IPOの当選確率がUPする6つの方法とは
IPO投資

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO新規上場!! 評価・BBスタンス・詳細まとめ

ぶるぶる
ぶるぶる
テクノスデータサイエンス・エンジニアリングって社名が長すぎ!! 噛んじゃうとこだったよっ!!
メカニック
メカニック
確かに。タイトルがほとんど社名だけになっちゃってる 笑

どうも、メカニックです!!

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOが新規承認されました。

2018/12/18に上場予定で事業内容は”ビッグデータ・人工知能(AI)を活用したソリューション提供及び AI 製品(AI モジュールを含む)の提供“です。

このページではテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO詳細

銘柄テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社
市場マザーズ
上場日2018/12/18
コード7046
公募190,000株
売出し346,000株
OA80,000株
想定価格2,900円
吸収金額約17.9億円(想定価格ベース)
時価総額約63.8億円(想定価格ベース)
株主優待なし
BB期間2018/12/05~12/11
公開価格決定日2018/12/12

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)ってどんな会社??

今回新規承認されたのは2013年に設立された東京に本社をおくテクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社です。

沿革を見ると、ビッグデータ事業を開始するためにテクノスジャパンが100%出資して設立した会社のようです。

立ち上げ当初はテクノスデータサイエンスマーケティングという社名でしたが、平成28年い現在の社名に変更しています。

テクノスジャパンが関係しているとはいえ、5年で上場は普通にすごいですね。

現在の従業員数は97人、平均年間給与は約540万円となっています。

肝心の事業内容ですが、テクノスデータサイエンス・エンジニアリングは”ビッグデータ・AIソリューション事業”を提供している会社です。

具体的には下記の2つのサービスに分類されます。

  • ビッグデータ・AIソリューションサービス
  • AI製品等ロイヤリティサービス

ビッグデータ・AIソリューションサービスではデータ経営コンサルやデータ解析支援、デジタル戦略システムの構築を行なっています。

AI製品等ロイヤリティサービスでは自社で開発したAI製品”scorobo”シリーズや他社AI製品などの製品を販売。

さらにAIモジュールを顧客企業に提供し、使用料を受け取るストック型サービスを提供しています。

導入企業などを見るとこんな感じで大手企業が盛り沢山。

これは技術力の高さが伺えますね。

上記にも社名がでていますが、一番のお得意先はリクルートグループのようです。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOスペック

続いてテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は2,900円とネガサです。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約17.9億円となっています。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のマイナス要素

正直、これといって大きなマイナス要素がないような。

株主にはしっかりとロックアップがかかっていますので、上場後にも大きな売り圧力はありません。

強いていうならテクノスジャパンとの親子上場、そして過密なスケジュールといったところでしょうか。

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のプラス要素

一番のプラス要因はビッグデータ、AIといった初値高騰しやすいテーマ性があることでしょう。

過去データをみてもビッグデータやAIに関連するIPOは軒並み高騰しています。

この先も市場はさらに広がっていくのは間違いないので、業績もさらに伸びていくのではないでしょうかね。

マザーズとしては小型規模ではありませんが、このぐらいならば需給面での問題はありません。

プラスリターンが狙えるハイスペックなIPOだと思います!!

ぶるぶる
ぶるぶる
ビッグデータとAI、どちらか一つでも人気化するのに両方を手がけているなんてすごいことになりそう。
メカニック
メカニック
それなりにネガサ株だし、10万円以上の利益はほぼ確定かな??

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO仮条件

2,900円 〜 3,200円

想定価格は2,900円でしたので300円も上ブレしました。

強気の仮条件です。

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO公開価格

3,200円

無事、上限で決定しました!!

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人期待度
主幹事いちよし証券
3,917枚
392枚
1
幹事大和証券
964枚
最大241枚
2
みずほ証券
160枚
16枚
5
SBI証券
160枚
72枚
3
極東証券
53枚
0枚
マネックス証券
53枚
53枚
4
エース証券
53枚
0枚
委託幹事岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)の主幹事

なんと、びっくり主幹事はいちよし証券です!!

