IPO投資

【IPO新規上場】HPCシステムズの評価は?? 高性能コンピューターで増収増益が続く大型マザーズ案件!!

ぶるぶる
ぶるぶる
9月のIPOが新規承認!! なんかまた大型マザーズがきたね!!
メカニック
メカニック
今年の9月はBBスタンスに悩むIPOが多くなりそうだよ。

どうも、メカニックです!!

HPCシステムズ(6597)のIPOが新規承認されました。

2019/09/26に上場予定で事業内容は”科学・工学向け高性能コンピュータのソリューション提供“です。

このページではHPCシステムズ(6597)のIPO詳細や仮条件決定後の初値予想、上場日直前初値予想に加え、自分のBBスタンス、各社割当枚数、幹事団について記載していきますよ。

もしIPOについて知らない方はまずはじめに下記記事を一読してください。

IPOとは??というところから申込方法まで完全解説しています。

結論:HPCシステムズ(6597)のIPOはややプラス??

時間がない人向けにHPCシステムズ(6597)のIPOについてさっとまとめます。

ポイント
  • 高性能コンピューターのソリューションを提供
  • マザーズに上場
  • 吸収金額は61.7億円と大型
  • 業績は黒字で右肩上がり
  • ロックアップはがっちり
  • 当選期待度NO.1はSMBC日興証券
  • 想定価格は1,930円

HPCシステムズ(6597)は高性能コンピューターのソリューションを提供している企業。

マザーズに上場で吸収金額は61.7億円とヘビー級の規模。

業績は綺麗な右肩上がりで増収増益が続いています。

上位株主のロックアップは堅く、上場後の売り圧力の心配は少ないです。

最も当選しやすいのは主幹事のSMBC日興証券で、優遇抽選の対象は大チャンス!!。

現時点ではややプラスリターンが期待できるIPOです!!

ちなみにSMBC日興証券は口座開設後3ヶ月間は優遇抽選が受けられますよ。

SMBC日興証券で当選を目指す

 

HPCシステムズ(6597)のIPO詳細

銘柄HPCシステムズ株式会社
市場マザーズ
上場日2019/09/26
コード6597
公募50,000株
売り出し2,731,400株
OA417,100株
想定価格1,930円
吸収金額約61.7億(想定価格ベース)
時価総額約78.9億(想定価格ベース)
株主優待なし
ブックビルディング期間2019/09/09~09/13
公開価格決定日2019/09/17

HPCシステムズ(6597)ってどんな会社??

今回新規承認されたHPCシステムズ(6597)は2006年に設立された東京に本社を置く企業です。

有限会社ハンズオンを設立後、すぐに現在の社名に変更。

その後、西日本営業所や台湾支店を開設し、現在は本社をいれて3つの拠点があります。

従業員は86名で、提出会社の平均年間給与は約547万円です。

そして、HPCシステムズ(6597)の事業は科学・工学向けの高性能コンピューターのソリューションを提供しています。

事業系統図は下記の通り。


※クリックすると拡大します。

大きく分けると2つのサービスに分類することができます。

  1. HPC事業
  2. CTO事業

サービス1:HPC事業

HPC事業ではハイパフォーマンスコンピューティング分野の科学技術計算に関連するソリューションの提供を行なっています。

具体的には下記のようなサービスです。

  • コンピュータとソフトの販売
  • システムインテグレーションサービス
  • ソフトウェアの高速化サービス
  • 計算化学のソフトウェア開発
  • 導入後のサポート

