ソーシャルレンディング

【アンケート実施】信用できるソーシャルレンディング事業者がついに判明!! 1位はやっぱりあの会社??

不祥事が続くソーシャルレンディング業界。

直近ではクラウドリースも延滞が発生し、投資家を悩ませています。

問題が起こっているのは業界最大手であるmaneo関連の会社ばかりなので、このままいくと業界の勢力図は大きく変わってくるかもしれません。

そんな状況が続いていることもあり、既存投資家はもちろんこれからソーシャルレンディングを始めようとしている方もどこが信用できる業者なのかわからなくなっていると思います。

そこで、今回はTwitter上で信用できるソーシャルレンディングはどこなのかレンダーのみんなにアンケートを実施してみましたよ。

方向性が定まらなくなっている方は是非参考にしてみてください。

 

今回アンケートに選出したのはこの3社!!

Twitterでは残念ながら最大4つまでしか回答を追加できません。

なので今回は悩んだ末、下記の事業社を選出しました!!

だいたい利用しているのはこの3社が中心かなと。

一応、他でも投資している人がいると思いましたので”その他”枠も作ってみました。

クラウドバンクは過去に行政処分を受けていますが、運用の問題ではありませんでしたし、現在は改善されています。

実績もついてきて、投資家からの評価も上々なので選出した次第です。

オーナーズブックとSBIソーシャルレンディングは、いうまでもないですよね。

 

アンケート結果発表!! 果たして1位は??

では早速アンケートの結果を紹介しますよ!!

1位はダントツでSBIソーシャルレンディング

1位はSBIソーシャルレンディングでした!!

割合は49%ですので約半数の人が選んだということになりますね。

80人の方が投票してくれたので39人くらいかな。

SBIソーシャルレンディングは3社の中では最も老舗の企業ですし、その辺りも影響したかもしれません。

直近の決算ではついに黒字化していて、運営も磐石です。

SBIソーシャルレンディングの公式サイト

SBIソーシャルレンディングとは?? 評判が良いので実際に投資してみましたSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者。評判が凄くいいので利回り7%のファンドに実際に投資してみました。自分が投資した際のスクショ画像を使いながら投資申し込みの方法から注意点など徹底的に紹介しています...

2位は上場企業が運営のオーナーズブック

そして2位はオーナーズブック。

こちらも30%なので高い支持率です。

やはりサービスインしてから元本割れが1件もないですし、上場企業が運営しているという安心感があります。

オーナーズブックを運営するロードスターキャピタルは不動産取引がメインで、業績も安定していますからね。

オーナーズブックの公式サイトはこちら

オーナーズブックの評判は?? 2年投資してみてわかった特徴やメリットのまとめ不動産に特化したソーシャルレンディングを運営しているオーナーズブックで2年間投資しました。運用実績や評判、メリット・デメリットを紹介しています。これから投資しようと検討している方は参考にしてください...

3位はサイトが利用しやすいクラウドバンク

3位はクラウドバンクで支持率は10%。

最下位になってしまいましたが、ウェブサイトは非常に使いやすく、常に投資できるファンドがあるのは大きなメリットだと思います。

やはり、過去の行政処分の印象がまだ拭い切れていないのかもしれません。

クラウドバンクの公式サイトはこちら

クラウドバンクで投資した4年間の軌跡。評判やメリット、注意点のまとめクラウドバンクで投資をして4年以上が経過しました。このページでは評判や口コミ、さらには口座開設から投資までクラウドバンクで投資をしてきてわかったことのすべてをまとめています。...

 

その他ではこんな事業社名も!?

ちなみにその他では、ポケットファンディングという意見もいただきました。

ポケットファンディングは沖縄初のソーシャルレンディング会社で知名度は低いですが、最近は積極的にセミナーも実施して人気化してきています。

案件も一瞬で満額調達になってしまい、最近自分もなかなか思うように投資できていません。

担保物権に対するLTVが70%なので、こういう部分が評価されているのかも。(オーナーズブックはLTV80%未満)

発足して1年以上が経過して実績もついてきたので、今後ますます人気化しそうです。

Pocket Fundingの公式サイトはこちら

ポケットファンディングとは?? 評判や口コミを1年投資した運用実績と合わせ赤裸々に公開!!Pocket Funding(ポケットファンディング)に初期投資30万円で投資してから1年が経過。運用実績やメリットデメリットをまとめました。評判や口コミがきになるかたは参考にしてみてください。...

 

今後期待している事業者は??

今回取り上げた3社も期待していますが、やはり個人的に期待しているのはクラウドポートがリリースしたFundsです。

正確にいえばソーシャルレンディングではなく、社債を意識した貸付投資になります。

このFundsで自分が特にすごいと思っているのは営業者単位で分散投資ができるところ。

実は他の事業者では営業社は1社しかないのでいくらファンドで分散投資をしても、営業社に何かあった場合、全てのファンドでデフォルトが起こる可能性があるんです。

それがFundsなら様々なファンド組成企業があり、営業社も分散されているので、リスクがかなり低減されているんですよね。

つまり、Fundsのスキームならクラウドバンクやオーナーズブックのファンドを並べることも不可能ではないんです。

本当の意味での分散投資ができるのは今の所Fundsだけですよ。

たった1円から投資できるのも大きな魅力だと思います。

Funds(ファンズ)に込めた藤田社長の想いとは?? クラウドポートが新たに切開く資産運用2.0funds(ファンズ)という新しいフィンテックサービスをクラウドポートが開始します。今回は藤田社長にインタビューしてfunds(ファンズ)に込めた想いやスキーム、メリット・デメリットまて聴き倒しました。...

 

まとめ

今回は信用できるソーシャルレンディング事業者のアンケート結果を紹介しました。

直近では不祥事が多いので、とにかく分散投資すればいいという状況ではありません。

信頼できる事業者に絞って投資するというのが一番のリスクマネジメントになると思います。

もちろん今回紹介した事業者が100%安全というわけではないのでそこは注意してくださいね。

個人的にはFundsが救世主になってくれることを祈ります。

Fundsを今すぐチェック!!