと仮定したものになります。

万が一、上限未満で決まった場合は公募価格にそれぞれの掛け率を乗じた初値予想だと思ってくださいませ。

1,300円 〜 1,800円

(公募比約0.9倍〜公募比1.2倍)

公募価格1.2倍を上限とする初値予想としました。

マイクロアド(9553)のIPOスペック考察

それではマイクロアド(9553)のスペックをもう一度確認していきましょう。

初値に影響を与える”規模”、”業種”、”スケジュール”、”業績”の4つに焦点をあてて説明していきますね。

まず、上場市場はグロース。

吸収金額は仮条件が上ブレしたので最大37.5億円となりました。

想定価格ベースでは36.7億円でしたので、0.7億円のサイズアップです。

マイクロアド(9553)のIPOにおけるブル要素

まずはプラス材料から。

個人的には事業内容はそれなりに評価されると思っています。

データプラットフォーム事業ということで地味な印象は受けません。

また6月後半は過密スケジュールですが、単独上場と恵まれています。

ANYCOLORの爆上げにより、IPOの地合いも変わった印象を受けるのでこちらも後押しになりそうです。

マイクロアド(9553)のIPOにおけるベア要素

マイナス面はなんといっても需給です。

グロースで35億円は重たさを感じます。

需給関係は良いとはいえません。

また、サイバーエージェントの子会社ですので、親子上場になります。

以前ほど毛嫌いはされていませんがそれでも投資家に良い印象は与えません。

ぶるぶる
ぶるぶる
ちょっと心配なスペック。
メカニック
メカニック
当日の地合いに大きく左右されそう。

マイクロアド(9553)のIPO業績

14期目から連結決算となっているため少し見にくい部分はありますが、売上、純利益ともに伸びています。

純利益を見ると15期目から黒字となっていますね。

インパクトを感じるほどではありませんが、これなら及第点と言えそうです。

マイクロアド(9553)のIPO初値予想アンケート途中結果

当ブログではマイクロアドにおける初値予想アンケートを実施中です。

是非結果を確認して参考にしてください。

また、結果を見る場合は左下にある “View Results” をクリック、または投票していただいても表示されます。

ご協力くださいますと幸いです。

 

マイクロアド(9553)のIPOが当選しやすい証券会社は??

続いて、マイクロアド(9553)が当選しやすい証券会社を紹介していきます。

  証券会社 個人期待度
主幹事 SBI証券
幹事 大和証券
5
楽天証券
2
マネックス証券
3
松井証券
4
岩井コスモ証券
6
東海東京証券
7
アイザワ証券
極東証券
丸三証券
8
水戸証券
むさし証券
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
GMOクリック証券(?)
SBIネオトレード証券(?)
DMM株(?)
コネクト(?)
ネオモバ(?)

当選期待度は自分が予想したものです。

1番当選しやすいのは主幹事のSBI証券

当選を目指すなら主幹事のSBI証券は最優先で申し込みするべきです。

4月に上場したモイと同じくらいの当選枚数で、モイは多くの人が当選しました。

自分も当選できたので、今回も期待しています。

そしてIPOチャレンジポイントの個人的な予想としては冒頭でも言った通り、100P〜200P付近で、複数株の配分です。

ただ最近は枚数が多い銘柄でも複数配分しなかったりと、少し読めない展開が続いています。

高いポイントパフォーマンスは見込めないので、個人的には利用するのは控えた方がいいような気がしています。

もし利用する方は念のため、過去のボーダーラインは過去記事にまとめていますので、こちらを参考にしてくださいませ。

IPOルールを知らない人は下記記事を読んで確実に理解しておきましょう。

box06 title=”あわせて読みたい”]【IPOルール】SBI証券なら誰でもいつかは当選できる!?抽選方法やペナルティを徹底解説!![/box06]

 

マイクロアド(9553)のIPO最終BBスタンス

最後に)マイクロアド(9553)における最終的なBBスタンスを紹介します。

  証券会社 抽選結果
主幹事 SBI証券
落選
幹事 大和証券
不参加
楽天証券
後期
マネックス証券
落選
松井証券
不参加
岩井コスモ証券
不参加
東海東京証券
不参加
アイザワ証券
不参加
極東証券
ネット申込不可
丸三証券
不参加
水戸証券
ネット申込不可
むさし証券
不参加
委託幹事 岡三オンライン証券(?)
不参加
GMOクリック証券(?)
不参加
SBIネオトレード証券(?)
不参加
DMM株(?)
不参加
ネオモバ(?)
不参加
コネクト(?)
不参加

悩みましたがポイントは使わずにフルエントリーです。

初値高騰する可能性は低いですが、今の地合いならなんとかプラスになるのかなと。

リスクはある銘柄なので心配な人は期間ギリギリまで悩み抜くことをおすすめします。

Funds
FUNDINNO(ファンディーノ)
【タイアップ】ファンディーノの口座開設で2,000円相当のAmazonギフト券プレゼント!!

当ブログでは株式投資型クラウドファンディングの国内最大手「FUNDINNO」と特別キャンペーンを実施しています。

下記リンクからの口座開設で2,000円相当のアマゾンギフト券をプレゼント!!

ファンディーノではエンジェル税制が適用される案件が多く、取り扱いをした琉球アスティーダスポーツクラブは国内で唯一となるIPOイグジットをしています。

応援出資した企業が時価総額1,000億円超えのユニコーンになれば数十倍のリターンも夢ではありません。

10万円から有望なベンチャー企業に応援出資ができますので新たな投資を是非体験してみてください。

さらに詳しく知りたい方は下記に自分の投資実績も交えて解説していますので是非合わせてご覧ください。

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    VC推定保有(0株) (内ロックアップ)
    大株主にもロックアップ掛かってるから以外にもあがりますか?

  2. 優待大好き より:

    SBIで補欠がじゃかすか出ています。
    多分そうなると思ってはいましたが、

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック
【キャンペーン中】IPO前のベンチャー企業にエンジェル投資!!
ファンディーノをチェック