ここで意外な証券会社がでてきました。

先日ついにIPOがネットから申し込めるようになりましたが、実施後の初主幹事。

オペレーターさんの喜ぶ顔が目に浮かびます。

ちなみにいちよし証券のIPOルール変更をしらない方は下記記事を一読してみてください。

【興奮】いちよし証券のIPOがネット申込可能に!! でも素直に喜んではいけない一つの理由。いちよし証券のIPOがネットから申込可能になりました。今回は申込方法を画像付きで徹底紹介。注意点やデメリットもあるのでしっかりと理解しておきましょう。...

今回は主幹事なので、一番当選期待度が高いと思いますよ。

その他狙い目の証券会社

主幹事以外だと大和証券SBI証券マネックス証券の3社が狙い目になるかと思います。

マネックス証券は下位感じですがIPOは100%抽選配分なので、抽選にまわる枚数は上位幹事よりも多くなる可能性が高いです。

脅威の100%抽選配分!! IPO投資に必須のマネックス証券におけるIPO抽選ルールや幹事実績などを徹底紹介!! IPO投資で欠かせない証券会社の一つがマネックス証券です。 必須口座といっても過言ではないでしょう(^ ^) 本日は...

もちろん、資金に余裕がある人はみずほ証券も忘れずに。

また、最近IPO投資を始めた方はIPOの当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてありますのでこちらも是非一読してみてくださいませ。

門外不出の方法も!? IPOの当選確率を劇的にアップさせる6つの方法 みなさんIPO当選しますか?? 当選していない方の多くはやり方が間違っている可能性が高いです。 そこで今回はIPO歴...

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますよ。

【真実を暴露】IPOが当選しやすいおすすめ証券はココだっ!!6年の実体験を元にランキング形式でまとめてみました自分がIPOを始めたのは2012年から。 かれこれ6年ほどが経過しようとしています。 コツコツIPOに申込をして、おそらく参...
ぶるぶる
ぶるぶる
いちよし証券は口座開設者も少ないし、いつもよりちょっとは期待できるかも。
メカニック
メカニック
ネットから申込可能になって、電話申込の時よりも多少競争率はアップするかもしれないけどね。

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

最後にテクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 証券会社抽選結果
主幹事いちよし証券
落選
幹事大和証券
落選
みずほ証券
落選
SBI証券
落選
極東証券
ネット申込不可
マネックス証券
落選
エース証券
ネット申込不可
委託幹事岡三オンライン証券(?)
取扱なし
GMOクリック証券(?)
取扱なし
楽天証券(?)
取扱なし
松井証券(?)
取扱なし
ライブスター証券(?)
取扱なし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

はい、もちろんフルエントリーです。

12月の過密スケジュールの中なのでポテンシャルを十分に発揮できないかもしれませんが、それでも当選できればまとまった利益が得られるはず。

ただ、想定価格が2,900円と3,000円まであと一歩ですが、いちよし証券は仮条件を上ブレさせないことが多いんですよね。

これ以上ネガサにならないかもしれません。

っということで上ブレしなくても心配しないように。

 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO初値予想

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

5,400円 〜 7,000円
【IPO初値予想】テクノスデータサイエンス・エンジニアリングは業種が魅力!! 初値高騰はほぼ間違いなし!?テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPOにおける仮条件決定後の最新初値予想です。仮条件、プラス要素やマイナス要素を踏まえた個人的初値予想、各社割当枚数、BBスタンスを紹介しています。...

【上場直前の独断と偏見初値予想】

5,400円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)のIPO個人的評価

 

【総合評価】

24/35

【スタンス】

強気

(市場)
5点=マザーズ 4点=ジャスダック 3点=東証一部 2点=東証2部 1点=その他

(吸収金額)
5点=小型 4点=中小型 3点=中型 2点=大型 1点=超大型

(業種)
5点=オンリーワン 4点=ネット系 3点=テーマ性あり 2点=普通 1点=不人気

(公募売出比)
5点=公募のみ 4点=公募 〉売出 3点=公募=売り出し 2点=公募〈 売出 1点=売出のみ

(業績)
5点=右肩上がり 4点=黒字(波があらい) 3点=横ばい 2点=赤字 1点=赤字(成長性なし)

(地合い)
5点=イケイケ 4点=いい流れ 3点=普通 2点=雰囲気悪い 1点=最悪

(スケジュール)

5点=単独&長期空白明け 4点=単独 3点=過密 2点=同日上場 1点=同日上場&過密

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。