IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

田中建設工業(1450)のIPO新規上場!! 評価・BBスタンス・詳細まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
田中建設工業(1450)のIPOが新規承認!! なんか地味な社名だけど大丈夫かな??
メカニック
メカニック
確かに地味だね 笑 でもスペックは悪くない銘柄だよ。

どうも、メカニックです!!

田中建設工業(1450)のIPOが新規承認されました。

2018/12/18に上場予定で事業内容は”建築構造物の解体工事並びにそれに付随する各種工事の施工監理建設業“です。

このページでは田中建設工業(1450)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

田中建設工業(1450)のIPO詳細

銘柄 田中建設工業株式会社
市場 ジャスダックスタンダード
上場日 2018/12/18
コード 1450
公募 155,000株
売出し 155,000株
OA 46,500株
想定価格 2,210円
吸収金額 約7.9億円(想定価格ベース)
時価総額 約47.0億円(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 2018/11/30~12/06
公開価格決定日 2018/12/7

田中建設工業(1450)ってどんな会社??

今回新規承認されたのは1982年に設立された東京に本社をおく田中建設工業株式会社です。

昭和57年に株式会社中野工務店を設立し、その後すぐに現在の社名に変更。

その後、本社を移転させつつ、各県の様々な建築関連の許可をとりながら現在にいたるといった感じです。

従業員数は77人、平均年間給与は約580万円となっています。

そして、田中建設工業の事業は何かと言うと建築構造物の解体工事がメインです。

事業系統図は下記の通り。

特徴としては長年の経験と蓄積したノウハウとアイデアを元に提案や設計、施工管理や行政対応まで業務全般を提供。

さらに土木工事や山留工事なども行なっています。

工事の際に発生するアスベストなどの有害汚染物質の除去などの豊富な経験があり、さまざまな解体を実行できるとのことです。

相手先を見ると大手建設会社の名前がありました。

特に長谷工コーポレーションの依存度はかなり高いです。

田中建設工業(1450)のIPOスペック

続いて田中建設工業(1450)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,210円。

上場予定市場はジャスダックです。

吸収金額は約7.9億円となっています。

田中建設工業(1450)のマイナス要素

目立つマイナス要素はありませんが、強いて上がげるとすれば業種に目新しさがないところでしょうか。

地味な業種は人気化しずらい傾向にあります。

また、スケジュールも今の所単独上場となっていますが前後に上場が控えているため、前日に上場するツクイスタッフとグッドライフカンパニーが初値持ち越しとなった場合、同日上場となってしまう可能性があります。

田中建設工業(1450)のプラス要素

ジャスダックの小型規模ですので需給面ではかなり有利です。

この規模ならば公募割れの心配はほとんどありません。

また、業種は人気化しませんが東京オリンピックの影響で足元の業績は好調です。

目論見書にもしっかりと東京オリンピックという文字がありますし、そう考えるとテーマ性は高いと思います。

株主にはベンチャーキャピタルがいませんし、大株主にはしっかりとロックアップがかかっているので大きな売り圧力もありません。

プラスリターンは十分狙える銘柄ではないでしょうかね。

ぶるぶる
ぶるぶる
派手さはないけど硬い印象をうける企業だ!! なんか職人っぽさを感じる!!
メカニック
メカニック
初値高騰はないと思うけど、堅調な結果をみせてくれそうだよ。

 

田中建設工業(1450)のIPO仮条件

2,210円 〜 2,400円

想定価格は2,210円ですので大幅に上ブレしました。

強気設定になります。

 

田中建設工業(1450)のIPO公開価格

2,400円

無事、上限で決定しました。

 

田中建設工業(1450)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

田中建設工業(1450)のIPO割当枚数と当選期待度

続いて田中建設工業(1450)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

  証券会社 割当枚数 予想抽選配分枚数 個人期待度
主幹事 野村證券
2,760枚
276枚
1
幹事 むさし証券
108枚
11枚
2
みずほ証券
77枚
8枚
3
ちばぎん証券
62枚
0枚
東海東京証券
31枚
4枚
4
岡三証券
31枚
4枚
4
極東証券
31枚
0枚
委託幹事 岡三オンライン証券
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
One Tap Buy(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

田中建設工業(1450)の主幹事

主幹事は野村證券です。

12月史上最大のIPOであるソフトバンクでも主幹事を勤めますし、存在感をいつも以上に感じますね。

資金不要でIPOに参加できますし、当選期待度が一番高いので、かならず申込をしましょう!!

この枚数だと当選は困難ですが、とにかく挑戦を続けることが大事です!!

その他狙い目の証券会社

主幹事以外だと上位幹事のむさし証券、みずほ証券あたりまでは参加しておきたいところです。

ちばぎん証券という珍しい証券会社が幹事入りしていますが、残念ながらネットからIPOには申込できません。

極東証券も申込は不可です。。

資金に余裕がある人は岡三証券東海東京証券からも申込して、少しでも当選確率アップをさせましょう。

また、最近IPO投資を始めた方はIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますのでこちらも是非一読してみてくださいませ。

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますよ。

【真実を暴露】IPOが当選しやすいおすすめ証券はココだっ!!6年の実体験を元にランキング形式でまとめてみました自分がIPOを始めたのは2012年から。 かれこれ6年ほどが経過しようとしています。 コツコツIPOに申込をして、おそらく参...
ぶるぶる
ぶるぶる
あれ、SBI証券が幹事入りしてないのは珍しいね。
メカニック
メカニック
マネックス証券や抽選配分率が高い証券会社が1社もないから厳しい勝負になると思う。

 

田中建設工業(1450)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

最後に田中建設工業(1450)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

銘柄 株式会社Amazia
市場 マザーズ
上場日 2018/12/12
コード 4423
公募 240,000株
売出し 55,500株
OA 44,300株
想定価格 1,270円
吸収金額 約4.3億円(想定価格ベース)
時価総額 約41.4億円(想定価格ベース)
株主優待 なし
BB期間 2018/12/05~12/11
公開価格決定日 2018/12/12

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

上記の通り、フルエントリーを予定しています。

スペックは少し頼りないですが、公募比数十%は十分射程圏内です。

売出価格も2,000円越えなので、予想以上にまとまった利益が得られるかもしれません。

日経平均が急落するなどまだまだ地合いが安定しませんが、堅調な初値形成が期待できるIPOだと思います。

 

田中建設工業(1450)のIPO初値予想

田中建設工業(1450)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

2,900円 〜 4,000円
【IPO初値予想】田中建設工業はテーマ性あり!? 地味だけど堅調な初値形成を見込む田中建設工業(1450)のIPOにおける仮条件決定後の最新初値予想です。仮条件、プラス要素やマイナス要素を踏まえた個人的初値予想、各社割当枚数、BBスタンスを紹介しています。...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

田中建設工業(1450)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

23/35

【スタンス】

やや強気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=テーマ性あり 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

(スケジュール)

5点=単独&長期空白明け 4点=単独 3点=過密 2点=同日上場 1点=同日上場&過密

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。