これらはワンストップでトータルに行う体制を構築しています。

サービス2:CTO事業

CTO事業で行なっているのは顧客に合わせた産業用コンピュータの開発、製造・販売です。

仕様設計から試作機提案、量産前検証、量産製造、出荷後まで、こちらもワンストップで提供できる体制が整っています。

販売実績と相手先

そしてそれぞれの販売実績がこちら。

HPC事業の方が売り上げはありますが、成長性はCTO事業が高いですね。

今後はメイン事業が入れ替わるかもしれません。

相手先にはヤフーの名前がありました。

とはいえ直近で依存している企業はないようです。

HPCシステムズ(6597)のIPOスペック

続いてHPCシステムズ(6597)のIPOスペックを見ていきましょう。

想定価格は1,930円。

上場予定市場はマザーズで吸収金額は約61.7億円となっています。

HPCシステムズ(6597)のIPOにおけるマイナス要素

初めにHPCシステムズ(6597)のマイナス要素をチェックしていきます。

まず見逃せないのが規模ですね。

9月はChatworkギフティがあるのでそこまで目立ちませんが、マザーズで60億円越えは十分大型サイズ。

初値が公募価格以上になるには多くの買い需要が必要になります。

上値は重たい展開になるかもしれません。

また、売出が多くイグジット的要素も強いです。

スケジュールが過密気味になってきたのも気になるところ。

地合いも悪く、気になるところはいくつか見受けられますかね。

HPCシステムズ(6597)のIPOにおけるプラス要素

続いてプラス要素。

まず、業種は大きく初値に貢献してくれると思います。

高性能コンピューターのソリューション提供ということで専門性が高く、投資家に好まれやすいです。

取引先には大学も多いですし、ソフトバンクやNTTドコモなどの大手企業がずらり。

技術力は確かなものがあるということでしょう。

さらに、業績も右肩上がりで伸びており成長性も感じます。

今後、AIの活用などで高性能なコンピューターは需要が高まるのも追い風になりそうですね。

マイナス要素はあるものの、プラスリターンが狙えそうなIPOです。

ぶるぶる
ぶるぶる
事業が難しくてよく理解できない!! でもこういう企業ってIPOでは人気になりやすいだよね〜。
メカニック
メカニック
IPOは人気投票の面が強いからね。公募割れリスクはすくないんじゃないかな。

 

HPCシステムズ(6597)のIPO仮条件

1,930円 〜 1,990円

60円ほど上ブレしました。

強気の仮条件です。

 

HPCシステムズ(6597)のIPO公開価格

-円

※公開価格が決定次第更新します。

 

HPCシステムズ(6597)のIPO初値結果

-円

※上場後に更新

 

HPCシステムズ(6597)のIPO割当枚数と当選期待度

続いてHPCシステムズ(6597)のIPO幹事団と各社における割当枚数を紹介します。

 証券会社割当枚数予想抽選配分枚数個人的期待度
主幹事SMBC日興証券
-枚
-枚
1
幹事SBI証券
-枚
-枚
みずほ証券
-枚
-枚
東海東京証券
-枚
-枚
むさし証券
-枚
-枚
岩井コスモ証券
-枚
-枚
委託岡三オンライン証券(?)
-枚
-枚
楽天証券(?)
-枚
-枚
松井証券(?)
-枚
-枚
安藤証券(?)
-枚
-枚
ライブスター証券(?)
-枚
-枚
GMOクリック証券(?)
-枚
-枚
DMM株(?)
-枚
-枚

目論見書に記載後に更新

HPCシステムズ(6597)の主幹事

HPCシステムズ(6597)の主幹事はSMBC日興証券がつとめます。

ついにお盆明け第一弾のSMBC日興証券主幹事銘柄がきましたね〜。

今の所はまだ1社しかありませんが、ここから続々と出てきそうです!!

そしてSMBC日興証券といったらやはり注目すべきはステージ制の優遇抽選でしょう。

今回のHPCシステムズは当選枚数も多いので、最上位のプラチナなら当選確率はかなり高くなりそうです!!

最下位のブロンズでもチャンスはあるかも!?

当選を目指すならSMBC日興証券は欠かせませんよ♪

詳しいIPOルールは下記記事に記載してありますので、知らない人は先に確認しておきましょう。

新規口座開設者は3ヶ月間はブロンズステージで優遇抽選を受けられます!!

ここから年末まではIPOラッシュなので開設するには最高のタイミングです。

SMBC日興証券を今すぐチェック

その他狙い目の証券会社

次に平幹事をチェックしていきます。

HPCシステムズ(6597)の平幹事は合計5社。

少なめではありますがネット証券、大手証券、中堅証券とバランスがとれた構成です。

この中で狙い目なのは上位幹事のSBI証券みずほ証券の2社。

上位幹事は当選枚数が多くなりやすいからです。

しかもSBI証券は落選してもIPOチャレンジポイントがもらえます。

コツコツ貯めればいつかはプラチナIPOに当選ができるという素晴らしいポイントです。

これだけは確実にゲットしておきましょう。

あとは東海東京証券も意外と穴場になるかもしれません。

【IPOルール】東海東京証券は当選しやすい!? 50万円以上稼いだ管理人が徹底解説!!東海東京証券のIPOルールを徹底解説しています。幹事実績や管理人の当選実績、利益などなどこれから口座開設しようと思っている方は是非参考にしてください。...

