株式型クラウドファンディング

【徹底比較】株式投資型クラウドファンディングのおすすめは?? 200万円出資している管理人が解説!!

ぶるぶる
ぶるぶる
株式投資型クラウドファンディングってどのサービスがオススメ??
メカニック
メカニック
じゃあ、いろんな角度から各サービスを比較していこう!!

市場規模がどんどん拡大している株式投資型クラウドファンディング。

まだまだ運営しているサービスは少ないですが、これから他の企業が続とサービスインしてくるのは間違いありません。

そこで現時点で整理する意味も込めまして、株式投資型クラウドファンディングのサービスをいろんな角度から徹底比較してみました。

自分のオススメも紹介していますので、これから始めようと考えている人は是非参考にしてくださいね。

株式投資型クラウドファンディングについて知らない人は下記記事を先にどうぞ!!

結論:オススメはFUNDINNO(ファンディーノ)!!

結論からいうとオススメはFUNDINNO(ファンディーノ)です!!

理由はこちら。

オススメの理由
  • 日本初の株式投資型クラウドファンディングサービス
  • 案件数が多い
  • エンジェル税制が適用される企業あり
  • 1万円から出資できる企業あり

案件数は国内トップで、エンジェル税制が利用できる企業も多くあります。

節税しながら投資ができますよ。

また、最低1万円から投資できる案件もあるなど出資のハードルも低いです。

ファンディーノを今すぐチェック

 

そもそも株式投資型クラウドファンディングとは??

株式型クラウドファンディングは企業がネット上で出資してくれる人を募り、リターンとして自社の株式を渡す資金調達方法です。

まだ日本では始まったばかりということもあり知名度はお世辞にも高いとはいえません。

しかし市場規模は年々拡大しています。

エクイティ投資はベンチャーキャピタルや一部の有名エンジェル投資家しかできませんでした。

この株式投資型クラウドファンディングが登場したことで、誰でも未上場のベンチャー企業にエンジェル投資ができるようになったんです。

 

国内の株式投資型クラウドファディングサービス

現在国内で稼働している株式投資型クラウドファンディングサービスは下記の3社です。

  • FUNDINNO
  • エメラダ・エクイティ
  • GoAngel

実績があるのは上記3社。

今後ユニコーンやエンジェルバンクなどスタート予定の企業がいくつかありますがまだ案件の募集はありません。

ということで今回の記事では3社に絞って比較していきますね。

株式投資型クラウドファンディングを比較!!

ではここから株式投資型クラウドファンディングを比較していきます。

比較1:各社の実績は??

まずは各サービスの実績を比較していきましょう。

この記事を書いている2019/4現在までにそれぞれで成立した案件数は下記の通りです。

  • FUNDINNO → 51案件
  • エメラダ・エクイティ → 8案件
  • GoAngel → 8案件

FUNDINNO(ファンディーノ)が群を抜いています。

2社に6倍以上の差をつけていますね。

残念ながらエメラダ・エクイティは開店休業状態。

アクアビットスパイラルズを最後に新規案件の募集はありません。

GoAngelは現在も新規案件はでてくるのですが、正直魅力的な案件は少ないです。

実績でいうとFUNDINNO(ファンディーノ)がダントツですよ。

比較2:各社最低投資金額は??