また、最近IPO投資を始めた方向けに当選確率をアップさせる方法を下記記事にまとめてあります。

自分の経験を元に算出した当選しやすい証券会社ランキングもまとめてありますので、こちらもよろしければどうぞ。

少ない資金でIPOに参加している人は資金不要で申込できる証券会社も大事です。

HPCシステムズではむさし証券が資金不要で申込ができます。

さらに岩井コスモ証券も後期型の特徴を上手く利用すれば資金を節約して申込することが可能です。

裏技を使えば資金効率が大幅にアップ!! 岩井コスモ証券のIPOルールや取り扱い実績を徹底解説します。 IPOの抽選が後期型で、よく幹事入りする証券会社といえば間違いなく… 岩井コスモ証券でしょう!! 毎年コンスタントに幹事...
ぶるぶる
ぶるぶる
この規模のIPOならSMBC日興証券でも当選が期待できそう!! ステージ抽選で鍵になるね!!
メカニック
メカニック
プラチナステージならかなりの確率で当選できるかも!?

 

HPCシステムズ(6597)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果

HPCシステムズ(6597)のIPOにおけるBBスタンスと抽選結果を紹介します。

 
証券会社
抽選結果
主幹事SMBC日興証券
補欠
幹事SBI証券
落選
みずほ証券
落選
東海東京証券
落選
むさし証券
落選
岩井コスモ証券
後期
委託岡三オンライン証券(?)
取り扱いなし
松井証券(?)
取り扱いなし
楽天証券(?)
取り扱いなし
安藤証券(?)
取り扱いなし
ライブスター証券(?)
取り扱いなし
GMOクリック証券(?)
取り扱いなし
DMM株(?)
取り扱いなし

承認時はBBスタンス、抽選結果が発表されたら結果を表示しています。

今の所は未定としていますが、かなり前向きに検討しています。

規模が大きめですが、業種が魅力的ですし成長性も高いのでなんとかなりそうです。

もちろん初値高騰を期待するのは酷ですけどね。

数万円のリターンならば十分狙えると思います。

ただ、ややリスクもあるので最終BBスタンスは仮条件決定後にするつもりです!!

 

HPCシステムズ(6597)のIPO初値予想

HPCシステムズ(6597)のIPOにおける初値予想になります。

直感的初値予想“は仮条件決定後、”独断と偏見初値予想“は上場日前日の更新です。

【仮条件決定後の直感的初値予想】

1,990円 〜 2,600円

【上場直前の独断と偏見初値予想】

-円

みんなの初値予想アンケート

投票のお力添えをお願いいたします。


 

HPCシステムズ(6597)のIPO個人的評価

【総合評価】
21/35

【スタンス】
中立

その他ブロガーの初値予想は??にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
(ブログ村へ飛びます)

ABOUT ME
メカニック
20代後半の3級FP資格をもつちょっと変わったカーエンジニアの投資ブログです。優待,IPO,POなどなど書いていきます。 住まいは静岡県のど田舎です。最寄り駅まで車で20分以上かかります。 20代の人達の参考になれたら幸いです。
IPO投資よりもコンスタントに稼げるこんな投資はいかが??[PR]

IPO投資は非常にローリスクで魅力的な投資ですが、新規承認されなければ投資ができません。

効率が悪い投資方法なんですよね。

そこで自分はIPO投資と平行して最近はソーシャルレンディングに力をいれるようになりました!!

ソーシャルレンディングは”ネット上でお金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス“のことで最近は様々なメディアで取り上げられるようになり、人気が高まっているんです!

非常に高利回りの運用が可能で、事業者によっては利回り10%以上で運用することもできるんですよ(^ ^)

年々新しいサービスがでてきていますが、今から始める方はSBIソーシャルレンディングがおススメです。

SBI証券でお馴染みのSBIグループが運営していることもあり、信頼性はトップクラス。

累計融資実績はすでに600億円を越え、20,000人以上の投資家から支持を集めています。

自分も現在50万円ほどを運用しており、毎月順調に分配金をいただけていますよ♪

テレビ東京系のワールドビジネスサテライトでも紹介されて、現在口座開設が急増している状況です。

興味がある方は早目に口座開設してくださいね。

SBIソーシャルレンディングを今すぐチェック

「もっと詳しく知りたい!!」という方がいましたら下記記事に自分が投資した時の体験を記載しましたので一読していただけますと幸いです。

【評判と口コミ】SBIソーシャルレンディングに投資してわかった5つのメリット・3つのデメリットSBIソーシャルレンディングとはSBIグループが運営している事業者です。投資している管理がメリットとデメリットを徹底的にまとめました。評判や口コミが気になる方は参考にしてください。...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。