最低投資金額も比較していきます。

  • FUNDINNO → 1万円
  • エメラダ・エクイティ → 14万円
  • GoAngel → 25万円

各社でかなり差があることがわかります。

一番ハードルが高いのはGoAngel。

ほとんどの案件は25万円 or 50万円と2コースからしか選択ができません。

エメラダ・エクイティは14万円からです。

低い金額ではありませんがこのくらいならば問題はないでしょう。

そして、一番気軽に投資できるのはFUNDINNO(ファンディーノ)の1万円。

ただし、ほとんどの案件は10万円前後からとなっています。

今のところ1万円から投資できたのは1社のみ。

とはいえ10万円からでも3社の中では投資のハードルは最も低いです。

比較3:プロ投資家の有無

続いて、取り扱う案件にプロ投資家がいるかどうかを比較していきます。

ちなみにプロ投資家というのはベンチャーキャピタルや事業会社のことです。

プロ投資家が入っている案件の方がイグジット率が高いという海外のデータがありますよ。

  • FUNDINNO → 一部案件
  • エメラダ・エクイティ → 全案件
  • GoAngel → 25万円 → 不明

FUNDINNO(ファンディーノ)では一部案件でプロ投資家がいます。

全体でみるとプロ投資家が入っている案件の方が多いです。

GoAngelは調べてみたのですが、わかりませんでした。

雰囲気的にはいないような気がしています。。

エメラダ・エクイティはプロ投資家が投資している案件しか掲載しないとうポリシーがあるため、全案件でプロ投資家が入っています。

ということでプロ投資家の有無ではエメラダ・エクイティに軍配があがりました。

比較4:エンジェル税制の可否

エンジェル税制についても比較していきます。

エンジェル税制についてご存知ない人は下記を一読してくださいませ。

  • FUNDINNO → 可能
  • エメラダ・エクイティ → 不可
  • GoAngel → 25万円 → 不明

現在、エンジェル税制が適用される企業に出資できるのはFUNDINNO(ファンディーノ)だけです。

エメラダ・エクイティは新株予約権を使ったスキームを採用しているため、エンジェル税制は利用できないと思われます。

GoAngelは今の所エンジェル税制が適用される企業はありません。

エンジェル税制を利用して出資したい人はFUNDINNO(ファンディーノ)を選ぶしかありませんね。

比較5:エグジット数で比較

エグジット数でも比較していきましょう。

エグジットとは他社にM&Aされたり、IPOすることです。

  • FUNDINNO → 0件
  • エメラダ・エクイティ → 0件
  • GoAngel → 25万円 → 0件

今のところ1社もエグジットした会社はありません。

ただ、FUNDINNO(ファンディーノ)とGoAngelで上場準備に入った会社がそれぞれあります。

エメラダ・エクイティではまだ話を聞きません。

今のところ、日本初のエグジット案件を出すのはFUNDINNO(ファンディーノ)とGoAngelの確率が高いです。

比較6:倒産数で比較

最後は倒産数を比較します。

  • FUNDINNO → 1件
  • エメラダ・エクイティ → 0件
  • GoAngel → 0件

残念ながらFUNDINNO(ファンディーノ)で1件あります。

これは株式型クラウドファンディングを利用して資金調達した日本初の倒産案件です。

エメラダ・エクイティとGoAngelでは今のところ一件もありません。

とはいえ1/51なので割合にすると1.96%ほど。

ベンチャー企業は90%以上が早期に倒産されるなんてことも言われていますから、確率でいえばかなり低い数字だと思います。

ただ、今後倒産する会社は間違いなく増えます。

ここ数年でどこまで増えるかですね。

 

管理人のエンジェル投資実績

参考になるかわかりませんが、自分の投資実績を紹介しておきます。

現在は下記の銘柄に投資中。

  • Bank Invoice株式会社・・・10万円
  • 株式会社JAM・・・10万円
  • 株式会社オールユアーズ・・・12.5万円
  • AuB株式会社・・・10万円
  • 株式会社SKR・・・10万円
  • 株式会社コラボプラネット・・・10万円
  • 株式会社アイ・エム・ユー・・・10万円
  • 株式会社ONE ACT・・・12.5万円
  • 株式会社Mealthy・・・13万円
  • 株式会社カタリベ・・・15万円
  • 株式会社漢方製薬研究所・・・1万円
  • クラウド漁業・・・12.5万円
  • フォルテ・・・12.5万円
  • 株式会社nommoc・・・12.5万円
  • TAAS株式会社・・・10.0万円
  • ピーシーフェーズ株式会社・・・8.8万円
  • AI Infinity株式会社・・・10.0万円
  • Far Yeast Brewing株式会社・・・14万円
  • 株式会社ラントリップ・・・14万円
  • 株式会社スマートトレード・・・14万円
  • 株式会社SARAH・・・14万円
  • マルチブック株式会社・・・25万円

合計261.3万円

サービス別でみると…

  • FUNDINNO → 17件
  • エメラダ・エクイティ → 4社
  • GoAngel → 1社

ほとんどがFUNDINNO(ファンディーノ)の案件です。

個人的には投資というよりは面白そうな会社に応援の意味を込めて出資しているので、それほどリターンについては意識していません。

でも、株式投資型クラウドファンディングの将来を考えるとエグジットする会社がでてこなければ市場が大きく拡大していかないと思うので、とにかく1社でもいいから結果を出して欲しいなとは思っています。

 

まとめ

では最後に比較した内容をまとめていきます。

比較まとめ
  • 実績 → FUNDINNO
  • 最低投資金額 → FUNDINNO
  • プロ投資家の有無 → エメラダ・エクイティ
  • エンジェル税制 → FUNDINNO
  • エグジット数 → なし
  • 倒産数 → FUNDINNO

と、いうことでFUNDINNOがおススメです。

エメラダ・エクイティもいいんですが新規案件がないですからね。

これから株式投資型クラウドファンディングに挑戦したいと思っている方はFUNDINNO(ファンディーノ)一択となります。

ちなみに先ほども言ったとおり、株式投資型クラウドファンディングは投資として考えるとハイリスク・ハイリターンです。

しかし、個人的には投資ではなく面白そうな会社を応援できるサービスと考えたほうがいいと思っています。

応援した先にリターンがあるという気持ちで出資しましょう。

ファンディーノを今すぐチェック

1円からコツコツ資産運用してみませんか??

だれでもコツコツと資産運用できる新しいサービスがスタートしました。

その名はFunds(ファンズ)です。

Fundsはたった1円から信頼度の高い企業にお金を貸して利息を受け取ることができる、いままでになかった社債”風”の資産運用方法になります。

投資経験に関係なくだれでも同じパフォーマンスを出せる画期的なサービスですよ。

スマホ一つで簡単に利用できるので、興味がある方はチャレンジしてみましょう。

今すぐ無料で口座開設

さらに詳しく知りたい方は下記記事を合わせてご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。